関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)

  • 3197人登録
  • 3.97評価
    • (498)
    • (432)
    • (505)
    • (17)
    • (2)
  • 338レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 新潮社 (1974年6月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (539ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101152127

関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 三成を主人公に据えた司馬関ヶ原。実直な三成に好感が持てるものの、もっと上手くやれないのかとやきもきすること必至。島左近がかっこいい。

  • 歴代の大河とかからチョイスしてイメージして読んだ配役。
    徳川家康:津川雅彦
    石田光成:山本耕史(江守徹も捨てがたいが)
    島左近:夏八木勲
    豊臣秀吉:笹野高史
    本多正信:近藤正臣
    加藤清正:新井浩文
    福島正則:蟹江敬三
    藤堂高虎:一岡裕人
    黒田長政:松坂桃李
    直江兼続:妻夫木聡
    前田利家:小林勝也
    芳春院:松嶋菜々子
    初芽:有村架純

  • この作品のおもしろいところは、ストーリーが徳川側と石田側の二本仕立てになっていること、その二つのストーリーがうまく絡まり、最後の戦場シーンまで臨場感あふれるタッチで導く。作中で最も魅力な人物は島左近。主人石田光成を大将の器ではない、戦がわかっていないと欠点を指摘しながらも、まるで父親のような包容力で主人を支え、それでいて、性格は軽妙、島左近視点の文章の部分は爽やかさがぐっと増す。福島正則や加藤清正など、脇役達も人間味があって魅力的で物語を盛り上げる。戦場型武将達の猪突猛進ぶりに思わず笑ってしまう。そして彼らをうまく操りながら、石田三成を戦へと引きずり出す徳川家康の狸おやじぶりがたまらない。
    長編小説なので、読み始めると頭はどっぷり戦国時代にワープしてしまうけれど、読み終わると「終わってしまった」という虚脱感が大きい。本作でも関ヶ原の終わりを一つの時代の終わりとして書いているが、歴史って多くの人の人生の集まりなんだなとつくづく思う。学校の教科書では、事件の名前と年号が羅列されているだけであったが、物語だとそれぞれの人物の思惑や行動が描かれいて、無味乾燥に見えていた年表が一気に血の通ったものに映る。自分が生きている時代にこの年表がつながっているのだなと実感できるのである。

  • 再読。

    何度読んでも十分楽しめる。
    群像劇好きの私にはもってこい。

    策謀、謀略がドンドンはまっていくのに快感すら感じる。

    ささ、次巻へ。

  • あまりにも有名な大合戦について、諸大名の生き残りを賭けた、謀策、立ち回りが、生々しく描かれている。

    人間は利に従って動くとする家康と、秀吉に対する義を主張する三成の対比が鮮やかすぎる。人間関係とは、リーダーとは、人望とは、を考えさせられる、さすがの作品です。

  • すごいな~。やはり、司馬遼太郎作品ってこんな感じなのかしらと読み進めながら思いました。そして、家康ってきっとこうだったんだよね~。笑大河の中の家康ってこんな感じではなかった気もする・・・笑『真田〇』

  • 2016年は西洋の絵画をはじめ西洋史が気になる一年だったけど、2017年は日本史に重きをおこうと思い立ち、16年年末(仕事納めの日にご褒美がてら)に司馬遼太郎さんの時代小説シリーズをドサッと購入。
    まずは「関ケ原」から取り掛かりました。
    激動の戦国時代。秀吉亡き後の混乱から石田三成VS徳川家康という構図になっていく様子が描かれていきます。
    石田三成の堅物さと島左近のどっしりと構えた様子、二人のやりとりも読んでいて面白い。
    そして、徳川家康。穏やかそうな物腰の奥に秘めたる虎視眈々とした様子と、策謀に優れている重臣本田正信とのやりとりも、これまた面白い。
    色々な角度から「関ケ原の戦い」に向かっていく様が描かれていて、史実に基づく歴史エンターテイメントってこんなにワクワクするんだなと目からウロコ。
    今年は自分の中で戦国ムードになりそうな気がします。

  • 奥付を見ると,驚きの111刷! 驚異のベストセラー.
    上巻は秀吉の最晩年から,家康が大阪城入りして前田を陥れるまで.感想は下巻にて.

