国盗り物語〈2〉斎藤道三〈後編〉 (新潮文庫)

  • 1844人登録
  • 4.05評価
    • (268)
    • (266)
    • (216)
    • (6)
    • (0)
  • 120レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 新潮社 (1971年12月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (517ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101152059

国盗り物語〈2〉斎藤道三〈後編〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 斎藤道三〈後編〉
    「蝮の道三」の人生後半は、
    愛や情を翻弄したしっぺ返しがあったような気がする。
    そして、女としてはお万阿さんに同情せざるを得ない。
    (※お万阿さんは架空人物としり、ちょっとホッ)
    いよいよ信長さんに遺志が引き継がれる。

  • いよいよ庄九郎(斎藤道三)は美濃一国略奪する。庄九郎の夢は征夷大将軍になることであり、未だ完成形ではない。しかし、サクセスストーリーを着々と歩んできた庄九郎も、それは将軍就任は叶わぬ夢であり、美濃一国が限界だと気付く。以降は次編の主人公:織田信長と明智光秀に引き継がれることになる。本作品ではこの二人が庄九郎の政策を引き継ぐ相弟子であると定義する。信長は娘帰蝶の婿、光秀は妻小見の方の甥という親族同士というのも面白い。そしてその二人が本能寺の変で向かい合うというのも運命的である。
    斎藤道三編は本巻で終了なのだが、嫡男の義龍と争って長良川で討ち死にするところまでは描かれておらず、美濃一国を平定した後、将軍になる夢を諦めたところで幕を閉じる。この点、単なる伝記ではない司馬作品らしさが出ている。「新史太閤記」において秀吉の晩年を描かなかったことと共通である。

    さて、今回も以下に、興味深かった記述を引用したい。

    ・「世に仕事ほどおもしろいものはない」と思っていた。それが庄九郎を疲れさせないのであろう。
    →仕事をそう思えるのは理想である。こうありたいものだ。

    ・「人の世にしくじりというものはないぞよ。すべて因果にすぎぬ。なるほどわしの場合、昨日の悪因が今日の悪果になったが、それを悪因悪果とみるのは愚人のことよ。絶対悪というものは、わしが妙覚寺で学んだ唯識論、華厳論という学問にはない。悪といい善というも、モノの片面ずつに過ぎぬ。善の中に悪あり、悪の中に善あり、悪因悪果をひるがえして善因善果にする者こそ、真に勇気、智力ある英雄というわい」
    →私の好きな概念である。人生、このように前向きに生きていきたいものだ。

    ・「斎藤」という苗字は、平安初期に鎮守府将軍になった藤原利仁の子、叙用が祖である。藤原叙用が伊勢の斎宮の世話をする役所の長官になった。延臣の中で藤原氏が多く紛らわしいため、京都の屋敷の所在地の町名で呼んだり(近衛、一条、三条など)、地方に住んだ者は例えば加賀なら加藤と呼んだりした。斎藤は叙用が斎宮の長官になったため斎藤と略して呼ばれた。
    →日本史トリビア。これから言えば、「藤」が付く姓は藤原氏の末裔である可能性があるということだ。佐藤さんや伊藤さんもこの類いだろう。もちろん、斎藤道三のように、勝手に斎藤姓を名乗ったということもあるから、あくまで可能性に留まるのだが。姓の由来というものは実に面白い。

    さて、次は織田信長編!

  • 司馬遼太郎と巡り合った最初の本。
    戦国時代前半。美濃。斎藤道三

  • 道三の壮年期の物語。一方では信義、片一方では謀略を用いてのし上がっていくわけだが、司馬の手にかかると非常に魅力ある親分と映る。蝮と恐れられ成り上がっていく道三の生き様には、なにやら憧れのような感情を抱く。

  • 2017.9.26読了。

  • 面白いの一言。 斎藤道三、あまり知らなかったけど。魔法使い。愛情深い。強い。 でも人生は短い。 跡を継ぐ信長の物語が楽しみ。

  • 斎藤道三編を読み終えたら一区切りして、「関ヶ原」を読もうと思っていたけれど、面白くて区切れなかったので、現在進行形で織田信長編を読み進めています。

    第2巻は、斎藤道三がついに美濃を乗っ取り、繁栄させていく様や、隣国や国内反発勢力とのいざこざが描かれている。
    第1巻よりも俄然、戦国っぽさが出てきてアツかったです。
    特に信長のお父さん、織田信秀との戦いが面白い。
    基本的にこの作品、道三が無敵すぎて、他の敵さん方はクソ雑魚同然である。
    そこに信秀というライバルが現れて、あの道三が手を焼いている!?という感じが良かった。

    あとは、戦いを重ねて歳をとった道三が、「もう一生くれ。くれれば天下が取れる」などと、人生を悟った挙句、神仏に頼んでいるところが印象的だった。
    あれほど神仏をナメくさっていた彼も、命の数には抗えない。
    戦う男の姿がアツいだけではなく、一種の哀愁を感じさせてもくれます。

    斎藤道三編の第1巻、第2巻は、読んでいて活力がみなぎってくるような作品なので、生きる希望を失った時にでも読めば、元気が出るかも。

  • 道三が美濃を盗り、尾張織田との争いまでを描いている。中盤ややファンタジー的要素があり退屈する。しかし後半は戦国時代の権謀や戦の仕方などがダイナミックに描写されている。義理の息子織田信長に国盗りが如何につながるか次巻が待ち遠しい内容。

  • 気運を、気長に待つのが智者。気運をつかんで、ひと息に駈け上がる者を英雄。

  • 20161012
    庄九郎が美濃をを奪った。
    明智光秀や織田信長が弟子とのこと。
    その二人とどのような展開があるのか
    3巻4巻が楽しみだが、
    2巻の終盤は少し哀愁を感じる。。

    斉藤道三のイメージが
    少し変わった。

全120件中 1 - 10件を表示

司馬遼太郎の作品

国盗り物語〈2〉斎藤道三〈後編〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

国盗り物語〈2〉斎藤道三〈後編〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

国盗り物語〈2〉斎藤道三〈後編〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

国盗り物語〈2〉斎藤道三〈後編〉 (新潮文庫)の作品紹介

気運が来るまで気長く待ちつつ準備する者が智者。気運が来るや、それをつかんでひと息に駆けあがる者が英雄。-それが庄九郎の信念であった。そして庄九郎こそ、智者であり英雄だった。内紛と侵略に明け暮れる美濃ノ国には英雄の出現は翹望する気運が満ちていた。"蝮"の異名にふさわしく、周到に執拗に自らの勢力を拡大し、ついに美濃の太守となった斎藤道三の生涯。

国盗り物語〈2〉斎藤道三〈後編〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする