関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)

  • 3396人登録
  • 3.97評価
    • (510)
    • (454)
    • (514)
    • (18)
    • (2)
  • 353レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 新潮社 (1974年6月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (539ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101152127

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 島左近が素敵すぎる♡

  • 長編故になかなか手を付けられなかったが、
    いよいよ思い切って読み始める事にした。
    実際読み始めると面白い面白い。
    あっという間に上巻読了。

    石田三成目線、島左近目線、徳川方目線と
    様々な視点から描かれているので
    関ヶ原へと向かっていく様子が分かりやすい。
    私は勿論三成公贔屓な為、
    家康憎し!家康悪い!家康いやらしい!
    家康酷い!家康意地汚い!…エンドレス(笑)

    三成公の人間味溢れる姿や、
    良くも悪くも実直な姿が私には魅力的に見える。
    美化している部分も多々あるだろうが、
    今まで通り人望がなくへいくわい者でもあり…
    でも、それを魅力的に描くのは司馬遼太郎の力かな。

  • 大物の歴史小説にやっと手を出した。豊臣時代から徳川時代へと移行してゆく流れが、よくわかる

  • 間違いなく、石田三成に対するイメージが変わる秀逸の作品。
    NHK大河ドラマも合わせてご覧いただく事をオススメです。山本耕史はハマリ役だと思います。

  • 若いころから夢中になった司馬遼太郎の中でもマイベスト、最高傑作の一つ。最近、ランニングイベントで何度か関ヶ原を訪問し、あらためて古戦場や諸将の陣跡などを巡り印象の新鮮なうちに再読した。

    秀吉没後の権力の座を目論む家康の深慮遠謀と、それに一人立ち向かい義を貫く三成という生き方。そしてそれぞれの個性とお家の事情を抱えた諸将の思惑。日和見、裏切り、そして義を貫く死闘。これらが最終的には関ケ原の一角に集まって日本史上最大の決戦が行われる。

    主役、脇役、数々の逸話、合戦に至るまでのプロセス、すべて面白いが、決戦に敗れ捕らえられた後の三成の最後まで貫いた生き方が大好き。この作品で大の三成びいきになりました。

  • 秀吉亡き後は徳川家康の天下取り策謀が動きだす。大名たちの思惑は義より利。保身に走る姿がみっともなくも思うが、これが人の本性だろうなと認めるしかなかったり。問題が起こった時に、どう行動するかがで人間って試されるんだろう。家康と謀臣本多正信のやり取りが、老獪な狸っぷりが憎らしい。會津・上杉藩と蟄居中の三成らは、家康が会津討伐に挙兵したところを東西から挟み撃ちを計画するが・・・。上巻は、頭脳戦。

  • 大阪で五年暮らしたおかげで、司馬遼太郎さんという小説家さんは、

    「大阪人なんだよなあ。いちども東京に住んだことないんだよねえ」

    という、当たり前の視点を持てるようになりました。

    司馬遼太郎さん、というある意味、巨大な思想家とまで言える娯楽小説家を愉しむ上では、美味しい経験。大阪人なんですよねえ。
    秀吉、豊臣、好きなんですよね。太閤さん。

    そして、その反対に、大嫌いなんですねえ…家康。微笑ましいほどに…。


    1964年~1966年に週刊誌連載された司馬遼太郎さんの歴史小説です。

    大昔、うーん、多分30年くらい前に読みました。今回ご縁があって再読。まずは上巻。

    「豊臣秀吉が死ぬ直前から、関ヶ原の戦いまで」

    という時間帯を、石田三成と徳川家康、対立するふたりを中心にかなり群像劇的に描いた小説です。
    いつも通り、時折作者司馬さんがエッセイ風に顔を出しながらも、1590年代の大坂伏見を歩くジャーナリストの報告を聞くかのような臨場感…。と、騙されて楽しんでいると、ぐぐぐっと大俯瞰に、歴史の、日本の姿までさらっと考察しちゃう。

    そんなぶん回され方に酔いしれる、読書の快楽。

    上巻は、秀吉の死の直前から始まる。
    徳川家康が、秀吉の衰弱と死を見越して、虎視眈々と天下の実権を狙っている。
    それを感じていても、衰弱した秀吉は、自分の一子、まだ幼児の秀頼を立てるよう、もはや祈るように頼むしかない。
    秀吉の優秀な官僚であり、秀吉に拾われ、無から大名になった石田三成は、家康が憎くてたまらない。
    しかし、家康は圧倒的に実績も家柄も武将としての能力も名声も、そして策謀でも世論操作でも上手。

    そして秀吉が死ぬ。

    家康はどんどん権力を増し、横暴を尽くす。
    それは挑発である。石田三成をして怒らせ、家康に対して兵を起こさせる。
    そこで合戦に持ち込んで、戦場で勝利して、そのままその勢いで幼児・秀頼から権力を奪ってしまう。
    そういう青写真を描く。

    それは罠。罠なんだけど、三成もまた、合戦に持ち込んで家康を倒す以外に、秀頼=豊臣家=自分自身の正義感の、立つ瀬が無い。

    家康が世論を操作する。
    陰謀を重ね、無いところに謀反があるように噂を起こす。
    そして、自衛、復習、正当防衛という美名のもとに、武装して強権を作っていく…

    もともと、人当りにカドがある三成は、家康の策謀にはまり、首都大阪の行政官を追われ、挙兵の意を秘めて自領・佐和山へ落ちていく…。

    という流れ。

    実はこれ、司馬さんの嫌悪する昭和陸軍、関東軍が日本全体を戦争に引きずり込んだ陰謀に似ているんですよね。
    (そしてまた…何やら2015年の日本の政治にも…?)


