国盗り物語〈第3巻〉織田信長〈前編〉 (新潮文庫)

  • 1806人登録
  • 3.95評価
    • (232)
    • (257)
    • (255)
    • (6)
    • (1)
  • 129レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 新潮社 (1971年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (534ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101152066

国盗り物語〈第3巻〉織田信長〈前編〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 国盗り物語、いよいよ後半戦である。主人公は前2巻の斎藤道三から、織田信長&明智光秀へとバトンタッチしていく。本作品では信長と光秀をあくまで道三の弟子同士のライバルとして描いている点が特徴的である。特に、光秀の信長への意識がかなり強い。この点が、本作品のフィナーレである本能寺の変への伏線となっており読者の気持ちを盛りたてていくのだ。

    今回も以下に、興味深かった記述を引用したい。
    ・「城中、何百の人間が駆けまわって葬儀の支度ばかりしている。僧侶を何百何千人呼び、供華を山ほどに飾っても父(信秀)の生命は蘇らぬ。古来、何億の人が死んだが、いかに葬式をしても一人も蘇ったものはないわ。だから無駄じゃというのじゃ。何の役にもならぬものに熱中し、寺に駆け入り、坊主を呼び、経をあげさせてぽろぽろと涙をこぼしおる。世の人間ほど阿呆なものはない」
    ・「馬鹿め、人の世はもともと、不吉なことだらけだ。人の世が吉であれかしと祈っている世間の者こそ、よっぽど変人だ」
    →信長の、妻:濃姫に対する言である。この一文で信長が観念論を否定し唯物論を主張している点が読み取れる。私が信長を好きな理由はこんな点にあるかも知れない。

    ・「よいか、そちはいくさで偵察にいく。敵のむらがっている様子を見て、そちはとんで帰ってきて『敵が大勢むらがっておりまする』と報告する。ただ大勢では分からぬ。そういう時は『侍が何十人、足軽が何百人』という報告をすべきだ」
    →信長が家臣に指示した言葉。これは現代の仕事にも言える。具体的な数字を絶えず意識して判断しなければいけない。「来客者が多かった」「請求書が山ほど溜まっている」などというよりも、その中身の数字を把握すべきなのだ。

    ・「むずかしい大将じゃと人は言うが、なんの一つ鍵がある。この大将を好いて好いて好きまくって、その方角からのみひとすじにあたっていけば、以外に人情脆いところがある」
    →信長の家臣:佐久間七郎左が信長を評した言葉。苦手な上司などと関わりを持たねばならない場合、こんな接し方、攻め方もあるのだ。

    ・「くだらぬ双六だったと思うか。人の世はたいていそんなものさ。途中、おもしろい眺めが見られただけでも儲け物だったと思え」
    →道三晩年の言葉である。虚無感の中にあって実利的な、道三らしい人生観である。

    ・「ともかく若い間は行動することだ。めったやたらと行動しているうちに機会というものはつかめる」
    →道三が光秀に語った言葉。行動の大切さが凝縮された言である。

  • 道三の最後が悲しすぎる。
    それを知らせる光秀に「道三という人は知らない」といい、庄九郎の妻であろうとするお万阿。
    感動する。
    3巻から織田信長編ということだが、明智光秀編に近い印象。

  • 道三が目をかけ、愛娘を嫁に出した織田信長の幼年期〜青年期の物語。ただ、紙面のかなりの部分を明智光秀のことに割いていて、司馬の好みがわかる。伝統の破壊者である信長と、権威の保護者となろうとする光秀。他の戦国大名たちの動きを絡めつつ、終盤へ。

  • 明智光秀も登場し、スターが揃って来ましたね。でも、歴史の中で後々この頃の人たちと繋がっている人って多いですねー。 登場人物がイキイキしてます。やっぱり司馬さんの日本語は上手ですねー!

  • 道三編から引き続き。

    道三が死んでしまうところ、1巻からずっと彼の活躍を追ってきた身としては、かなり感慨が深かった。
    そして死を悟ったとき、自分が認めた二人の男に後を託す……
    すなわち、信長と光秀。
    途中で主人公が変わるという展開は私、小説でも漫画でも大好きなので、最高でした。

    信長の美濃・稲葉山城攻略と、光秀の就職活動。
    信長と光秀、両者の視点から、二人が出会うまでを描く第3巻。
    野望、自信という点では似てるけど、そのベクトルがまったく違うこの二人。
    こんなのがどうやったら交わるんだ、とわくわくさせる展開が素晴らしかったです。

  • 織田信長〈前編〉
    いよいよ信長編に突入。
    「うつけ殿」と呼ばれて、小さい頃から笑われ疎まれていた信長さん。イメージでは怖いお人だけれど、知れば知るほど魅力的な人だなと私は思った。
    斎藤道三の娘を嫁にもらった信長さんは、義父という絆だけではなく「変わり者」同士としての絆を感じていたのだな~。
    そして、負けても負けても執拗なくらい戦いを挑む執念深さが彼の性格を表している。
    家臣や側近を『道具』と見て、その機能性を愛したというのも、悲しい最後を連想させる彼の性格故かなと思った。

  • 第3巻。時代は道三の死~信長の美濃取りまでを描いている。信長のマネジメントや光秀、藤吉郎の躍進に向かう思考は、司馬節炸裂でマネジメント本を読んでいるようだ。現代人目線で描いているとは言え、今も昔も組織のあり方は共通する部分があるなーと。司馬小説の人気の理由。さあ、こっから信長が如何に天下を盗るか4巻が見物。

  • 織田信長〈前編〉読了。

    道三が亡くなり、物語は台頭著しい革命児・信長と、流浪を余儀なくされた文武両道の秀才・光秀がメインになって描かれています。
    この二人が出会う直前という美味しいところで、この巻は終了。
    続きが楽しみ・・というか、史実である程度不幸な運命がわかっているだけに、ドキドキします。

    因みに、超能力主義で、大概の牢人が「織田家(への仕官は)ちょっと・・」としり込みする、すさまじい信長の人事方針に、“小者のときから耐えぬき、耐えぬくだけでなく信長の方針に適うみごとな模範として頭角をぬきん出てきたのが木下藤吉郎秀吉である”という箇所が、秀吉という人のすごさをわかりやすく表していると思います。

  • 大昔に読んだことはあるのですが、改めて購入。

  • 内容省略

全129件中 1 - 10件を表示

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
司馬 遼太郎
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

国盗り物語〈第3巻〉織田信長〈前編〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

国盗り物語〈第3巻〉織田信長〈前編〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

国盗り物語〈第3巻〉織田信長〈前編〉 (新潮文庫)の作品紹介

美濃を征服した斉藤道三は義理の子義竜の反乱に倒れたが、自らの天下統一の夢を女婿織田信長に託していた。今川義元を奇襲して鋭鋒を示した信長は、義父道三の仇を打つべく、賢臣木下藤吉郎、竹中半兵衛の智略を得て美濃を攻略した。上洛を志す信長はさらに畿内制覇の準備工作を進めてゆく…。信長の革命的戦術と人間操縦、その強烈な野性を、智将明智光秀を配して描く怒涛編。

国盗り物語〈第3巻〉織田信長〈前編〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする