宮本武蔵〈3〉 (新潮文庫)

  • 117人登録
  • 4.04評価
    • (8)
    • (14)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 吉川英治
  • 新潮社 (2013年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (514ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101154633

宮本武蔵〈3〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ええー あの因縁がここででてくるのー!?という伏線が良い。
    しかし、武蔵以外の話が長くなってきて、若干飽きた…
    佐々木小次郎は鼻高々だし、城太郎はガキだし、お通さんもなんかアレだし。…乙女じゃなくなったからかい?
    朱美のすぐホイホイ男についてっちゃうところもなんかなー。

    平行して読んでる司馬遼太郎の方が…ゲフンゲフン

  • 鎖鎌の宍戸梅軒、京の名門吉岡との対立。そして武蔵を追うお通と朱美。第三巻。

  • 野、山、京都の景色か読むほどに浮かんでくる。読み出したら止まらない面白さ。

  • 複雑に、絡む人間模様。武蔵の武者修行、数奇な出会い、物語を作りあげていく。

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

宮本武蔵〈3〉 (新潮文庫)に関連するまとめ

宮本武蔵〈3〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

宮本武蔵〈3〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

宮本武蔵〈3〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

宮本武蔵〈3〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

宮本武蔵〈3〉 (新潮文庫)の作品紹介

自省と克己に励む手負いの武蔵。その行く手には、過去の因縁から深い怨嗟を秘め抱く鎖鎌使いの宍戸梅軒、一門の名を賭けて復讐を誓う吉岡清十郎、そして吉岡一門きっての荒くれ者・伝七郎ら難敵が、次々に立ちはだかる!孤独に戦う武蔵をめぐる、お通と朱美の恋の行方は――。他方、小次郎になりすました又八は本物の小次郎と対決!?

宮本武蔵〈3〉 (新潮文庫)はこんな本です

宮本武蔵〈3〉 (新潮文庫)の単行本

宮本武蔵〈3〉 (新潮文庫)のKindle版

宮本武蔵〈3〉 (新潮文庫)の文庫

ツイートする