薄桜記 (新潮文庫)

  • 152人登録
  • 3.67評価
    • (11)
    • (17)
    • (18)
    • (5)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 五味康祐
  • 新潮社 (1965年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (695ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101151052

薄桜記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本作に「忠臣蔵を描いて比類なし」といううたい文句が付いているのをみたことがありますが、本筋は、丹下典膳の物語であり、忠臣蔵(一連の赤穂騒動)はサイドストーリーになります。
    それでも、昭和40年代に書かれたものとは思えないくらい現代的な、騒動に対する考察の冴えは素晴らしいと思います。

    メインの丹下典膳の物語は、谷中七面社を舞台にして、桜の邂逅から雪の決闘に収束していく流れが本当にきれいで凄みを感じます。

  • 最後まで武士の誇りを持ち生きた 、丹下典膳。
    妻・千春との結ばれることのできなかった恋…
    本当に切なかったです。でも、その姿はとても素敵だと思います。

  • 討入りが主題ではなく、創作人物・丹下典膳の武士道を描く。虚構のアンチ忠臣蔵をもって、元禄 赤穂事件の真相に迫っているのが傑作だ。

  • 今まで忠臣蔵ものは5~6冊読んだけど、これがおもしろかった!
    講談、その他のも少しずつ制覇していかないと、、、果たしてこの分野だけでも全制覇はきびしいなぁ。。。

    出来れば、映像化される前に見るべきだった!最近、しょうもない脚色が多すぎる!!

  • 丹下典膳の生き方に武士の姿をみる。

  • NHKの時代劇が良かったので、原作本を読んでみたのですが、⁇⁇脚本化が良かった。という事で…。
    私的には微妙でした。

  • NHKドラマ薄桜記の原作。
    元禄赤穂事件の吉良方の付け人丹下典膳の物語。

    ドラマとは描かれ方が違う。
    ジェームズ三木の書き方のほうが好きだな。

    義を通す典膳がとにかくかっこいい。

    史実には実在しないらしいけど
    あとがき見ると著者は史料が少ないけどいるって書いてる。
    どっち。

  • 2013.1.15~25 読了
    丹下典膳と堀部安兵衛、陰と陽の物語。妻の過ちを許せず、筋を通さずにはいられないが未練はたっぷり残っている。結果、片腕を失い、禄を失う状況も甘んじて受け入れる。上杉家家老・千坂兵部への恩義と剣友・堀部安兵衛に対する友情の板ばさみの中で従容として死地へ向かう。・・・切ないというか、滅びの美学というか。せめて 千春と一緒に死なせたいねぇ。っと思ったらTVドラマでは後追い心中的なストーリーに変わっていた。

  • 武芸の天才丹下典膳と堀部安兵衛が、言葉でなくこころで結ばれている様子が爽やかに思えた。物語も良かったが、赤穂事件の真相や浅野内匠頭が暗君であったという事を、様々な史料に基づいて書き上げている辺りに、作者の気迫を感じた。

  • これは、ドラマを見て惚れ込んだ話です。
    確かシナリオが、ジェームス三木で、会話がかなり本格的な江戸の侍言葉。
    かなり見事に作られていました。
    それで、原作も読んでみたくて購入。

    なんと、うれしいことに少しドラマと設定が違う?
    ドラマとそっくり同じでもよかったけど、違う方向から書いてくれているので二度楽しめる感じです。
    早く全部読みたいけど、読んでしまうのが惜しくて、ちびちびと読んでいます。

全19件中 1 - 10件を表示

五味康祐の作品

薄桜記 (新潮文庫)に関連するまとめ

薄桜記 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

薄桜記 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

薄桜記 (新潮文庫)のKindle版

薄桜記 (新潮文庫)の単行本

ツイートする