風神の門 (上) (新潮文庫)

  • 1191人登録
  • 3.76評価
    • (114)
    • (156)
    • (215)
    • (8)
    • (0)
  • 110レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 新潮社 (1987年12月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101152349

風神の門 (上) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幸村の人物に惹かれていく才蔵の様子や、それを見守る佐助、彼らを取り巻く女性たち。これらの人物がいきいきとえがかれていて、まさに活劇という作品。個人的に穴山小助が好きなので、彼の描かれ方にぐっときた。

  • 若い頃の司馬遼太郎さんによる、講壇「真田十勇士」。
    主役は、霧隠才蔵。
    虚実のあわいを楽しむ。
    それにしても、女性にもてすぎ!?

  • 幸村の人物に惹かれていく才蔵の様子や、それを見守る佐助、彼らを取り巻く女性たち。これらの人物がいきいきとえがかれていて、まさに活劇という作品

  • 真田幸村!!かっこいい!!

  • 才蔵かっこいいなぁ。もてるなぁ。
    伊賀忍者と甲賀忍者の違い・・なんかすてきだよ、両方。

    早く下巻読みたい!!

  • 上下巻読了。同じく忍者モノの「梟の城」も面白かったが、こちらも一気読み。

  • ★評価は読了後に。多分忍者もの、つまりは初期作品であろうから初読でしょう。
    本当は大河つながりで『城塞』を読もうかと思ったのだが、揃えられずひとまずこちらをチョイス。
    自説披露の司馬遼節の萌芽が見て取れるが、本作は基本はストーリー展開と人物造形という所謂王道路線。それ故なのか、この作家独自という色はあまりない。厳しく言えば忘れ去られるな、という感じを否定しきれない。
    何せ忍びの悲哀というか、この作家、機微とは一番縁遠い所にいる気がするし。男女関係の描写なんて、正直苦笑ものですからなぁ。

  • 司馬遼太郎を読むのは久しぶりです。

    あの時代のことをほとんど知らないし、忍者のことも知らなすぎて友人の話についていけず、読むことに。
    才蔵が佐助とともに豊臣方につくのかーってことも知らなかったです。というか、伊賀忍者って徳川方だと思ってましたんで。

    昭和の時代小説、司馬遼太郎らしい文体であり作品であると感じます。

    高校生あたりの頃は司馬遼太郎もえろしょうせつの分類に入るかと誰にも言えなかったのですが(ピュア)、なんとも思わなくなった自分は大人になったもんだと関係のないことを考えたりしておりました。

    さあて、下巻買ってくるか!

  • 20160716〜0718 伊賀の忍者、霧隠才蔵の活躍を描いた時代小説。しかも美女にもてまくり

  • 忍者カッコイイ

全110件中 1 - 10件を表示

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

風神の門 (上) (新潮文庫)に関連する談話室の質問

風神の門 (上) (新潮文庫)に関連するまとめ

風神の門 (上) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

風神の門 (上) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風神の門 (上) (新潮文庫)のKindle版

ツイートする