    閑話休題それはさておき。

    この小説が、強烈に悪役・家康の強大さを描きます。
    蟷螂の斧のような三成。
    滑稽なまでの負け犬。
    その負け犬の意気地を描きます。

    なんというか…
    「スター・ウォーズ エピソードⅠ~Ⅲ」のような。

    あれも、実は結局、悪役パルパティーンが正義の騎士たちに、陰謀を重ねて勝利して天下を取るまでのオハナシなんですね。

    壮大な、悪漢小説。ピカレスク・ロマン。

    ただ…司馬さんには、とことん、家康への愛は無いですねえ。
    家康が、あるいは徳川の子孫の人たちに気の毒なくらい(笑)。

    確かに、陰湿だとは思います。
    だって、天下取ったあと、秀吉の墓、「豊国神社」まで破壊しちゃうっていうのはねえ。すごいですねえ。

    やっぱり、天下を

    家康=江戸=現東京=役人(武士)の町、

    に奪われた、

    関西=大阪=秀吉の足元=商家の町、

    としては、生理的に本能的に、ダメなんでしょうねえ。家... 続きを読む

  • 関ヶ原の戦いが、どのようにして起こったかを鋭く描く司馬遼太郎さんの作品。徳川家康とその謀臣本田正信と石田三成とその家老島左近との頭脳戦は読み応えがある。
    ただ、石田三成は人から好かれないが、もう少し器用さがあったなら歴史が変わっていたかも。敵を作らないということは人間社会では大事なことですね。
    前田利家亡き後の徳川家康の豹変ぶりも凄い。豊臣政権から変わって欲しいという世の中の空気に上手く乗っかることができたし、その場、その場の演技力は凄まじい。やはり、徳川家康の方が一枚役者が上だなと上巻を読んで思います。

  • 信長、秀吉はおそらく天才であっただろう。
    生まれもった器に天下を盛ることができたという意味であり、彼らのみた世界というものは、ぼくには及びもつかない。

    しかし、家康はそうではなかったようにおもう。松平元康という男が、「天下人・徳川家康」を演じきったのではないか。演じきることによって生来の器を超えたのである。いったいぜんたい、あんな庶民くさくて格好悪い策の数々は、天才には思いつけるはずもないではないか。

    三成という男については、何もいえない。
    いわでものことをいってしまうところ、観念的で現実の方を疎かにしてしまうところ、それらの欠点がぼく自身をみているようで、なんともいたましくてたまらないのである。この男については、作中の黒田如水に任せよう。

    堅苦しくなってしまった。
    そもそも、先鋒・島左近のこれでもかってほどの格好よさに突き崩されてのめりこみ、三成のシュールさに二度も腹を抱えて爆笑し、家康・本信の狸っぷりにテレビ時代劇的なフリをみた。おそらくこの二人は世が世なら良い?悪代官様と庄屋として、お茶の間をそばだてたにちがいない。

    そういう軽さから、レビュー冒頭のような神妙な顔つきに至らされた。この移り変わり加減こそ、司馬遼太郎の軍配の妙だったようにおもう。

  • どこから読んでも石田治部の可愛げが炸裂しているというとんでもない一冊。司馬遼は本当に西軍というか石田贔屓だなあ…

  • 久しぶりの歴史物。
    天下分け目の「関ヶ原」はあまりにも有名ですが、本編では豊臣秀吉亡き後の乱世にあって、天下取りを目論む「徳川家康」と秀吉の意を継ぐ重臣「石田三成」を主として、その謀議・謀略・策謀が面白く描かれていました。
    日本史上、あまり石田三成が注目される人物であったかとは思いませんでしたが、本書では彼の正義感が家康の反感を買い、関ヶ原の合戦へと進んでしまったことを上手く語っている。
    続編にさらに期待です!

  • 三成が秀吉に抱え入れられる過程や、正義、道理を重んじすぎて疎んじられ、周りの諸侯から距離を置かれる様子。反対に、憎らしいほどの演技と知略をもって天下に座そうと企て、世の中を動かしていく家康。この時代、噂でこそあれ力を持つものに味方し、何の悪気も無い浅井長政、前田家が陥れられ、人の考え、動きを読むことに長けたものが出世していく。時勢を読み、家の存続に誰と結ぶが適当か、それを実現させる術は、そういう頭の使い方が、大河の放送とも相俟っておもしろく読めた。

  • 2017/10/01
    面白い!

  • ー関ケ原という、とほうもない人間喜劇もしくは「悲劇」(p10)ー約1年ぶりに読む司馬さん本だけに、冒頭から炸裂する司馬さん節に懐かしさと安堵感を覚える。あくまで天下簒奪の手続きとして豊臣家を二分する大乱を欲する家康、彼の三成らに対する人物評が面白い。謀略に謀略を重ね、時代の風はあっという間に家康へと吸引する。中巻へ。

  • はまりました!
    レビューは下巻読了後に。

  • 東西両軍の兵力じつに十数万、日本国内における古今最大の戦闘となったこの天下分け目の決戦の起因から終結までを克明に描きながら、己れとその一族の生き方を求めて苦闘した著名な戦国諸雄の人間像を浮彫りにする壮大な歴史絵巻。秀吉の死によって傾きはじめた豊臣政権を簒奪するために家康はいかなる謀略をめぐらし、豊家安泰を守ろうとする石田三成はいかに戦ったのか。

  • 読めば読むほど、
    家康ってやな奴だわ〜〜。

    歴史小説読んでいつも思うんだけど、
    特に男性作家が書いたものは
    必ずと言っていいほど濡れ場が入ってる。
    あれ、いらないわー‼︎

  • 言うまでも無くこの夏に公開される映画の原作。

    関ヶ原の戦いを描いた小説で最も有名な書であり、
    多くの三成ファンと家康アンチを生み出し、
    家康ファンには忌み嫌われる書でもある 笑

    太閤秀吉の死後、天下人への野心を抱く徳川内府。
    石田治部少輔は正義感と太閤への忠誠心から、
    徳川内府を討つべく味方を作り挙兵の準備をする。
    だが、彼は徳川内府の掌の上で踊っているに過ぎなかった…
    現実はこのように単純明快では無かったのだろうが、
    とても分かり易く、魅力的なストーリーである。

    関ヶ原の戦いは1600年という分かり易い年に起きた
    小学生でも知っている分かり易い天下分け目の戦いだが、
    実は様々な人々の思惑が入り乱れた複雑な事件である。
    分かり易いようで実は複雑な関ヶ原の戦いを分かり易く
    楽しめるようにしたこの小説は間違いなく傑作である。

  • 日本史の復習、映画の予習として…実に久しぶりの司馬遼太郎。やっぱり安心して読める。いつの世も同じ、利害でのみ動く権力者周辺の人間模様が、可笑しくもあり、哀れでもある。家康のタヌキぶりも、とても分かり易い。

  • 「関が原」
    公開日:2017年8月26日
    愛と正義でもって世を治めようとする石田三成。野心あらわに天下を手中にしようと企む徳川家康。両者の対決が、関ヶ原にて始まる。
    キャスト:岡田准一、役所広司、有村架純、平岳大、東出昌大、中越典子、北村有起哉、伊藤歩、音尾琢真、松山ケンイチ
    監督:原田眞
    http://wwwsp.sekigahara-movie.com/
    Facebook https://www.facebook.com/sekigahara.movie

  • 今話題の『関ヶ原』を読む、という訳でもない。いややはり少しそういう動機があるか。
    新潮文庫版の上中下三冊がたまたま家に積んどく状態で在ったので「お、いまこれ映画が話題だよな」と読み始めました。すまぬのぉー。
    病はきつくとも読書わつづく(笑う)。

  • 初めての司馬遼太郎作品。

    真田丸以来、石田三成や大谷吉継のことをもっと知りたくなりたどり着きました。

    この本を読んで感じたが、徳川家康や本多正信の人の心を操る技術。
    大名の正義感や忠誠心、出世したいなど色々な感情を計算して、思いのままに、自分の思う方向に導いていく様子はゾクゾクとしました。

    見栄や理想論を追い求める人と、人の心の強さも弱さも知り尽くして現実的に目標を実現していく人。

    なんだか経営にもつながります。
    400年以上前の話ですが、人の心ってそんなに変わらないものですね。

  • 三成を主人公に据えた司馬関ヶ原。実直な三成に好感が持てるものの、もっと上手くやれないのかとやきもきすること必至。島左近がかっこいい。

  • 歴代の大河とかからチョイスしてイメージして読んだ配役。
    徳川家康:津川雅彦
    石田光成:山本耕史(江守徹も捨てがたいが)
    島左近:夏八木勲
    豊臣秀吉:笹野高史
    本多正信:近藤正臣
    加藤清正:新井浩文
    福島正則:蟹江敬三
    藤堂高虎:一岡裕人
    黒田長政:松坂桃李
    直江兼続:妻夫木聡
    前田利家:小林勝也
    芳春院:松嶋菜々子
    初芽:有村架純

全353件中 1 - 25件を表示

関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)に関連するまとめ

関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)の単行本

関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする