人斬り以蔵 (新潮文庫)

  • 1857人登録
  • 3.50評価
    • (108)
    • (195)
    • (416)
    • (29)
    • (4)
  • 152レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 新潮社 (1969年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (487ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101152035

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
司馬 遼太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

人斬り以蔵 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 表題の「人斬り以蔵」こと、岡田以蔵を見出だした土佐勤王党の武市半平太、目当てで本書を選んだ。

    中短編、八編 収録。
    そのなかでも、「お お、大砲」と「美濃浪人」が良かった。

    「お お、大砲」の中書新次郎と平山玄覚房との"奇縁さ"には、ほくそ笑んでしまう。
    両者とも縁があってもその後は、それっきりの付き合いで、思い出の中で思い返す程度に留めているのが、却って清々しい気分にさせてくれる。

    「美濃浪人」の井上聞多(井上馨)と所郁太郎も、奇妙な縁がある。
    医者の郁太郎は、二度も聞多の瀕死を救ったのだ。

    この美濃出身の志士、所郁太郎は無名であり、経歴、正体不明の人物である。

    そんな人物を拾い上げて物語にしてしまう、シバリョウさんは凄い!

    有名無名、架空の歴史上の人物の入り乱れを存分に楽しめた。

  • 幕末を生きた人たちの懸命な生き様が、こうも切なく、情深く。そして面白く!

  • 愛情薄めな話が8つ入ってます…司馬遼太郎は、いつも、主人公を100%愛せた時に執筆すると思うのだけれど、ここに収められている人達は、ものすごく努力したけれど60%~70%しか愛せなかった人ばかり。唯一、愛せているのは「花神」上中下巻で書いた大村益次郎くらい。ちなみに、後藤又兵衛に関しては、いつもはもっと馬鹿カッコ良い感じに登場している気がする…。

    「鬼謀の人」大村益次郎…は是非「花神」を!
    「人斬り以蔵」岡田以蔵と武市半平太の残念な関係性
    「割って、城を」古田織部正の残念な後年の生き様
    「おお、大砲」中書新次郎のザックリした生涯
    「言い触らし団右衛門」塙団右衛門のザックリした生涯
    「大夫殿坂」井沢斧八郎を通して、大阪の呆気にとられる風俗事情記録
    「美濃浪人」所郁太郎は適塾出にも関わらず流れも運も味方しなかった
    「売ろう物語」後藤又兵衛の最も生涯において残念だった時代を抜粋

  • 同書に収録されている他の短編にはあまり関心はありませんでしたが、人斬り以蔵のある種の迫力には驚いた記憶があります。何年も前に読んだものなので、また改めて読みたいと思います。

  • 司馬遼太郎は本当に天才だ。
    ひとりひとりの人生を、非常に生々しく描いていて、その世界観に引き込まれる。多分にフィクションというか、想像が混じっているんだろうけども、実在の人物とその史実を壊さずにこれだけ人物像を描けるのは、相当調べた上でのことなんだと思う。
    しかし歴史物をみてよく思うのは、やっぱり歴史の激動時に多くの魅力的な人物が生まれてるんだなということ。戦国時代と、明治維新ごろが多いよね。明治維新なんかはたった150年ほど前だということは改めて考えると非常に面白い。「おお、大砲」の最後の新次郎の「侍のころは、ばかばかしいことが多かったな」なんてセリフは、本当に明治初期はこんなこと言ってたんだろうなーと思いを馳せることができる。
    司馬遼太郎作品はさらに現代でも非常に読みやすいのがすばらしいよね。

  • 2012年8月22日読了。幕末に土佐勤皇党の武市半平太の下で暗殺者として名を馳せた岡田以蔵の屈折を描く表題作ほか、時代に乗り遅れたりチャンスを生かせなかったり(逆に生かしすぎたり)する、どこか滑稽な武士たちを描く短編集。あとがきにもあるが、小説の舞台からかどことなく漂う「大坂っぽさ」、計算高いのに妙に涙もろく人間くさくて憎めない登場人物たちの雰囲気がこの短編集の味だろうか。NHKドラマ「龍馬伝」で土佐勤皇党のパートは随分じっくり描かれていただけに、表題作もなかなか興味深く読めた。

  •  最初から、ああ司馬遼太郎の言葉のリズムだって、うれしくなりました。
     偉人でなく巷人の姿が生き生きと伝わってくる。尾崎秀樹さんの解説がこの小説の面白さそものもすべてを言い尽くしています。
     短編の「割って、城を」が一番好きです。太閤秀吉の茶坊主だった吉田織部正と、そこに取り立てられたかつて「天下一の物仕」とまで呼ばれた武士の善十郎。茶器に自分の解釈をいれ価値を高め、さらには完成した形の碗を割りそれを修復させることで、さらに自分の世界を作っていく吉田と、あくまでも武士としての美学を秘めて吉田に成り代わって切腹する善十郎。
     二人の美学の違い、周囲からは理解しがたい各々の美学をまっとうした妙。ドキドキしました。