  • 秀吉亡き後の三成と家康。対比が鮮やか。

  • 平成28年9月26日読了。真田丸で関ヶ原の戦いがはしょられていたので補完する気分で読み始めたら1日で読み終わってしまった。上巻は秀吉の死から家康が大坂城に入るまで。

  • 大物の歴史小説にやっと手を出した。豊臣時代から徳川時代へと移行してゆく流れが、よくわかる

  • 映画化が決まった時のコメントより…
    中学生の時に読んでたそう。

  • 「関ヶ原」と銘打っているものの、
    合戦としての関ヶ原はほとんどサブと言ってよく、
    関ヶ原に出陣する武将のキャラクターを描くことが
    主眼と言って差し支えないと思う。

    そういった意味で、石田三成・島左近コンビと
    徳川家康・本多正信コンビを両陣営の主役に置き
    両軸から秀吉死後から関ヶ原に至るまでの
    時間軸と各武将の動きがわかりやすかった。

    とはいえ、時間軸に沿って進行しているとは言いがたく、
    様々な武将のエピソード紹介や人物評が多すぎて
    ストーリーが散逸になっており、
    全体としてのまとまりに欠いているのがやや難。

  • いつも準備周到な家康という人物をどうも好きになれない。出来すぎる人間は面白くないのかもしれない。

  • 池波正太郎の真田太平記を読んだ後なので、家康側から見た関ヶ原に向けた準備の企みを面白く感じる。

  • 引き込まれる臨場感はさすが。

  • 間違いなく、石田三成に対するイメージが変わる秀逸の作品。
    NHK大河ドラマも合わせてご覧いただく事をオススメです。山本耕史はハマリ役だと思います。

  • 2016年4月12日読了。図書館から回収した、年代物の文庫本上中下巻の、上巻。天下人・秀吉の死により動き出す最有力大名・家康。彼の野望を止められるのは五奉行の一人・石田三成しかいないが、「へいくゎい者」と評判の三成にはあまりに敵が多く・・・。ちょうどNHK大河ドラマでは『真田丸』がやっており家康と真田昌幸が駆け引きを繰り広げているが、こちらの家康と本多正信の陰謀コンビの陰湿さも相当なもの。非常に切れる頭脳・行政能力を持っていながらも理念ばかりを重視し、「人を懐柔する」ことが全くできない三成が家康に追い詰められ、(家康と、石高も位も違いすぎることもありしょうがない面もあるが)上巻から早くも苦しみ、彼を補佐する島左近も葛藤を抱える状態。中巻から挽回なるのか!?(まあ、ならないんだけども)

  • 裏表紙のあらすじもレビューも何も見ずに、誰が主人公かも知らずに借りても、それでも面白いの。間違いなく。

    2016_024【読了メモ】(160401 12:32) 司馬遼太郎『関ヶ原』上巻/新潮文庫/1973初版、2003八十刷改版、2011 Nov 15th 102刷

  • かなり読み応えがあった。登場人物が多いので、理解して読み進めるのが難しかった。家康がどうしても狡賢く感じて、光成に肩入れしてしまい結果を知っているにもかかわらず応援してしまった。律義者の光成、どうしても憎めない。
    逃げ切った島津義久あっぱれ。

  • 若いころから夢中になった司馬遼太郎の中でもマイベスト、最高傑作の一つ。最近、ランニングイベントで何度か関ヶ原を訪問し、あらためて古戦場や諸将の陣跡などを巡り印象の新鮮なうちに再読した。

    秀吉没後の権力の座を目論む家康の深慮遠謀と、それに一人立ち向かい義を貫く三成という生き方。そしてそれぞれの個性とお家の事情を抱えた諸将の思惑。日和見、裏切り、そして義を貫く死闘。これらが最終的には関ケ原の一角に集まって日本史上最大の決戦が行われる。

