花神〈上〉 (新潮文庫)

  • 1821人登録
  • 3.95評価
    • (213)
    • (238)
    • (226)
    • (9)
    • (2)
  • 153レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 新潮社 (1976年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101152172

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

花神〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 時は幕末、医学を修めるために適塾で学んでいた村医の息子の大村益次郎こと村田蔵六が、ひょんなことから官軍の陸軍総司令官になってしまうという波瀾万丈なお話。不器用無愛想、徹頭徹尾の合理主義者で相当な変わり者。新技術を貪欲に学びながらも、保守的な面も持っているなど、人物設定が細かくて面白い。シーボルトの娘、イネとの関係も見どころですね。

  • 久しぶりの司馬遼太郎作品。
    一部作品のようなストーリーの破たんもなく、最後まで読み切った。
    しかし、大村益次郎の描き方があまりにもその一面だけと思う。その簡潔さが読みやすさに繋がっているのだろうが。

  • うーん、これはすごい。技術者としての生き方を極端に振り切るとこうなるのか… しかしそれを見抜いて適所につけた人々のすごさ。司馬遼なので、蔵六の学問のどこがすごかったかとか、どうやって見抜いたか、というところのエピソードは抑制気味で、物足りない気もするけど、そういうとこは抑え気味で余談山盛りが司馬遼だなあ。次は何を読もう。

  • 異端の英雄物語であり、幕末明治の歴史噺であり、悶絶のムズキュンラブストーリー。

    「花神」(上・中・下)まとめた感想メモ。

    司馬遼太郎さんの長編小説。1972年発表。
    主人公は大村益次郎(村田蔵六)。

    大村益次郎さんは、百姓医者の息子。
    百姓医者として勉学するうちに、秀才だったので蘭学、蘭医学を修めているうちに、時代は幕末に。
    いつの間にか、蘭学、蘭語の本を日本語に翻訳できる才能が、時代に物凄く求められる季節に。
    だんだんと、医学から離れて、蘭語の翻訳から軍事造船などの技術者になっていきます。

    大村さんは、長州藩の領民で、幕末に異様な実力主義になった藩の中で、桂小五郎に認められて士分に。そして、幕府との戦いの指揮官になってしまいます。

    と、ここまでが随分と長い長い歳月があるのですが、ここからが鮮やかに「花を咲かせる=花神」。

    戦闘の指揮を取ってみると、実に合理的で大胆。決断力に富んで見通しが明晰で、連戦連勝。

    連戦連勝に生きているうちに、志士でもなんでもないただの百姓医者の蘭学者が、西郷隆盛まで押しのけて、倒幕革命軍の総司令官になってしまいます。

    そして、連戦連勝。

    中でも、「江戸の街を火だるまにせずに、どうやって彰義隊を討滅するか」という難題への取り組みは、本作のハイライトと言っていい爽快さ。

    誰も予想もしなかった速さで内戦が終わってしまう。

    ところが、あまりの合理主義から、「近代国家=国民皆兵=武士の特権はく奪」へと駒を進める中で、狂信的な武士たちの恨みを買って。
    明治2年に暗殺されて死んでしまう。

    でも、明治10年の西南戦争に至るまでの道のりは、全て御見通しで対策まで打ってしまっていた...。

    という、何とも不思議で無愛想で、ひたすらに豆腐だけが好物だった地味なおじさんのおはなしでした。

    #

    この小説、地味な主人公ながら、司馬遼太郎さんの長編小説の中でも、片手に入るくらいの完成度、面白さだと思います。

    ひとつは、主人公の魅力がはっきりしている。何をした人なのか、どこがハイライトなのかはっきりしている。

    前半の地味で恵まれない人生が、そのまま後半のきらびやかな活躍の伏線になって活きている。

    そして、大村益次郎さんという無愛想なおじさんの、ブレないキャラクター造形。

    狂信的なところが毛ほどもなく、合理主義を貫きながらも和風な佇まいを崩さず、見た目を気にしないぶっきらぼうさ。

    政治や愛嬌や丸さと縁が無い、技術屋のゴツゴツした魅力に、司馬さんがぐいぐいと惹かれて、引かれたまま最後まで完走してしまったすがすがしさ。

    ただ惜しむらくは、桂小五郎、坂本竜馬、西郷隆盛、高杉晋作、徳川慶喜、岩倉具視、大久保利通...などなどの、議論と外交と政治とけれんと権力の泥の中で、リーダーシップを発揮した人たちの、「裏歴史」「B面の男」というのが持ち味なので。A面の物語をなんとなく知っていないと、B面の味が深くは沁みてこないだろうなあ、と思いました。
    そういう意味では、新選組を描いた「燃えよ剣」や、竜馬と仲間たちを描いた「竜馬がゆく」くらいは読んでから読まないと、勿体ないんだろうなあ。


    #

    それから、この作品が秀逸だったのは、司馬さんには珍しく、恋愛軸が貫かれてとおっています。
    シーボルトの遺児・イネというハーフの女性との恋愛。これが、9割がたはプラトニックな、「逃げ恥」真っ青のムズキュンなんです。
    「村田蔵六と、イネのラブストーリー」という側面も、がっちりと構成されていて、隙がない。これはすごいことです。
    司馬遼太郎さんの長編小説は、ほとんどが恋愛軸を序盤で売るくせに、中盤以降、興味が無くなるのかサッパリ消えてなくなる、というのが定番なので...(それでも面白いから、良いのですけれど)。

    (恐らく、30年以上ぶりの再... 続きを読む

  • 村田蔵六、のちの明治政府の軍事参謀、大村益次郎の生涯を描いた作品。

    上巻では村田蔵六が家業である村医を目指して、地元長門の医者のところから大阪の蘭医の名門、緒方洪庵の適塾での日々を描く。
    この時は軍事作戦家という側面は一切なく、医療と語学の世界を極めんとしている時代。

    合理的な思考を持って射きる蔵六にとって人間関係の機微は不要であったが、それが故に周りからは孤立し、才はあるが疎んじられていた。
    その孤独にそっと寄り添うシーボルトの娘、イネの存在に癒されます。

  • 江戸末期。蘭学者となる村田蔵六の若かりし時のお話し。緒方洪庵の適塾に学び医者となる。後半、幕府のお抱えの藩士になるのだが…
    緒方洪庵のの死を持って彼の持つナショナリズムが…同門の福沢諭吉と袂を別つ事になる。
    長州藩士としてこの後どうなるのか楽しみに!

  • 大村益次郎の特性。

  • 毎度毎度、司馬遼太郎作品には驚かされるが、こうも生き生きと人物を描ける著者にまだ出会えていない。

  • 村田蔵六(大村益次郎)が適塾で学んだ幕末から、軍隊を洋式化し新しい陸軍のトップになる明治までを描いた作品です。
    蔵六は長州藩で代々村医者を務めた家の出身で、本来であれば軍のトップになる身分ではありませんでした。また、合理主義者の蔵六は優れた技術者である一方、人への配慮や情緒を著しく欠如した人物でもありました。
    このような人物が活躍できた背景には、幕末から明治という激変の時代であったことと、そして桂小五郎というリーダーがいたことがあります。
    ITの時代になって、技術の進歩を喜ぶとともに感じる不気味さを、蔵六という人物に見たような気がします。そして、桂小五郎のようなリーダーの必要性も感じました。

  • 大村益次郎もといい村田蔵六という男の生涯を描く小説の上巻。
    村医者の子に生まれ、まずは医学書生からスタートし、やがて宇和島藩に仕えて兵法の本の翻訳の仕事につき藩士身分を収得し、やがて幕府の学問所勤務になり、これを知った出身藩の長州藩に仕えることになる。
    医学からオランダ語を学び、オランダ語の翻訳を通して兵法、蒸気機関等を学ぶことになった。
    けっこう不思議な男の生涯。

  • (2016.04.11読了)(2003.03.18購入)(1999.06.05・69刷)
    Eテレの「100分de名著」で「司馬遼太郎スペシャル」が放映され司馬遼太郎の作品が5つほど紹介されました。その中で『花神』だけは、まだ積読中だったので、この機会に読んでしまうことにしました。
    NHK大河ドラマで放映されたころは、まだ司馬遼太郎の作品を含めて時代小説にはあまり興味がなかったので、原作を読んではいなかったし、その後、NHK大河ドラマに合わせて関連本を読むようになってからも幕末ものが取り上げられるたびに、この本を読もうとはしたのですが、読むことができませんでした。
    「花燃ゆ」は、長州が舞台だったので、チャンスだったのですが、「世に棲む日々」や「醒めた炎」を優先したので、読めませんでした。

    この本の主人公は、村田蔵六、後の大村益次郎です。親がつけた名前は、良庵だったようです。村医者の子どもに生まれたので、医者の修業のために長崎に行き、後に大阪の緒方洪庵の適塾で学びました。塾頭までなっています。塾頭になれば、あちこちの大名から声がかかって、高禄でお抱え医師にもなれるのですが、親に戻って来いといわれて、長州の周防に戻ります。合理主義者なので、軽い風邪などには、薬も出さなかったので、評判が悪くて、はやらなかったようです。親に言われて結婚もしています。(嫁さんの名前はお琴)
    そのうち、四国の宇和島藩から蘭学の知識を買われて、蒸気船の建造と砲台の構築、西洋兵学書の翻訳を依頼されて、宇和島藩へ行き、嘱託扱いで雇われます。単身赴任です。
    宇和島藩にいるシーボルトの弟子であった蘭学者(二宮敬作)の依頼で、シーボルトの娘であるイネの教育係も引き受けます。蔵六は、適塾にいたときに岡山の蘭学者の持っている梅毒の本を見せてもらいに行った際、そこに預けられていたイネにあっています。
    宇和島藩で、蒸気船の建造と砲台の構築の仕事が終わった後、宇和島藩の殿様が江戸に行くのに従って、江戸に出ます。
    江戸では、宇和島藩の仕事のほかに鳩居堂という塾を開くやら、幕府の仕事をするやらで、忙しい日々を送ります。イネも江戸についてゆくような書きぶりだったのですが、行きませんでしたね。
    このまま、宇和島藩や幕府の仕事を続けるのかと思いきや、長州の桂小五郎にそれとなく自分を売り込んで、長州に雇われて、長州の仕事を始めます。
    イネさんとの関係は、時代小説家としての司馬さんのサービスですかね。

    【見出し】
    浪華の塾
    別の話
    鋳銭司村
    宇和島へ
    城下
    オランダ紋章
    江戸鳩居堂
    運命
    麻布屋敷
    山河

    ●和光同塵(64頁)
    和光同塵とは、老子の言葉である。ソノ光ヲ和ラゲテソノ塵ヲ同ウス。光とは自分の知徳のことである。知徳がありながら俗世間(塵)にまじっている、という意味
    ●蔵六の予言(135頁)
    蔵六が想像しているところでは、イギリスが中国でやったアヘン戦争のようなことが日本でもおこるだろう。列強の兵が攻めてきて、長崎、博多、下関、大坂というようなところを開港地として租借しようとするだろう。日本人は戦わねばならないが、戦いは武士だけではできない。おそらく大きな社会変動が起こり、士農工商は一つになるに違いない。
    ●嘱託(156頁)
    後年、彼の故郷の長州藩が彼を貰いにきたとき、宇和島藩が簡単に手放したのは、嘱託であったからである。さらに彼が長州藩の士分階級に編入されたのは、すでに宇和島藩の手で「士分」になっていたからであった。
    ●維新(159頁)
    日本人を駆りたてて維新を成立せしめたのは、江戸湾頭でペリーの蒸気軍艦を見たときの衝撃である
    ●やること(178頁)
    蔵六にいわせると、まず作りあげてみることであった。作ってうかべて動かしてみれ... 続きを読む

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    周防の村医から一転して討幕軍の総司令官となり、維新の渦中で非業の死をとげたわが国近代兵制の創始者大村益次郎の波瀾の生涯を描く長編。動乱への胎動をはじめた時世をよそに、緒方洪庵の適塾で蘭学の修養を積んでいた村田蔵六(のちの大村益次郎)は、時代の求めるままに蘭学の才能を買われ、宇和島藩から幕府、そして郷里の長州藩へととりたてられ、歴史の激流にのめりこんでゆく。

    【キーワード】
    文庫・歴史小説


    +++1

  • 戊辰戦争時の長州司令官・村田蔵六(大村益次郎)の物語。感情など人間的で不確定な要素を排し、事実や理論だけを拠り所にする蔵六の極端な描き方が面白い。時代遅れの悪習になり下がり装飾化した武士道が、蔵六の実在的運用によって打ち払われていく様も痛快。

  • 幕末期に生きた村田蔵六、のちの大村益次郎の生涯を書いた作品である。
    長州の村医者の息子として生まれた蔵六は、のちに蘭(医)学を学ぶために緒方洪庵の適塾に入塾する。優秀な彼はやがて宇和島藩に雇われ、軍艦を作るように命じられる。彼はそこで期待通りの働きをし、シーボルトの娘であるイネと運命的な出会いをする。彼女とは正式に結ばれることはなかったものの、生涯を通じてわかりあうことのできるよき友人(この作品においては恋人でもある)となる。
    その後、蔵六は幕府に旗本待遇で雇われるものの、彼は故郷の長州に仕えたいという思いが強く、桂小五郎の推薦もあって望みどおり長州藩士になった。さらに蔵六が訳した書物を読み、その軍事的才能を見抜いた桂の口ぞえによって抜擢され、稀有な天才軍師としてのちの官軍を率いていくのである。
    しかし、言葉の足りない偏屈な性格のため人に憎まれることも多く、明治6年、逆恨みをした海江田信義の手のものによって暗殺されてしまう。

    蔵六の、無私であることと、自分は技術屋でしかないと自覚している人となりに、魅力を感じた。おべんちゃらなどを言わず、人に誤解されてもかまわないという姿勢は、人間関係においては損である。しかし不器用な彼であるからこそ、政治的機微にすぐれながらも駆け引きに疲れていた桂小五郎のようなに人たちに愛されたのだろう。

    それにしても、桂小五郎という人の役割は面白い。
    作者は桂小五郎の生涯を長編にしたことはない。桂の性格は、小説的素材としてみるとあまり面白くはないのかもしれないが、幕末史における役割は大きい。派手に表には出なかったが、その優秀な政治家としての才能、たとえば小回りのきく柔軟性や危機への敏感さ、そして人の才能を見分ける能力なくしては、その後の長州はなかっただろう。
    その彼が蔵六の中の軍事的才能を認めたのが、不思議である。それまでの蔵六の働きから、医者や蘭学者としての能力ならばわかる。しかし実戦に出たことのない蔵六にどうして軍師の才能があることがわかったのだろうか。
    作者は、蔵六の訳した書物などを見て、彼が軍事的なことを理解していると見抜いたのではないかと述べている。会ったこともない勝海舟も、蔵六が訳した本を読んだだけで「村田がいたらかなわない」と言ったとか。すごい人たちがいたものだ。

    桂はこの偏屈な男をとても愛していた。蔵六の暗殺を心配し、何度も注意を促す手紙を出した場面はとても悲しい。
    権謀術数あふれかえる魑魅魍魎とした政治界において、蔵六のように嘘のつけない無私の男は、清清しく感じられたことだろう。

  • 村田蔵六の技術者としての生き方は考えさせられる。

  • 「世に棲む日日」の読書感想文を書いたら勧められたのが「花神」でした。大村益次郎と桂小五郎という組み合わせに最初からわくわくしていましたが、上巻ではまだ出会ったところなのでこの二人に関してはこれからに期待したいです。それ以上に上巻の医学や蘭学についての描写に心躍りました。元々蘭学の変遷に興味があったというのも大きいのですが、蔵六の人生を通して変遷していく学問の大きなうねりに、そしてこの時代の学問に対する追求心には頭が上がりません。個人的には村田さんの性格がすごくチャーミングに思えて仕方がありませんでした。

  • 大村益次郎という人。これ読むまでは存じ上げませなんだ。後の世に軍神として崇められるなんてご本人が知ったらねぇ…。
    幕末好きにはおもしろい本でした。

  • かっこいいよね村田蔵六

  • 二十数年前に読んだ本を引っ張り出して読んだけど、やはり良いな。 村田蔵六、大村益次郎の幕末の活躍は今テレビで話題の吉田松陰時代で元気があふれている時代は面白い。
    まだまだ中下、と有るのでどうなるか。 もう全く覚えていないので初めて読んだのと同じです。