  • 久しぶりに司馬遼太郎の短編を読むと、いい。
    いろんな男たちのドラマがある。
    美濃浪人が秀逸。

  • 「おお、大砲」が面白い。

  • どれも濡れ場がかっこいい。織部正の城の短編が良かった。短さゆえにエッヂが効いてて、人間臭さがむわっと臭う。

  • 短編小説だから、あっとゆうま。
    もう少し長編を読みたかった。

  • たまたま、妻の所有してた唯一の司馬遼太郎の1冊。
    幕末・戦国時代末期の無名な人物の短編集。
    無名とはいえ、当然有名な人物への歴史の関与する人選は、歴史小説家として、最高の実力者故。
    やはり、短編は、凝縮されていいのであるが、やはり司馬遼太郎の良さは、長編かな。

  • 短編・・・長編だと思って買ったから。ちょっとがっかり、でも面白かったから良いか。

  • 司馬遼太郎の短編集。色々な人物を探し出して焦点を当てている。大村益次郎は花神の方が詳しいかったね。

  • 以蔵の一途さに思わず感動してしまう。こんな人間も幕末には必要だった。

  • 龍馬伝の半平太と以蔵の関係がなんだかキレイなままで終わってしまったので、こちらを読んでみる。
    半平太と以蔵の関係というか、以蔵がキレイだったというか。。。
    もちろん長きに渡る拷問シーンもあったけれど。
    “犬”であった以蔵、“犬”として傍に侍らせておいた半平太。
    半平太に対する憎しみ、それに近い感情は絶対あったと思うんだよね。

    さまざまな以蔵像があるけれど、司馬遼太郎の獣臭い不幸な以蔵は好きです。

    この他の短編集も読むのが楽しみ。

  • 大河「龍馬伝」の以蔵を想って読むのはオススメしません。
    武市半平太のイメージもかなり違います。
    でも、こちらの小説の方が大河よりリアルな感じがします。

  • H29.0323 読了
     岡田以蔵の一代記だと思ってたのが、
     少々マイナーな人たちに関する短編集でした。
     歴史を作ったのに、名を残さなかった人たち。
     いつもと違った感じで楽しめました。
    H29.03.18 図書館で借りて読書開始

  • 岡田以蔵が気になっていたので読んだのですが、大村益次郎の話がとても面白かったです。

  • 短篇集。
    以蔵や、大村益次郎、壇団衛門などの、あまりなの知られていない人たちの話。
    司馬遼太郎の本は読みにくいのに、しばらくすると買ってしまう不思議

  • 2015/9/30


    司馬遼太郎さんの、四冊目です。
    初めての短編。


    司馬さんは、その人の小説を書こうとするときに、
    きちんとその人の事を知って、肉体を持たせ、
    その人を愛して、そしてはじめて書くのだと思う。
    そうでなければ、あんな小説は書けないと思う。

    と、いう事を、
    山手線大崎駅の本屋前でふと思いました(笑)



    個人的には、
    『人斬り以蔵』がすきです。
    愚かさと、愛しさ、哀しさ。


    『鬼謀の人』
    大村益次郎の姿がとても魅力的に描かれていて、相変わらず司馬さんの手腕にため息。

    『おお、大砲』

  • 司馬遼太郎の短編集。彼の著作ではやはり幕末物が迫力あるが、江戸初期の男たちの生き様を浮き彫りにした本書もまた面白かった。
    司馬の作品の魅力は独特のテンポ感だと思う。本を読んでいるだけで、その時代に自分もいるような感覚になり、出来事に巻き込まれるのではという高揚感がみなぎってくる。
    タイトルの人斬り以蔵は、竜馬がゆくにも出てくる人物で、脇役の彼にスポットライトが当たる。他には茶器を題材にした章が特に興味深かった。あまり興奮がない話もあったが、総じて幸福と(身分制度などによる)やるせなさが混ざり合っており、読後しみじみとする。司馬の長編を手に取る気になれない人にもおすすめである。

  • 龍馬伝できになったから買った。

  • 司馬遼太郎の短編集。比較的無名の人物も取り上げており、様々な運命の流転が面白い。どの作品も最初の一ページ目で惹きつける。

全152件中 1 - 25件を表示

人斬り以蔵 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

人斬り以蔵 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人斬り以蔵 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする