もっとソバ屋で憩う―きっと満足123店 (新潮文庫)

  • 165人登録
  • 3.43評価
    • (8)
    • (16)
    • (42)
    • (1)
    • (1)
  • 21レビュー
  • 新潮社 (2002年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (425ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101149165

もっとソバ屋で憩う―きっと満足123店 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 杉浦日向子とソ連(ソバ好き蓮)著「もっとソバ屋で憩う」、2002.11発行です。「ソバ屋で憩う」(単行本・1997)は72店、「もっとソバ屋で憩う」(文庫・2002)は123店の紹介ですが、基本的に、「ソバ屋で憩う」の文庫化でしょうか。

  • もっと 杉浦日向子さんの 蕎麦論と江戸論を読みたかった。とりあえず 外食チェーンでなく、蕎麦屋を 探してみる

  • ソバ通といえば杉浦日向子さん。これは間違いないとブックオフで迷わず購入。
    ソ連とは杉浦さんを中心とする同行の集い「ソバ好き連」の略だそうです。

    都心の名店だけでなく、駅の立ち食いからデパートのレストラン街、東京の外れの我が家近くの隠れた名店、旅先で出会った他県のソバまで掲載されている。満足度の高い一冊でした。

    店選びのコンセプトは「また来よう」
    入店して着座→「なんかホッとするなぁ」
    注文の品をひと口すすり→「来てよかったなぁ」
    食べ終わって箸を置き→「うまかったなぁ」
    店を出て振り返り→「また来よう」

    スタンプラリー式のグルメごっこではなく、憩える店。ずっと通いたいソバ屋さんに巡り合ってください、とのあとがき。
    ソバ屋と昼酒を愛していた、杉浦日向子さんならではのコンセプトです。

    平成14年発行です。駅ナカやデパート内の店舗はないかもしれませんが、老舗や個人の店舗は営業していることでしょう。

  • 昔、本屋で立ち読みして面白かったので改めて読む。どの蕎麦屋も評し方が一本調子なので、途中からは飛ばし読みだが、蕎麦のみならず酒についても論評しているところが好感。

  • ほめてばかりだと、ほめの価値がさがる

  • 西の方で育ったので本来はうどん文化圏に属する私ですが、最近めっきりソバ好きになりました。最大の理由は、酒との相性が良いことだったりするのですが。関東に来て、初めは汁そば、次にもりそばが気に入り、今では週に数度は食べないと何か物足りません。

    「ソ連」とは、「ソバ好き連」の略。「連」というのは、江戸の街に咲き乱れた、同好の士に寄って構成された市民サークルで、職業身分年齢性別のすべてをこえて成り立つものだそうです。杉浦さんのもとに集った会員は、正式メンバー15人内外、全国には「ソバッチ」を持つバッチ会員百名ほど。会則は年間ソバ百食だそうですが、「数を自慢するより、愛の深さの質を問いたいと願っている」とのこと。冒頭いきなり次のような口上。

    グルメ本ではありません。おとなの憩いを提案する本です。
    ソバ好きの、ちょいとばかし生意気なこどもは、いますぐ、この本を閉じなさい。十年早い世界ってものがあるのですよ。
    腹ぺこの青春諸君も、もう、この先を読まなくていいです。諸君の胃袋を歓喜させる食べ物は、ほかにゴマンとあるはずです。
    デートや接待に、使える蘊蓄はないかと、データ収集のつもりの上昇志向のあなた。この本は期待に添えません。さようなら。
    さて残った皆様。(以下略) そんな皆様のための本です。

    ほっと安らぐ空間。そんな場所としてのソバ屋はいかがでしょう、と。 123店にのぼる、選び抜かれたソバ屋が紹介されていますが、名店案内というよりも、ソバ屋の楽しみ方のケーススタディと言った方が適切でしょうか。描写が実に美味しそうで、ソバとソバ屋、そしてそこで過ごす時間に対する愛情に満ちています。ソバの嗜み方の基本から楽しみ方の考察、豆知識まで扱った、杉浦節全開のコラムも楽しい。

    「多くを知るより、深くを知れ。」 ソバ屋に限らず、人生も半ばなら、楽しみは貪らず、余韻に浸るべし。

  • 本当に惜しい人をなくした。

  • この本に出てくる西荻のそば屋で、隣で一杯飲んでいるおじさんから薦められた一冊。あのとき、おじさんは蕎麦は食べずに、酒とつまみだけで、酌み交わした出羽桜を美味いねと言って、店を去って行った。

  • 蕎麦そのものというよりも、蕎麦屋で時空を憩うというのが著者同様自分の好きなものなんだなというのが確認できた。とはいえ、自分で蕎麦打つのはやっぱり好きなんだけどな。
    自分ちの近くにお気に入りの蕎麦屋持っていたいという気分が沸々と湧いてくる、そういう一冊です。

  • どこかで喰いっぱぐれたりしないように、車にも1冊積んであったりして。ソバより好きな食べ物は、私にはたくさんあるけれど、ソバ屋の風情は格別だ。冒頭の「特選五店」は体験した。いろいろな意味で、さすがに見事だった。(私はうどんも好きだけどね、西日本人だから)。

  • 「ソバ屋で憩う」の続編だけど、内容的には大差ないですね。

  • 学生時代これを読んではまだ見ぬ東京(の主にソバ屋)に憧れを抱きました

  • 東京近辺に住んでいないことが非常に悔やまれる。というか、自分の足で地元のソバ屋を回ってみればいいんだろうな。
    とりあえずまだ明るい内から一緒にソバ屋で呑んでくれる相手を見つけたい。

  • 蕎麦好き・酒好きの私のバイブルです。

  • 2007.10.06 ソバ屋で日本酒を飲みながらツマミを食べたくて仕方なくなる本。

  • この本を見つけて、っていうか、杉浦日向子って人を見つけて、一人でソバを食べるうえにお酒を飲む人(そして素敵な人)がいるんだなあって知った。初めての店におそるおそる入って、「あ、ビンビールお願いします」「あと焼きみそ」。って言えたときの満足感。この本を読む人ならわかるはず。おそばは、ひとによって好きずきがあるけど、まあこの本のソバ屋ならいいんじゃん。ほとんど食べた事ないけど。

  • 故杉浦日向子氏率いる『ソ連』による,蕎麦屋紹介本。親しみやすい紹介文,かなり実用的。酒飲みへの目配りがきいているのがなにより嬉しい。これだけの本は今のところ無い。
    いつか全店制覇,と思ってはいるものの,なかなか。10軒程度で頓挫しとります。

  • 今は亡き杉浦女史が所属されていた「ソ連」関係の本。蕎麦への愛着と造詣を感じます。

  • 新潮文庫の増補改訂版。うまい「ソバ」と「酒」(と湯」)があれば、たとえ火のなか水のなか。行ってきました123店。北は北海道から、西は四国まで。東北上越信州関東はもちろん、たとえば名古屋の街なかも、ディープな香川のお遍路道も。『ソバ屋で憩う』が世に出て5年、いまやニッポン全国に広がった「ソ中(ソバ屋中毒)」の期待にお応えする、21世紀改訂版。<br>特撰五店<br>
    東京都心のソバ屋<br>深夜に食べるソバ屋<br>東京近郊のソバ屋<br>旅先"東"で出会ったソバ屋<br>旅先"西"で出会ったソバ屋
    <br>SOBA DE SAMBA

全21件中 1 - 21件を表示

もっとソバ屋で憩う―きっと満足123店 (新潮文庫)に関連するまとめ

もっとソバ屋で憩う―きっと満足123店 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もっとソバ屋で憩う―きっと満足123店 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする