赤い月〈上〉 (新潮文庫)

  • 177人登録
  • 3.31評価
    • (10)
    • (18)
    • (70)
    • (2)
    • (2)
  • 24レビュー
著者 : なかにし礼
  • 新潮社 (2003年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101154268

赤い月〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <上> 2004.4.26 〜 5.1 読了
    <下> 2004.5.1 〜 9 読了

  • 戦前戦後と、女性として、人間として生きた主人公の物語。奔放な愛に生きるところが魅力的であったが、男性からはあまりおもしろくなかったらしい。たしかに・・・男性視点からは、女性優位でだったからかな。

  • 時は昭和20年。日本の戦況は刻々と悪化していた。本国が苦戦を強いられていても夢の楽園ここ満州は大丈夫だと信じていた日本人たち。ところが日ソ同盟をソ連が破棄したことから満州北部を制圧していた関東軍は一気に撤退を始めていた。一般市民は逃げ惑うばかり。小樽から夢を抱き夫と子どもを連れて満州で酒造業を営んでいた森田勇太郎と妻波子、その子ども達も築いたすべてを投げ打って逃げ出すこととなる。出張中だった勇太郎のためにも子ども達と生き抜かねばと卑劣な手を使っても生き延びようとする波子。その先々には恋する男がいた。波子が生き抜こうとしたのは子どもの為だったのか、それとも愛する男達のためだったのか?

  • 繁栄を夢見て小樽から満州の牡丹江へ渡った波子と夫の勇太郎。一から興した森田酒造は瞬く間に栄華を極めた。ところが勇太郎の出張中に突如終戦を迎え、ソ連軍の侵入と満人の暴動から二人の子どもを守るため、着の身着のままの逃避行が始まった…。
    波子の生へのすさまじい執念と女としての性が非常時の極限状態の中で恐ろしいほどきらめいている。時に波子に向けられる、多感な年頃の長女美咲の侮蔑のまなざしや非難の言葉に対しても、決して顔を背けずに自分の信念を伝えようとする姿が印象的だ。
    満州国とその崩壊、難民、捕虜、の引き揚げ…小説ながらもそしてこれがすべての真実ではないだろうけれども、読んでおいてよかった、そう思う一冊である。

  • なかにし礼の母親がモデルになった作品。満州で製酒業として成功を収めた波子とその一家が、戦争の混乱をしたたかに生き抜く物語。

    子供のため、家族のためにあの手この手で生き抜こうとする波子は東洋版スカーレットともいうような。子供たちのためというとただの賢母になってしまうけど、嫉妬に駆られて家庭教師のエレナを密告したり大杉や氷室にも心惹かれる女の部分もしこたま描かれていて波子という人間がリアルに感じた。

    あとがきに「氷室は実際に存在した」ってあってびびった。しかも彼がいなかったらこの作品は書かれていなかったという・・・。

    面白くて一気に読んでしまったが、内容が内容なだけに重かったー・・。

  • 読破は高校生



    戦争や平和いろいろ考えさせられました

  • もの凄い人生の前半

  • 自伝小説とか
    壮絶ですね、でも2度ほど読み返しました
    DVDも見ましたが
    やはり今の時代は幸せです

  • 06.3.16

  • 戦争末期~戦後の主に満州を舞台にした自伝的小説。
    随所に狂おしい愛と生への渇望が溢れてて、当時高校生な私には一言、凄絶だなと思った。

全24件中 1 - 10件を表示

なかにし礼の作品

赤い月〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

赤い月〈上〉 (新潮文庫)の文庫

赤い月〈上〉 (新潮文庫)の単行本

ツイートする