  • 周防の村医から倒幕軍総司令官になり、明治に我が国の近代兵制創始者となった大村益次郎の生涯を描いた作品。初めて読んだが、とても面白かった。適塾の緒方洪庵や福沢諭吉が登場する。適塾で蘭学の修養を深め、その蘭学の才で宇和島藩で士分に取り立てられ、幕府の教授にまで登りつめる。さらに長州藩に取り立てられ、師匠の緒方洪庵が亡くなったところで上巻は終了。明治維新回天はこの人の活躍を見逃せないので、今後も楽しみです。

  • 主人公である村田蔵六と彼を取り巻く人々の様子が生き生きと描かれている。適塾の師である緒方洪庵、シーボルトの娘イネ、イネの保護者である二宮敬作、適塾の後輩にあたる福沢諭吉など。各人物の気質、性格と蔵六との関係が細やかに説明されていてとても面白い。

    特に印象的だったのは宇和島藩時代のエピソード。藩主伊達宗城の命で蒸気機関を造った嘉蔵と接するくだりだ。

    身分の低いちょうちん張りの男が、何の知識もないところから、自分の経験と想像力だけで蒸気機関のもとになるカラクリを造った。それを目にした蔵六がこう思う。以下引用する。


    “蔵六がむしょうに腹が立ってきたのは、これに驚嘆したあとだった。嘉蔵がヨーロッパにうまれておればりっぱに大学教授をつとめているであろう。それを思えば、嘉蔵の身分のあわれさもさることながら、もっと大きいものへの腹立ちを感じたのである。”


    幕末、名を残した人々の活動の根底には必ずこうした思いがあるように感じる。後に倒幕軍の総司令官となる大村益次郎のやはり原点がこのあたりにあるのではないかと思う。

  • 大河ドラマの原作

  • 上中下、まとめると長くなりそうなので1つずつ雑記。
    大村益次郎、小6の時に市図書館で借りた伝記の表紙にあるおでこがぽこっとでた似顔絵は強烈に印象に残った。記憶力が悪く、中身については何ら覚えていないが、その顔だけは脳裏に焼き付いている。
    その印象からして、司馬遼太郎が描く超合理的で融通が利かない、決して頑固という訳ではなく、政治とか対人関係とか世俗的なものを超越した変人的な態度は想像がつく。

    医者として蘭学を学び、翻訳家となり、適塾から宇和島藩、幕府、長州藩と転々とするのが上巻。
    「日本人が新しい文明の型をみたときにうける衝撃の大きさと深さは、とうてい他民族には理解できないだろう」「この時代の日本人の知識欲の強さはおそらく、世界史的な驚異」
    「日本人は江戸時代、漢文を学んだが、しかし骨の髄まで儒教化したのではなく、漢文はあくまで中国という文明世界を見たり自分の文明をつくるための道具であった。この点、土を耕すためのスキやクワとかわらない。ところが幕末になってオランダ語がそれにかわる勢いになり、維新後、漢学は官民総掛かりで捨ててしまった。退化改心以来千数百年世話になった漢学というものを古ワラジのように捨ててしまって、しかも長年の大恩に感謝するわけでもない」
    医学、軍事学という西欧の知識を、まさに道具として学び、取り入れて実践した。村田蔵六はそんな学者、というより技術者であり、それ以上は思想家でも開明家でも革命家でもない。社会が激動する中、世に出ることもなく、革命の最終段階での出番を待つように、ただ淡々と力を蓄えている蔵六の態度が際立っている。
    シーボルトの娘・イネと、二宮敬作ら長崎、宇和島の関係者がたびたび登場するのは何か懐かしい気分になる。同じ適塾を出ていながら、大島圭介や福沢諭吉とは進む道が大きく異なる。

全153件中 1 - 25件を表示

花神〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

花神〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花神〈上〉 (新潮文庫)の作品紹介

周防の村医から一転して討幕軍の総司令官となり、維新の渦中で非業の死をとげたわが国近代兵制の創始者大村益次郎の波瀾の生涯を描く長編。動乱への胎動をはじめた時世をよそに、緒方洪庵の適塾で蘭学の修養を積んでいた村田蔵六(のちの大村益次郎)は、時代の求めるままに蘭学の才能を買われ、宇和島藩から幕府、そして郷里の長州藩へととりたてられ、歴史の激流にのめりこんでゆく。

花神〈上〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする