百物語 (新潮文庫)

  • 794人登録
  • 3.96評価
    • (166)
    • (80)
    • (170)
    • (5)
    • (1)
  • 130レビュー
著者 : 杉浦日向子
  • 新潮社 (1995年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (666ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101149134

百物語 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子供の頃、怖い怖いと言いながら目を輝かせて聞いた怪談のような、どこか懐かしい99の物語。恐怖というより、むしろ風情を感じる話が多い。化物にも「もののあわれ」を感じてしまうのは、日本人独自の感覚なのだろうか。

  • 恐ろしくもあり怪異でもあるが、飄々としてどこか滑稽で情緒がある世界。7ページほどの紙面にシンプルでテンポ良い絵、所々茶目っ気があり、カラッと気っ風の良い江戸っ子のようです。娼館に居着いた物の怪のフキちゃん、他愛ない悪戯し、時々大暴れしては井戸に引きこもる、何ともかわいらしくあります。

  • 一度目を読んだときはここぞというところで絵(のっぺらぼうの小僧や龍などの描写)に物足りなさを感じたけど、読み返したら純粋に感動した。怖いだけでなく、しみじみ・ほのぼのしたり謎だったり、江戸の語り口で日本の伝承文学の雰囲気を十二分に伝え、日本人の深い心性までが描かれている。素晴らしい仕事を遺されたと思う。
    たとえば水木しげるの妖怪本は人間と妖怪の境界があいまいで、むしろ妖怪側から人間界を面白そうに見ている感じがあるけど、杉浦日向子の百物語は完全に人間側からの視点。「さぁそこがアヤカシよ」と。だから怪異に逢ったとき江戸の人はどのように感じ、どう怪異と付き合ってきたかという心情が表れているのだと思う。
    印象に残ったのは産女の話。子を身ごもったまま亡くなった女が産女となって毎夜戻ってくる。それを追い返すために「ただの木ぎれでは」と人形を彫る夫、その人形を愛しがる子供たち。しみじみと読んでいると、ラストで「妖し」という異形の顔を見せつけられてぞっとさせられる。遊郭に住み着いた妖怪と下働きの老女の交感を描いた話も好き。
    この本が面白かった人は次の本も面白いかも。
    「物いう小箱」森 銑三
    「掌の小説」川端康成
    「冥途・旅順入場式」内田百閒

  • お話ごとに微妙に変わる絵が瑞々しくて、江戸時代にトリップしてしまいます。夜寝られないような怖い系ではないです。

  • 恐怖ではなく、ほっこりした怪異。江戸の人が、不思議な現象・人が恐怖を感じる闇に上手に付き合っている印象を受けた。師匠の絵が、これまた良い!

  • 怖いのにどこか優しさ、あたたかみが感じられる作品。99話でも一気に読めた!

  • つい300年前ま物の怪は生活に溶け込んでたのかなあと
    怖いけど怖いだけでもなく、ちょっともの悲しくて懐かしいような

  • 拍子抜けするようなオチっていうか、オチのないものも結構あるんだけど、逆にそれが、日常と非日常の境目をおおらかに捉えている昔の人の印象に繋がって、嫌な感じはしない。そういうおおらかさを、自分も常に持ち合わせていたいと思います。

  • この作品は好きすぎて好きすぎて文章がまとめられません。人と物の怪達が普通に隣り合わせで暮らしていて、特に害を成すわけでもなく当然のこととして生きている。しかもそれが日本に昔からあったというのが最高です。

  • 「小説新潮」に1986年4月から1993年2月まで連載された、不思議なる物語り、100話。
    杉浦日向子さんなので、もちろん怖がらせるためだけのギャーギャーしてる話ではない。江戸時代の人びとの、不思議に出会い、巻き込まれたり、受け入れたり、ただただ生活の中にある不思議が描かれていて、じんわりと怖い。

全130件中 1 - 10件を表示

杉浦日向子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
杉浦 日向子
有効な右矢印 無効な右矢印

百物語 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

百物語 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

百物語 (新潮文庫)のコミック

ツイートする