    主役、脇役、数々の逸話、合戦に至るまでのプロセス、すべて面白いが、決戦に敗れ捕らえられた後の三成の最後まで貫いた生き方が大好き。この作品で大の三成びいきになりました。

  • 関が原に至る駆け引きで、物語序盤。
    登場人物は、ほとんどがおなじみの武将ですが、全て、正統派な描かれ方。
    というか、この本でこう描かれたから、それぞれの武将の基本のイメージになったと言うべきなのでしょう。

  • 日本史に暗い私もさすがに関ヶ原の勝者がどちらであったかは存じているので読んでてつらい。
    左近さんが三成さんのことを大好きなのが、読んでいて楽しい。大勢が「ムカつく!」と思っている三成の尊大さを左近さんは「凛としてる、惚れた!」と思い、諫言すると「知らん」と言って首をかしげる三成さんのしぐさを左近さんは「ひどく可愛い」と思う。左近さんなんなの、っていうかしばりょ先生なんなのって思いました。

  • 天下分け目の大戦「関ヶ原の合戦」のお話。太閤記読んでからようやく読み終えた。戦を巡る人間模様がドロドロ感満載で、それだけに三成の真っ直ぐさが美しく見えるし、物悲しさが引き立つ。

    三成の考え方は数学的で、世の中には曲がらない理があって、そのルールに従えばその通りの結果が出るよ、と考えている。今回ならそれは「義」であって、戦闘の常道であって1+1はそりゃ2でしょ?てな感じで。

    ところが世の中はルール無用で「5だもーん‼︎」と言い出す事もある訳で、その度に「⁈⁈」とテンパっていく三成はなんだか気の毒になってくる。

    一方の家康は、答えになるためのパーツを作り出していき、それを一つ一つ組み立てていく感じ。買収工作も実際は色々失敗もあっただろうけど、家康は軌道修正して答えに近づけたんだろうなぁと。

    でも結局そんな二人の戦も白痴金吾の裏切り一発でケリがつくと言うなんだそりゃと言うオチでおしまい。小牧長久手も信雄単独コロリで幕とかだし世の中そんな物なのかもしれないなぁ。

    そう思うと「そんな事ある訳ない」を警戒し続け、相手がそう思う事をやってのけたのが家康の勝因なのかもしれないなぁ。信雄ショックを活かしてるのかもしれないなぁ。

    司馬遼太郎の作品って、どっちかって言うと弱者を主人公にしてるのが多いのかな? 家康と正信のコンビが腹黒の悪人みたいに見えなくもないけど、勝たなきゃ仕方ないしね。三成は何処かで勝てないと思ってたんじゃねぇの?その上でせめて筋だけは通したいと思ったのでは、とか思いました。

  • 私は石田三成が嫌いではなく、徳川家康があまり好きでない。そういう人向けな関ケ原。でも一生懸命頑張る光成がかわいそうすぎて、読むのがちと辛かった。

    これを読むとなぜ家康が好きでないか分かった気がする。我慢強いとこなど尊敬するところはあると思うけれど、大奥を作った家系だし、結構な確率で碌でなしを排出しているし、ガチガチの身分制度をを創りあげた人だからという理由であった。それ以外にも何かがと思っていたけど、まさしく、この本に描かれている通り、子供も同僚も全ての人を駒扱いする所だと分かった。本多忠信も非常に、嫌な人間として描かれている。

    ただ四角四面になりがちな私にとっては、三成が頑張れば頑張るほど、追い詰められていく様子はかわいそうだった。それに真面目すぎて嫌われるのを島左近が諌めるのが、まるで自分が言われているようで痛かった(^^;)

    改易された小早川家にも同情して、あぶれた浪人の再就職先を斡旋したり、引きとったりしているのに、表では三成の讒言のせいだと言われたり、三成は本当にかわいそう。私も真面目なだけで、悪い人ではないんじゃないかと思う。

全338件中 1 - 25件を表示

関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)に関連するまとめ

関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)の単行本

関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする