江戸アルキ帖 (新潮文庫)

  • 353人登録
  • 3.92評価
    • (49)
    • (37)
    • (61)
    • (0)
    • (0)
  • 41レビュー
著者 : 杉浦日向子
  • 新潮社 (1989年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101149110

江戸アルキ帖 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本を読みさえしなければ。

    ***

    週に一度江戸を歩いて、その風景を現代に帰ってからスケッチします。

    っていうコンセプトで書いた歴史エッセイ。
    清々しい江戸の風景に、ぽつぽつと呟かれる文章に魅かれた。

    五年後、江戸時代の魅力にとりつかれたまま史学科に入学、研究も江戸文化になった。

    この本を読みさえしなければ。

  • のっけから何の断りもなしに日本橋へ「行って来た」と、シレっと言ってしまう師匠。タイムトラベル、免許、管理局という単語が忍び込んできて、SFなんだろうけど、師匠のは完全に紀行文だ。カラーイラストは、本当に江戸の町へ行って見て来たような感じ。日本橋が現代と江戸の出入り口になるということから、徒歩か猪牙舟だけが頼りで、自ずと行動範囲が限られるのが残念。師匠が旅するのは江戸中期から後期にかけて。この年代を選んだのは、やはり江戸文化が「枯れている」からか。速読してはもったいねー。ゆるり、楽しみながら読みてーものだ。

  • 江戸ガイドブック(寅さん)

  • ひいて構図全体のバランスで見る風景画、寄って表情など 詳細を見る人物画とも 余計なものは描かない 簡素美を感じる

    カラーなのもいい

  • 2014.1 読了

  • 江戸は、遠い過去ではありません。
    あなたのすぐ近くににも名残があるかも。

  • 時免許を取り江戸時代にタイムスリップ!
    「何もすることがないからぼうっとしているのじゃない。今こうやって暇をつむぎだしているんだ」っていう言葉好きです。江戸好きなら誰しも思う夢のプチ旅行記。

  • 日常の延長線上に江戸が…
    なんて斬新な…!
    さりげなく書かれているようだけど、
    これはかなり壮大なプロジェクト!!

    夜寝る前に
    数ページ読んで
    江戸を散歩してから寝ます。
    夢で江戸の町を歩けたらいいな^ - ^

  • 先日何気無くつけたNHKで杉浦日向子のドキュメントをやっていた。この人のことは知らなかったが、冒頭で掴まれた。トラベル免許を取って毎週江戸時代にタイムスリップ。新宿や銀座、品川、日本橋といった土地土地も江戸時代はのんびりしていて同じ場所であることが信じられない。今は過去から繋がっていることが嘘みたいな話。

  • 諺や川柳を交えながらのテンポの良い文章。カラーの絵が見事。隅田川沿い、神田川沿いを歩きたくなります。

全41件中 1 - 10件を表示

杉浦日向子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梨木 香歩
梶井 基次郎
杉浦 日向子
有効な右矢印 無効な右矢印

江戸アルキ帖 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

江戸アルキ帖 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

江戸アルキ帖 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

江戸アルキ帖 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする