峠 (中巻) (新潮文庫)

  • 1237人登録
  • 4.06評価
    • (196)
    • (149)
    • (157)
    • (3)
    • (1)
  • 64レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 新潮社 (2003年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (571ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101152417

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
司馬 遼太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

峠 (中巻) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 印象的だった箇所

    なにごとかをするということは、結局はなにかに害をあたえるというとだ
    何者かに害をあたえる勇気のない者に善事ができるはずがない
    (207頁)

    あと、継之助と福沢諭吉のやりとりは刺激的で面白い。普段使っている熟語(自由とか権利とか演説とか)を福沢諭吉が苦心して案出したというのも新鮮だった。

  • 独立に向けて、継之助が準備を進めている様子かな。大政奉還あたりかな?

  • 河井継之助。良運さん、スネル、ガットリング砲、大政奉還、福地源一郎、福沢諭吉。私は越後長岡藩の家老であるというだけで人の世に存在している。

  • 少しずつ事が起こってくる中巻。もちろん星5つの面白さだったのですが、上巻と同じ感想も書けないし、上巻ってどんな感想書いたっけ・・・と読み返すと、めっちゃいいこと書いてる、わたし(笑)上巻の感想にすでにこの小説の全てが書いてある気がする。中巻に起こったいちばんの事は、大政奉還。今まで読んだ小説、見たドラマでは、慶喜ってあまり良く描かれてなかったけど、司馬遼太郎さんの認識としては割と名君なのね。まあ、「無血」がいちばん素晴らしいと今の私の感覚だとそう思うし、だからこそ「血が足りない」と最後へんな方向に走った西郷はちょっと違うとも思う。(うけうり)そう考えると、長岡藩、河井継之助が選んだ道は正しかったのか否か。「家を守る」ことも大事だが、それにとらわれず「民が死なないか、苦しまないか」を考えることも大事。さて下巻、どうなるのでしょう。

  • 歴史に疎い自分でも聞いたことのある人物が次々と登場し、尊皇攘夷論や、大政奉還について改めて認識しつつ、幕末の情勢に鋭い見地を向ける経之助の行動力、に目を見張る。
    名言が端々にあり、再読して自分のものにしたいですが、とりあえずは下巻を読んだ後に。

  • 登場人物や出来事が
    複雑になる流れで
    なかなかストーリーについていけず
    読み進めるのが遅くなってしまった。

    ほんの数年の間に
    これだけの激動の中を駆け抜け
    動じることなく進んでいく姿は
    本当に強く、一貫性があり、
    奇跡的な足跡となっている。
    新しい時代を見据えて、
    時代の間にありながら、
    迷わず武士としてのあり方を選ぶ。
    スピードがある中に
    暖かみや優しさも感じられるように描かれていて、どんどん惹かれていってしまう。

    150816

  • 考える力のない人ばかりの時代で、考える力があった人の物語。戊辰戦争がはじまって、河井継之助は走り回る!男よ、走れ!


     幕末の偉人たちがみんな顔見知りで楽しい。司馬先生の幕末物語は、登場人物が連関していて、「お、この物語でもこいつは登場するんだな。」ってなって楽しい。

    ____
    p45  目明しへの給与
     江戸時代、奉行所の与力は人員不足で、それを補うために岡っ引きや目明しなどの元犯罪者を協力者として使用していた。しかし、そんな連中に税金で給料を払うわけにいかないので、彼らが賭博場で儲けるのに目をつぶるという形で共依存の関係を持っていた。しかし、継之助はとばく場を廃止するために目明しにも給料を払い、公式の警吏にした。画期的な政策をした。

    p50 越後分割
     家康は越後という土地を一大名に封じれば、かつての上杉謙信のような強大な大名が出る可能性を恐れた。それゆえに越前・越中・越後と細分した。

    p120 交代中止
     井伊直弼の後に幕政を継いだ松平春嶽は、参勤交代と大名妻子の江戸住まいを中止させた。「意的に侵略をうけるかもしれないという時代に大名の力を疲弊させるのは国力の低下でしかない。」という理屈だったが、その結果、薩長ら反幕勢力が盛り上がり倒幕に至った。この春嶽の政策が実質、幕府の命脈を断った。

    p122 灯の消えた江戸
     参勤交代の中止・藩邸の撤退、これらが行われた100万都市江戸は人口がほぼ半減した。それほど江戸という都市は士族で支えられていた。武士が集まるから消費が生まれ、商人が集まり、文化が華やいだ。
     士族のいなくなった江戸は灯が消えたようだった。

    p127 刀とは
     江戸時代になると「刀は武士の魂」だった。しかし、元を辿って戦国時代「刀は道具」だった。戦には刀を三本持参し、刃こぼれを治すために砥石も携帯した。刀は武士の独占物ではなく、農民が自衛のために持つこともあった。
     しかし、豊臣から徳川の時代を経て武士のナルシシズムが純化され、侍の道徳とか倫理にまで変質した。
     継之助は「刀は道具だろう」と観れる合理的精神を持っていた。

    p167 新潟湾
     新潟港は在来シナ人の密貿易の大交易地だった。

    p207 空想家
     「何事かを成すということは、結局は何かに害を与えるということだ」と継之助は言う。みんなのためになる、誰も損はしない、ということは空想家の考えることであり、ほら吹きであり、結局何もしない。

