司馬遼太郎が考えたこと〈6〉エッセイ1972.4~1973.2 (新潮文庫)

  • 61人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (5)
    • (16)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 新潮社 (2005年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (489ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101152486

司馬遼太郎が考えたこと〈6〉エッセイ1972.4~1973.2 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 17/11/10読了

  • 玉石混交という感じの作品集。司馬翁の雑多な文章を時系列で並べただけという本だから致し方ない。
    ただ、「人間が神になる話」「権力の神聖装飾」「ゴッホの天才性」「見廻組のこと」「馬齢と犬齢と猿」あたりは非常に興味深い話だった。
    あと、いくつかの作品の中に司馬翁の戦争観がにじんでいて参考になる。

  •  他の巻にも、ちょいちょい出てくる、旧日本軍の戦車の話は、本当に面白い。

  • 09.2.15

  • 物事に対する視点、切り口は流石の一語に尽きる。

  • 買った本。
    同時期に書いた司馬さんの文章を寄せ集めたもの。一つ一つは良い文章だが、本としてまとまりが無いように感じる。坂の上の雲を書き終えた時点のようで、それに付随して戦争の話が多い。

全6件中 1 - 6件を表示

司馬遼太郎の作品

司馬遼太郎が考えたこと〈6〉エッセイ1972.4~1973.2 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

司馬遼太郎が考えたこと〈6〉エッセイ1972.4~1973.2 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

司馬遼太郎が考えたこと〈6〉エッセイ1972.4~1973.2 (新潮文庫)の作品紹介

'72年7月、田中角栄が総理に就任。国中が列島改造ブームに沸くが、これは地価高騰とインフレを促進する結果となった。このころ司馬遼太郎は『花神』を刊行。'73年、『国盗り物語』がNHK大河ドラマになり、「国民作家」の名が定着する。この巻は連載完結の感慨を綴る「『坂の上の雲』を書き終えて」の他、戦争時代の体験から日本の奇妙さに思いを馳せる「戦車の壁の中で」など39篇を収録。

司馬遼太郎が考えたこと〈6〉エッセイ1972.4~1973.2 (新潮文庫)はこんな本です

司馬遼太郎が考えたこと〈6〉エッセイ1972.4~1973.2 (新潮文庫)の単行本

ツイートする