燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)

  • 12202人登録
  • 4.02評価
    • (2452)
    • (1485)
    • (2165)
    • (56)
    • (14)
  • 1396レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 新潮社 (1972年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (576ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101152080

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
宮部 みゆき
司馬 遼太郎
宮部 みゆき
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • この時代に産まれなくてよかったなー

  • 新選組に燃え焦がれたきっかけの本

  • 新選組副長・土方歳三を主人公にした物語。私のバイブル。

  • 「燃えよ剣」は男の教科書である。
    主人公土方歳三と、生きる時代、生きる場所は違っても、男であるなら誰しも、彼のように生きたいと思うところはあるだろう。
    平々凡々と生きている自分であるが、この本を読んでいると不思議な事に、「あ、歳三のこういう部分、自分と似てる……」「自分も歳三と同じこと考えてた……」と思う部分がある。実際にはもちろん天と地ほどの差があるわけだが、読者にそう思わせるのが司馬遼太郎のすごい所だ。
    歳三は男子にとって人生の手本であり、あこがれであり続けるであろう。

  • 新選組副長の土方歳三の生涯を描いた作品。同時代の坂本龍馬のように、日本をこうしたい、というビジョンはなく、ただ無骨なまでに強い軍隊を作ることを目指していく。
    ブレない、芯の通った姿勢は憧れる一方で、時勢を顧みずに、頑なに戦さを求める姿勢はいかがなものかと思う。

  • 土方歳三の生涯、幕末の日本と新撰組関連等を描いた物語。幕末の日本の様子、激動の政府と新選組の様子、激動の時代に生きた人物の描写が濃密にされていて骨太な人情味が感じられる。新選組の近藤勇や永倉新八などの人間模様もきちんとされていて、彼らとともに新撰組を強固な組織にするために、熱くも理論的な思考を併せ持ち、不器用ながらも組織をまとめようと尽力する土方の思い、人物像が確立されている。幕末浪漫の中に、時代を揺り動かす存在、組織変革に大きく関わるだろう展開の速さも激動な時代だったろうと感じられる。下巻へ。

  • 新選組副長土方歳三の半生を描いた小説。激動の時代に生きた幕末の志士達の壮絶な闘いとその想いが臨場感のある筆致でありありと描かれ、その時代に居るような感覚で読み手を引き込む。上巻は新選組の生い立ちと京都での栄華が描かれている。

  • 昔五稜郭の歴史を学んだ時に、新撰組の土方歳三の名前があったことに驚いた記憶がある。これほど波乱万丈のストーリーがあったとは思わなかったし、面白くて一気に読み切ってしまった。

  • 3回も読んだ本はこの作品だけです。それくらい好き!この作品の土方歳三は歯ぎしりするほどカッコいい!!文体がサラッとしつつリズミカルで音読したくなります。混乱の時代を独自の美学で駆け抜ける土方の姿は爽快。司馬遼太郎作品を初めて読むならこの作品をオススメしたい。上下巻で比較的短いですし。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    幕末の動乱期を新選組副長として剣に生き剣に死んだ男、土方歳三の華麗なまでに頑な生涯を描く。武州石田村の百姓の子“バラガキのトシ”は、生来の喧嘩好きと組織作りの天性によって、浪人や百姓上りの寄せ集めにすぎなかった新選組を、当時最強の人間集団へと作りあげ、己れも思い及ばなかった波紋を日本の歴史に投じてゆく。「竜馬がゆく」と並び、“幕末もの”の頂点をなす長編。

    【キーワード】
    文庫・幕末・歴史・新撰組・映画化

    【映像化情報】
    1966年11月12日映画化
    出演:栗塚旭 他

  • シンプルな文体で読みやすい。
    土方歳三を中心とした新選組のお話。近藤と違い、まっすぐに目的だけを見据えて組織を大きくしていく。こういう生き方憧れる!そして強い!

  • おもしろかった・・・。とくに序盤、多摩にいる頃の喧嘩のくだりとか。94ページの「土方流だ」「よかァねえよ、泥亀流だよ」は思わずフフッとなった。はやく下巻も読みたい

  • 沖田が土方さんを助けに馬でかけてくるシーンが一番熱かった。

  • ふるさとへむかつて急ぐ五月雲

    「おや、いまは十一月ですよ」
    「なに、五月雲のほうが、陽気で華やかでいいだろう。秋や冬の季題では、さびしくて仕様がねえ」

  • 新選組のイメージが変わった。ただのヤクザやんけ〜(笑)ケンカする名目作りたいだけやん、みたいな(笑)

  • 言わずと知れた新選組土方歳三を描いた代表作。
    高校生の時に読んだんですが、今回懐かしくて再読してみました。

    意外に新選組結成から池田屋事件、沖田総司の結核発症などどんどん話が進むんだなと、昔を思いながら読み返しました。

    でも私はこんな時代に生まれなくて良かった。
    多分死んでる。

  • 土方歳三めっちゃカッコいいという本!

  • 今更ながらの「燃えよ剣」。万人に愛される本書があるが、いまいち乗り切れなかった。おそらく土方が自分の好きなタイプでないから。自分が評伝小説で魅力的に思う主人公像は、常人には及びもつかないハチャメチャ天才型か、知性型か、ヘンテコでどこか可愛げ・ユーモアがあるか、といった感じ。基本、不器用・信念のみの男(それもそれで開き直っている男)は嫌い。というわけでいまいちな読書結果であった。

    後記:その後色々読み進め、そもそも、自分は新撰組に全く共感するところがないことがわかった。どおりではまれないわけで。。

  • この小説なくして、現代の新撰組人気は無いでしょう。これが本当の姿であるとは思わないが、そこに強烈な情熱があったことは間違いない。

  • とにかく「漢」。かっこいい。の一言。

     今まで時代ものは、読んだ経験がなく正直上下巻でこの厚さ読みきれる心配な部分もあったが、思いのほか読みやすかった。読み切る自信がないにもかかわらずこの本を選んだのは、やはり自分のまだ読んだことのないジャンルに手を出してみたかったという点と、「大学生 読書 おすすめ」の結果にヒットすることが多く(現代っ子ですみません。)、そんなにおすすめするなら、、という曖昧な理由だった。しかし、とりあえず上巻を読了して、読んで良かったと思った。とりわけ歴史が好きなわけでもないので、読み進めながら「あれ、この人誰だ。」と振り返りながら、難しい言葉は調べながら読み切った。このレビュー一文にも記したが、とにかく「漢」。武士の生き様を示したなんともかっこいい人物ばかりが登場する。個人的には、歳はもちろん、それを常に見守り、かつ自身もなかなかのやり手である総司(返り血をほとんど浴びないシーンが印象的)や最期まで逃げ出すことなく武士として生きた総長山南敬助、またいつまでも追いかけてくる七里研之助(p43からずっと登場。)など登場人物がいちいち好きだった。司馬遼太郎の小説に詳しいわけでも歴史に詳しいわけでもないが、素人の自分でも面白かった。昭和44年(1972年)発行の作品なのに2016年に生きる若干20歳の自分でも楽しめる、これが読み継がれる名作かと感じた。(上からですみません。)


    はやく下巻読みたい。

全1396件中 1 - 25件を表示

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)の作品紹介

幕末の動乱期を新選組副長として剣に生き剣に死んだ男、土方歳三の華麗なまでに頑な生涯を描く。武州石田村の百姓の子"バラガキのトシ"は、生来の喧嘩好きと組織作りの天性によって、浪人や百姓上りの寄せ集めにすぎなかった新選組を、当時最強の人間集団へと作りあげ、己れも思い及ばなかった波紋を日本の歴史に投じてゆく。「竜馬がゆく」と並び、"幕末もの"の頂点をなす長編。

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)のKindle版

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)の-

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)の単行本

ツイートする