    p224 日章旗
     幕府が安政条約(日米和親条約)で外交を始めるようになったとき、国際航法上、国旗を決めなければならず、島津斉彬が日章旗を選んだ。

    p258 生は道具
     陽明学の基本思想である。生は生のためにあるのではなく、事を成すための道具の一つに過ぎない。そう考える人間こそ、良い仕事をする人間である。

    p270 浪人の使い方
     薩長らの倒幕主義者たちにとって何より必要なのが大義名分であった。喧嘩は殴られなければ始められないのである。しかし、いくら嫌がらせをしても慶喜は挑発に乗ってこない。そこで、この頃多数湧いて出た浪人を江戸で暴れさせて、幕府に武力行使させようとした。

    p282 浄いだけの神
     天皇は浄いだけの存在である。人を救うだけの力もなければ、国家を統治するだけの力もない。無いから存在価値があるのである。しかし、倒幕主義者はそれを犯して、天皇家に政治参加させようとしている。そう継之助は感じとり、異を唱えた。

    p313 ランドセル
     ランドセルって背嚢のことで、軍事物資なんだよな。そんなものをほとんどすべての小学生に持たせている日本の慣習ってすごいよな。左翼どうしたって感じ。

    p328 裏切り
     藤堂藩の寝返り... 続きを読む

  • レビューは下巻にて

  • 峠(上)のレビューご参照。

  • 長岡藩の中立を守るために河井継之助の果たした役割は素晴らしい。中巻は長岡藩を近代化するための布石をうっている様を描いている。

  • レビューは最終巻にて。

  • なにごとかをするということは、結局なにかに害をあたえるということだ。

  • 人は立場で生きている
    継之助が長岡藩の家老となり、藩の改革をはじめる。福沢諭吉との対談シーンが面白く、時代の先を見る力がありながらも藩存続のために行動する継之助の哲学に引き込まれる。

  • 長岡藩の重職に就き、家老にまでなって藩政改革を進める。
    ひとつひとつ制度改革を行いながら、富国強兵に努めるさまと
    時代が変わる、大政奉還~鳥羽伏見~大坂から江戸へを
    河井継之助の視点でみると、今まで読んだ本とはまた違った
    幕末の様子が見えてきた。

  • 西郷・大久保や勝海舟らのような大衆の英雄の蔭にあって、一般にはあまり知られていない幕末の英傑河井継乃助。
    維新史上最も壮烈な北越戦争に散った最後の武士の生涯を描く長編小説。

  • 内容紹介
    幕府にも官軍にも与せず小藩の中正独立を守ろうとした男の信念!

    旅から帰った河井継之助は、長岡藩に戻って重職に就き、洋式の新しい銃器を購入して富国強兵に努めるなど藩政改革に乗り出す。ちょうどそのとき、京から大政奉還の報せが届いた。家康の幕将だった牧野家の節を守るため上方に参りたいという藩主の意向を汲んだ河井は、そのお供をし、多数の藩士を従えて京へ向う。風雲急を告げるなか、一藩士だった彼は家老に抜擢されることになった。

  • 藩のためでも徳川のためでもない、長岡に新たなオルタナティブをつくろうぜおい!と、熱いロックンロール魂を内に秘めている河井継之助。
    譜代の一家老という立場からのジレンマ・哲学的思考の巡らし方・ハンパじゃない行動力が、ストーリー以上の大きなうねりとなって心に響くのである。

    どっちかというと福沢諭吉のほうにシンパシー感じるのが正直なところだが、捨てきれないものを抱えながらほふく前進していく継之助の泥臭さのほうが、多くの人にとって魅力的に映るのでしょう。

    予備知識ゼロで読んでるが、 パイオニア・先行者は粛清されるというセオリーからも、なんとなく悲壮な最期を遂げるんじゃないでしょうか。
    内田樹が言うには、生き延びる力とは、集団をひとつにまとめる力とのこと。そのあたり下巻でどう描かれるのか(描かれないかもしれんが)楽しみである。

    はじめての司馬遼太郎。いいテンションを保ちながらいよいよ最終巻へ。

  • 自分は家老の器だ、と言い切り、そうさせてしまうほどの力をどのようにつけるのかを知りたい。
    藩を動かすのに血も家もあるかい、とばかりに自信を持って他者にあたり説き伏せるその力は極めて痛快である。

  • 上巻では余り大きな起伏もない河井継之助の前半生を描き、そしてこの中巻では継之助の歴史がいよいよ動き始める。
    長岡藩で予期していた通りに重職に就き、藩政改革に取り組む。そして慶喜の大政奉還、藩主の意向で風雲急を告げる京都へ。
    その後家老に抜擢された継之助は、長岡藩の存続を考えながら彼の幕末が始まる。下巻が楽しみだ!

  • 長岡市に先月より駐在。
    冬の越後が、大雪に埋れた忍耐強い精神が
    長岡藩、河井継之助を育んだことを実感。

  • まだ、読んでいる途中なので、書評はこれから。
    司馬さんの主人公の中でも、ひときわ骨太な予感が漂っています。

  • 平成25年4月10日読了。

  • だんだん盛り上がってきた感じです。長岡藩はこの先どうなるんでしょうか。

全64件中 1 - 25件を表示

峠 (中巻) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

峠 (中巻) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

峠 (中巻) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

峠 (中巻) (新潮文庫)のKindle版

ツイートする