新・平家物語(二十) (新潮文庫)

  • 11人登録
  • 4.20評価
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 吉川英治
  • 新潮社 (2015年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101154893

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

新・平家物語(二十) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 戦後復興期に7年続いた週刊誌連載小説の完結編。義経の最期とその後の世上が情感たっぷり描かれる。ラスト、ささやかな「幸せ」を噛み締める麻鳥の言葉がジーンとくる。

全1件中 1 - 1件を表示

新・平家物語(二十) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

新・平家物語(二十) (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新・平家物語(二十) (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

新・平家物語(二十) (新潮文庫)の作品紹介

短くはあれ、義経は、思うざまに生きたぞ。頼朝の追捕の手を逃れ、姿を隠していた義経だったが、若き頃、その身を托していた奥州の藤原秀衡を頼り、平泉に向かうことを決意する。大仏殿勧進のための山伏姿に身をやつした主従は、安宅の関を弁慶の雄弁と機智で通過し、無事平泉にたどり着く。衣川に館を構え、つつましい生活をおくる義経だったが……。義経の逃避行とその最期を描く二十巻。大河歴史小説完結。

新・平家物語(二十) (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする