新・平家物語(十四) (新潮文庫)

  • 15人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 吉川英治
  • 新潮社 (2015年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101154831

新・平家物語(十四) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

全3件中 1 - 3件を表示

新・平家物語(十四) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

新・平家物語(十四) (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新・平家物語(十四) (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

新・平家物語(十四) (新潮文庫)の作品紹介

おう、遠いかなたに見ゆるは、大仏殿の焼け跡よな。南都焼き討ちの総大将平重衡は、一ノ谷の合戦で源氏方に捕えられ、都大路を引きまわされた後、鎌倉に送られた。重衡の処遇を北条時政と話し合った頼朝は、重衡の斬罪を急がず、その心を試し、将来に利用するため、伽の女として白拍子の千手の前を与えることに。一方、京の義経は華々しい戦功をたてながら除目の沙汰もなく、依然無位無官のままだった……。重衡と白拍子の儚い交情、義経と頼朝の軋轢を描く第十四巻

新・平家物語(十四) (新潮文庫)はこんな本です

新・平家物語(十四) (新潮文庫)の文庫

新・平家物語(十四) (新潮文庫)のKindle版

ツイートする