新史太閤記 (下巻) (新潮文庫)

  • 1309人登録
  • 3.90評価
    • (129)
    • (191)
    • (162)
    • (7)
    • (0)
  • 75レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 新潮社 (1973年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (450ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101152110

新史太閤記 (下巻) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『のぼうの城』石田三成がやりたかった水攻め、本家本元、秀吉が仕掛けた高松城の落とし方がやっとわかった。
    三谷幸喜の『清須会議』、出席者が違うではないですか、『太閤記』では滝川一益が会議に出てる……等々事実はどうだったのか私には判断出来ないけど、読み比べ出来るのが楽しい。
    解説によると、司馬遼太郎は「日本歴史(地理)について何の知識もない人」が読者なんだという前提で書いているという。丁寧な人物描写、地形や気候の説明で、あたかも現実にそれらが起きているように錯覚する。歴史の知識が有れば一層楽しく読めるだろうが、教科書程度の知識でも十分楽しめる。
    そして、この秀吉に関しては、彼が『野の涯から出た、それもひとりで出てきた男』で、大名の子として生まれ、先祖代々からの家来がいて、忠誠な家臣がいる織田信長や徳川家康とは根本的に違うこと、秀吉がなみいる強豪を統率できているのは、ひとえに秀吉の稀代の才気と大気と演出力によるものだから、秀吉が消滅すればその勢力は雲散霧消してしまう儚さがあることを秀吉自身が一番良く知っている、という設定が、教科書で習った秀吉没後の歴史に照らしても、秀吉を魅力的にしている点だと思う。だからこそ、最後の秀吉の辞世が胸にじんとくるし、寧々ゆかりの高台寺の屏風に大きく『夢』と書かれていたことが、今更ながらに、胸にすとんと落ちる。

  • 人の好意によろこばぬと、人はかえって裏切る。ーなるほど

  • もううろ覚えになっていた歴史を学び直した感じ。秀吉が人気なのも分かる。秀吉の出発点が信長や家康のような立場だったら後半の苦労も無かっただろうに。でもそうじゃなかったから、魔術的な戦略、演出が出来たし、そのエネルギーも生まれたのかと思う。とにかく猛烈な働き者ですね。

  • 【文章】
     読み易い
    【気付き】
     ★★★★・
    【ハマり】
     ★★★★・
    【共感度】
     ★★★・

    本能寺の変で織田信長が討たれてから、徳川家康を引き入れるまで。

    家柄を持たず、実力で登り詰めた秀吉に対して、快く思っていない織田家系の家臣を、如何に上手く取り込むかに腐心していた。

    秀吉が人たらしと謂われる所以がよく分かる。

  • 秀吉の一代記、最後どこまで描かれているんだろう・・・と思ったら、秀吉が頂点に登りつめたところまで、だった。司馬遼太郎の前に、他の小説家の戦国時代小説を読んだので、いかに全ての時代小説において司馬遼太郎が影響を与えているかが分かる。「下」は家康が多く登場した。鳴かないホトトギスを「殺す」織田信長。「鳴かす」豊臣秀吉。「待つ」徳川家康。最後の勝者は「待つ」か。興味深い。

  • 豊臣秀吉の生まれから天下人になるまでの半生を描いた作品。他の歴史小説で断片的には読むものの、ここまで詳細にわたって語られる作品は初めてであり、知らないことも多くあった。言うまでもなく天下一の人蕩らしであり、人の心の機微を察することで、結果自分の思うように相手を動かす人心掌握術は、実生活においても繋がる部分があるように感じる。晩年、朝鮮出兵など人が変わったような施策を行うのであるが、そこまでは触れず、天下人としてのピークで終わっているあたりが非常に心地よい。

  • 今までの「豊臣秀吉」像が、この本を読んで少し変わった。
    知略と武功とユーモアとを兼ね備えた面白い人だったんだな~~。
    何でも明るくやってのけるのが素晴らしい。
    戦も、城攻めも、織田家乗っ取りも、じめじめせず快活にやってのけるのもこの男の「人たらし」さがあってこそ!
    センスがありカリスマ性もあり徹底的な冷淡さの中で統率をとった信長さん。一介の下層民からのしあがり、いつの間にか天下を手中に収めた秀吉さん。その両者の蔭にはいつも家康さんの忍耐力があった...そりゃ爪噛むわ!!
    次は、徳川家康についても読んでみよう。

  • 終盤、秀吉の焦りを記述しているあたりから、特に人物描写が繊細になっている。非常にリアルな秀吉を感じることができた。何度読んでもやはり面白い。

  • 信長が死んでからが面白かった。

  • 平成28年9月30日読了。秀吉の人心掌握術の鮮やかさが心地よい。その心地良さのためには家康上洛のところで終わるのも仕方ないか。

全75件中 1 - 10件を表示

司馬遼太郎の作品

新史太閤記 (下巻) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新史太閤記 (下巻) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新史太閤記 (下巻) (新潮文庫)のKindle版

ツイートする