果心居士の幻術 (新潮文庫)

  • 452人登録
  • 3.29評価
    • (17)
    • (30)
    • (106)
    • (14)
    • (1)
  • 33レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 新潮社 (1977年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101152233

果心居士の幻術 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 国盗と言う位置ゲームに現れた果心居士と言う歴史上の人物に関心を持ち、確か司馬遼太郎さんが書いていたと思い出し本屋で探しました。異色作を集めた短編集です。

    果心居士の幻術、飛び加藤は、何も超能力を持つ忍者、または婆羅門の幻術士。前者は秀吉(和州大峰山の修験者 玄嵬)に、後者は武田信玄に殺される。

    壬生狂言の夜は、新選組隊士、柔術師範頭松原忠司の心中の物語。惚れた女の亭主を暗殺し、助ける風情でその女を我が物とする。女もそれを察しながらその外道の愛を入れる。凡そ人の道の外にその心中が成る。

    八咫烏は人の名前である。大和朝廷成立前、海族(わだつみ)と出雲族の混血児が、その二つの種族(歴史の流れ)の葛藤と統一に立ち会う瞬間を描いている。初めての混血故に、どちらの社会にも属せず、その埒外から人間を俯瞰する。

    朱盗は藤原広嗣の太宰府におけるクーデター未遂と、異形の人間、穴蛙の出会い。百済の移民の子孫で太宰府郊外に住み、親子三代の事業として貴人墳墓の朱の盗掘の為に生きている。個人は消滅し種族の生命を生き、結果、穴蛙は人の歴史の埒外に呼吸している。

    牛黄加持は若き法師義朗を主人公とする。醍醐理性院の賢覚僧都のもと真言密教の法義を学ぶ。俗世の外に生きる努力と、その為故の人の俗性の強調をそこに見る。

    山崎正和氏の君子が怪力乱神を語るときー と言う解説に全作品をつなげて腑に落ちる見方を学ぶ。(それ程うがってつなげる必要もないが。)

    全て人としての歴史の時間の、外に生きるしか無かったもの、その業により出てしまったもの、出自により出されてしまったもの、その中を知らないもの、出る為にあがいているもの。

    司馬遼太郎氏自身が歴史、完結している人生を俯瞰する所行を続けるが故に、時に自身を歴史の部外者と感じぜずにいられなくなる、その辛さが耐え難く嵩じた時に、歴史の支配する世界の外へと失踪する。失踪せざるを得なく成る。その隠れ家としての歴史の外に生きた異形異能の人々の修羅場。

    以前から常々思うこと。司馬遼太郎さんはスケベであると。人間のその本能と業はとても深いものであるという事?それを認めているということ?不思議な横の感想です。

  • ファンタジー小説のように受け取りました。

  • 028

  •  昭和30年代に書かれた作品もちらほら。

     果心居士や飛び加藤など、どこかで聞いてうろ覚えの歴史の人物の物語。または無名の人たちのお話。

     そういう人たちのことを語った後、ふいに読んでいる人を現代に引き戻して、ひらりと話を終えるような短編がありますが、そういう軽やかなところ、読後感が好きです。

  • ・果心居士の幻術
    信長の時代
    松永弾正小弼久秀の使われ者「悪人の手伝いをしたい」
    天竺人と倭人との混血
    婆羅門教

    ・飛び加藤
    忍者
    五尺にみたぬ小男
    永江四郎左衛門が連れてきたが上杉謙信は召抱えず

    ・壬生狂言の夜
    新撰組=壬生浪
    土方歳三(副長)が松原忠司を暗殺する

    ・八咫烏
    海族×出雲族の混血
    海族としての精神×出雲族の心&体&顔
    比叡山麓の御生山「御影神社」(京福電鉄三宅八幡駅)

    ・朱盗
    死者の腐敗を防ぐために棺に詰められている唐渡りの朱を盗む
    大宰府ノ少弐藤原広嗣
    扶余の大将軍

    ・牛黄加持
    牛黄=牛の病塊
    牛の角、肝臓、胆嚢、心臓に生ずる肉腫or癌
    肝 黄=死牛からとったもの
    角中黄=殺した牛の角からとったもの
    生 黄=生牛から得るもの
    生黄は医薬の中でももっとも高貴なもの、1匁(3.75g)あたり黄金数十倍、服用すれば死者すらよみがえる!

  •  歴史文献を参考資料に不可思議な妖使いの話しや、日本建国の神話などバリエーション豊富な短編集。

  • 深い意味。

  • 神話化された戦国、幕末、はたまた建国の伝説を、生身の人間あるいは俗物の話に帰す短編。

  • 「飛び加藤」っていう名前がたまんない。
    でもなんか気味の悪い話も結構あったなあ。

  • 初期の短編集。飛びの加藤が良かった。司馬遼の忍術、妖術使いの話はハマる時はハマります。

全33件中 1 - 10件を表示

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
司馬 遼太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

果心居士の幻術 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

果心居士の幻術 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

果心居士の幻術 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする