ソフィアの歌 (新潮文庫)

  • 12人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 五木寛之
  • 新潮社 (1997年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101147338

ソフィアの歌 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 日本に初めてもたらされたロシア民謡のルーツを探る物語。
    『おろしや国酔夢譚』を読んでからの方がより興味を惹かれたのかな。

  • 約二百年前、漂流民・大黒屋光太夫によって、初めて日本に渡来したロシア歌謡「ソフィアの歌」。この玄の歌はいつ誰が作り、いかなる変遷を経て日本へやって来たのか。時空を超えてよみがえった歌のルーツをたどり、そこに秘められたロマンスを探るため、激動のロシアを旅する作家は何を見たのか―。歌と人間と時代とが紡いだドラマを現代に結晶させた新しいスタイルの物語(「BOOK」データベースより)

    森川久美さんの漫画「ソフィアの歌」に感動し、いつか五木さんが描かれた本の方も読むんだぁ!と意気込んでいたはいいが・・・。
    ははは、結局読んだのは十数年後になってしまいました。
    しかも五木さんの小説が原作だとばかり思っていたら、こちらの作品はソフィアの歌の原点を探す、エッセイのような感じでした。
    でもロシアの空気が感じられる作品で、これはこれでよかったと思います♪

  • これって・・・「コサックの子守唄」?

全3件中 1 - 3件を表示

ソフィアの歌 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ソフィアの歌 (新潮文庫)はこんな本です

ソフィアの歌 (新潮文庫)の単行本

ツイートする