隠居の日向ぼっこ (新潮文庫)

  • 198人登録
  • 3.70評価
    • (15)
    • (33)
    • (40)
    • (1)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : 杉浦日向子
  • 新潮社 (2008年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101149219

隠居の日向ぼっこ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 江戸の道具や風俗を、1話イラスト入り3ページで簡潔にまとめ上げた逸品。気の短い江戸っ子に憧れる読者にはうってつけ! 落語でご隠居さんに教えを請う八っつぁん熊さんよろしく、あっと言う間に読了。そういえば著者は既に鬼籍の人なんだよな~

  • 江戸時代に四季それぞれに生活に使う道具にまつわる話ですが、子供のころにはまだ残っていた者のことも書かれていて懐かしく読めました。杉浦日向子さんは同年代の方なので亡くなってしまったことが、非常に残念でした。

  • 江戸から昭和の身の回りのアイテムを取り上げた、当時の日常風景が見えてくるようなエッセイ集。語源を紐解いたり、そこに風情を見たり、思い出を重ねたり。それほど懐古趣味に感じないのは、著者の造詣の深さと文章のきれいさに、より価値を見出すからかも。ユーモアも適度に効いてて洒脱。

  • 2014.11.1 読了

  • 杉浦日向子さんが亡くなったと聞いた時はへこんだなぁ。江戸や銭湯、落語にも明るく、多趣味で粋な人だった。絶対友達になれたと思う。いやなれないか。博識の片鱗が伺える本。

  • よかったです。

  • 江戸時代の”物”に関するエッセイです。一つ一つの文章が短くて読みやすく、また作者の江戸時代に対する愛情が感じられてほっこりしました。

    九州大学
    ニックネーム:森 透

  • 早々とご隠居生活に入った日向子さんによる、四季折々の道具に寄せる断想。ここで語られている道具の多くは、江戸から昭和初期のもの。ご自身の絵とともに、いつもながら「はんなり」、「まったり」とした風情がただよう。それは「古き良き時代」を懐かしむといったものではなく、美意識や価値観そのものをパラダイムシフトさせたものである。逆説的なのだが、それは過去でありながら、未来的な姿でもある。美意識について目を開かれたのが「お歯黒」。「当時は男女ともに、それを醜いと思うどころか、成熟した魅力と感じていた」のだそうだ。

  • 親方から若い弟子へ課せられた腕試しで作られ、そのまま新築家屋への大工さんからの置き土産になった四角錘の「踏み台」。
    男性から女性に贈ればプロポーズの表現のひとつになり、女性が挿している櫛を投げつける時は別れの決意を表したという「櫛」。
    必要なものを必要なだけ、上手に手に入れることができるシステム、元祖リターナブル「貧乏徳利」。

    江戸から昭和への暮らしのなかで身近に存在し、生活を彩った今はもう懐かしい数々の道具をモノ語る、「江戸の達人」が遺した名エッセイ。

  • 自分についてのエッセイでは無くて、基本江戸時代に使われていた物に関して語られています。読みやすい文章で、江戸について詳しくもなれるので、楽しく読みました。

全32件中 1 - 10件を表示

杉浦日向子の作品

隠居の日向ぼっこ (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

隠居の日向ぼっこ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

隠居の日向ぼっこ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

隠居の日向ぼっこ (新潮文庫)の単行本

ツイートする