覇王の家〈下〉 (新潮文庫)

  • 718人登録
  • 3.54評価
    • (39)
    • (86)
    • (138)
    • (12)
    • (1)
  • 55レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 新潮社 (2002年4月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101152394

覇王の家〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 家康が秀吉と対決しなくてはいけなくなってから。

    上巻ほど苦戦せずに読み終わりました。
    おそらくほとんどが小牧・長久手の戦いなので、誰がどこの国の人か、人間関係が分かりやすかった為と思われます。

    江戸270年の歴史を始めた人の割にはどんな人か知らないなぁ、と思って読み始めたのですが、なるほど割と地味でケチな人だったようです。
    でも人の扱いというか、計算が上手い人だったというのはよく分かりました。
    司馬遼太郎さんの解釈ではあるのかもしれないですが、家康の性格やその時代、時期の情勢が分かりやすくて面白かったです。

    家康、秀吉など、やはり何かを極める人というのは、ちょっと変な人なのですかね。。

  • 小牧長久手の戦いをえがいたあと、
    晩年の話に飛び、終結。

    石川数正の話が面白かった。
    秀吉が(―数正なら蕩せる。)と思っていたのにぐっと来た。
    しかし、秀吉の元に奔っても、栄転しなかった数正が悲しい。

    『功名が辻』を読んだ時にも思ったが、
    今回も少しだけ言及されただけだけど、
    司馬遼太郎さんは蒲生氏郷が好きなんだな、と思う。

    家康に上洛せよと促す、秀吉の外交の使者、
    織田長益、滝川雄利、土方雄久が三河から戻り、
    織田信雄とともに秀吉に結果を報告するため夜急ぎ参り、
    起きるともわからない秀吉を待つため、
    寝所のそばで忠誠心を示すがごとく控えている様子が面白かった。
    控えているとき、織田長益だけは退屈しておらず、
    「欄間を見あげては、その透かし彫りについての講釈を
    滝川雄利を相手にやっていた。」という描写があった。

  • 戦国時代の混沌の中から「覇王の家」を築き上げた家康の、勝者の条件とはいったい何だったのか……。小牧・長久手の戦いで、時の覇者秀吉を事実上破った徳川家康。その原動力は、三河武士団という忠誠心の異常に強い集団の存在にあった。信長や秀吉とは異なる家康の捕らえがたい性格を、三河の風土の中に探り、徳川三百年の精神的支柱を明かしつつ、日本人の民族性の謎にまで迫る。

  • 感想は上巻にて。

  •  かれは自分という存在を若いころから抽象化し、自然人というよりも法人であるかのように規定し、いかなる場合でも自己を一種放下したかたちで外界を見、判断し、動いてきたし、自分の健康についてもまるでそれが客観物であるかのように管理し、あたえるべき指示をかれ自身がかれの体に冷静にあたえてきた。家康の深奥に秘密があるとすればこのことであり、かれの一代はこのことから成立しているといってよく、さらにはどうみても英傑の風姿をもたず、外貌も日常もそして才能もごく尋常な人物でしかないこの男が、その深部においてきわだって尋常人と異なっているところはこの一点であり、この一点しかなかった。

  • 戦国時代の混沌の中から「覇王の家」を築き上げた家康の、勝者の条件とはいったい何だったのか…。小牧・長久手の戦いで、時の覇者秀吉を事実上破った徳川家康。その原動力は、三河武士団という忠誠心の異常に強い集団の存在にあった。信長や秀吉とは異なる家康の捕らえがたい性格を、三河の風土の中に探り、徳川三百年の精神的支柱を明かしつつ、日本人の民族性の謎にまで迫る。

  • なぜか関ヶ原は思いっきり飛ばされているけど、家康が死ぬまでが書かれている。
    あらためて思ったのは個人の性格・能力はその環境から作られるもので、組織の性格・能力も個人の集合により作られるもので、その性格・能力は土壌となって未来に受け継がれていくものだということ。
    やっぱり歴史はおもしろい。

  • 家康の物語

    家康は模倣を好み、独創を嫌う
    武田を畏怖し模倣し小牧長久手を戦い
    秀吉を模倣し関ヶ原を戦う

    健康家で吝嗇家
    夜伽が無い日が無いほど好色家だが漁食はしない
    梅毒を避けるために娼婦もとらない

    部下を罰さない
    若い頃に散々負けている

    凡人は天才を模倣すればいい

    人の話は全身を耳して聞く。
    どんな愚論も辛抱強く聞いた。

  • 徳川家康が盤石な江戸幕府を築くまでの道のりを描く。下巻は、後の家康の立場を作ったと言える、豊臣秀吉と対決した小牧長久手の戦いを中心に入念にたどっている。
    あとがきでは、日本人の民族的性格が江戸時代を通じて矮小化された理由を、徳川家の極端な自己保存の神経に過敏な性格から出ている、としている。

  • 司馬遼太郎の描く徳川家康。日本人の悪い所は家康のせいが大きい、そう思えるところがある。それがわかった。


     家康が他人の顔色を伺うのが巧かったから、今の日本人の美徳は空気を読むことになったのかもしれない。
     家康の経済感覚が農本主義だったから、今の日本人は近代化の精神がなかなか育たないのかもしれない。
     家康の性格がケチかったから、今の日本人も節約好きで、蓄財家なのかもしれない。
     家康の感性が「客観的」だったから、今の日本人は規範意識が非常に高い民族になれているのかもしれない。


     後世の日本人にこれだけの影響を与えている。死んでもなお自分の人間性が社会に影響を与える。本当に神のようだな。それは家康を崇拝し尽した秀忠と家光のおかげというところもあるのだろうが…

     これほど家康の影響を受けた日本という国家。それがすでにもう、「覇王の家」なのであろう。日本は徳川家の領域内から抜け出せない。アイデンティティに組み込まれているってすごいいいいいい!!!!


     それだけ日本人にとって江戸時代という歴史は偉大なものだということだろう。まぁ、国民全体に教育が施されるようになったのもこの江戸時代から出し、日本全体が一つにまとまったのもこの時代からだからな。
     やっぱり家康は偉大な、偉大な人物だ。器の小さい、小さな巨人だな。

全55件中 1 - 10件を表示

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
司馬 遼太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

覇王の家〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

覇王の家〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

覇王の家〈下〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする