食卓の情景 (新潮文庫)

  • 796人登録
  • 3.80評価
    • (74)
    • (83)
    • (111)
    • (8)
    • (1)
  • 74レビュー
著者 : 池波正太郎
  • 新潮社 (1980年4月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101156064

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

食卓の情景 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ブクブク交換でいただいた1冊。
    池波さんの“食”へのこだわりがつまっています。

    もうただひたすらに、美味しそうです。

    津々浦々の食べ物と、それにまつわるエピソード。
    結構“やんちゃ”してたのだなぁ、なんて風にも。

    池波さんの著作群からわきたつ“食の匂い”、
    それは実体験から来ているのだなぁ、とも。

    昭和の香りを色濃く感じる、そんな1冊です。

  • 池波正太郎氏の描く食と人間の営みは秀逸です。それは、著者の代表作である『鬼平犯科帳』や『剣客商売』を読めば一目瞭然です。そこには、人間のあくなき食への探求が、実に生き生きと見て取れます。
    この本はよくあるグルメ本ではありません。我が国の伝統的な習俗や気質、はたまた国民性というものが、戦後の急速な発展の中で喪失した、あるいは喪失しつつある事に対して、自身が経験してきた「食」に関する営みを通じて、あくまでもソフトに、さりげなく警鐘を鳴らしているやにも思えます。

  • 池波正太郎の食にまつわるエッセイだ。連載開始は、私が生まれた頃。
    池波正太郎は、中村吉右衛門の主演したドラマ「鬼平犯科帳」が最初の出会い。あのドラマは、時代劇の中で異色の作品で、大好きだった。原作が読みたくなり、読み始めたら、おもしろく、他の小説やエッセイにも手を伸ばしている。

    作者は食通で有名だけど、この作品を書いた頃は、自分では、まだそう思っていないらしい節がある。でも、「食いしん坊」であることはよくわかる。食べ物の描写を読んでいると、涎が出てきそうだ。私もかなりの「食いしん坊」なので、「食いしん坊」を肯定されているようで嬉しい。

    一編に、ロウリングスの「仔鹿物語」の、食べ物の描写について、触れたところがある。戦後、食料が欠乏していた頃に読み、うまそうに描写された「ベーコン」だの「肉まんじゅう」だの、涎が出てきそうな情景に、空腹を癒されるような気がしたのだそうだ。

    そこで、私が子供の頃読んだ「大草原の小さな家」シリーズを思い出した。大好きなお話で、何度も繰り返し読んだものだけど、これも、シリーズを通して、美味しそうな食卓が描写される。決して、裕福な食卓ではないのだけど、「湯気をたてているパン」とか「じゅうじゅう焼けている肉」だの、涎が出そうな気がして、ワクワクしたものだ。

    「メアリー・ポピンズ」シリーズなんかも、食べ物の描写がよかった。子供の頃、よく読んだ本って、その時の情景や、においなんかも含めて、記憶に染みつくような気がする。私は「メアリー・ポピンズ」と聞いただけで、「トーストのにおいのする、ぱりっとしたエプロン」なんてのが、頭に浮かぶ。

  • エッセイをほとんど読んだことのなかった私に、「好きな作家のエッセイは小説と同じように楽しめるものだ」と気づかせてくれた1冊。この本のおかげで、池波氏の他のエッセイから、幸田文、向田邦子らのお気に入り本とも出会うことができました…

    『食卓の情景』には、そのタイトル通り‘食’にまつわる池波氏の体験が詰まっています。個人的な食事から、取材旅行先の食事、幼い頃や戦前・戦後の特殊な事情下の食事…いろいろな時・場面での食事の風景が生き生きと語られていて、本当にその場に立ち会っているように感じられます。

    ‘情景’とあるように、そこにはいつも深い気遣いや感謝の心が存在する。単に腹を満たすだけでは物足りない、料理といっしょにその場の雰囲気も味わってこその食事でなければならない。池波流・食の哲学が、味わいのある文章で読み解けます。

    登場するエピソードを読むにつけ、池波氏の‘食’へのこだわりがよくわかる。小説で描かれる食事の場面が、ああも魅力的な秘密は、ここにある!

  • 初・池波正太郎。
    食エッセイ好きとしては大御所のを読んでおかないと。と思って読む。
    食べ物についてはさることながら、物書きとしての池波正太郎の姿が垣間見れて楽しい。
    短編小説と長編小説の書き方の違いが勉強になった。
    他、
    少年時代の話もあれば、奥さん、老年を迎えた母親とのやりとりも微笑ましい。
    大御所の生活を垣間見た気分になった。

  • 僕は歴史小説を読まないが、御大の作品はこの手の食エッセイしか知らない。が、読む度に御大は食に関するエッセイストとして一流であることを感じる。

    そう思うのは、御大の語り口が、「食を語る」のではなく、「何かを食という存在を通じて語る」いうスタイルであるからだ。過ぎ去りし日本の様子や、戦時中の思い出、今は亡き友人の姿など様々なものがここでは描かれる。当時の日本の文化を後生の人が知るときに、一級の文献的価値がここにはあると思う。

  • いろんな作家のエッセイを読む中で、
    意外と気に入っているのが歴史作家物。
    そこに描かれている場所や時代に、
    幅と深みがあるのが興味深い。
    たとえば司馬遼太郎さんのエッセイは、
    ときに時間をぐんと遡るかと思えば、
    ときに取材で訪れた世界各国のことを記したり、
    読んでいて様々な情景が浮かんできます。

    池波正太郎さんの「食卓の情景」は、
    まさにそんな古今東西の食について
    多彩な視点で描かれたエッセイ。
    昭和48年創刊のこの古い一冊を
    今さらながら読んだのは、
    たまたま知人の事務所の本棚にあったから。
    食にまつわる仕事をしている人だけに、
    そこに並んでいる本は食が中心。
    個人的な興味にストライクな書籍ばかりで、
    その中からお借りしたのがこの一冊でした。

    池波正太郎さんのことを
    それほど知らなかったのですが、
    この方、戦前は株屋で働き、
    戦中は横浜や鳥取で軍務につき、
    戦後は劇作家として活躍した後、
    小説家として風靡したとのこと。
    そんな子ども時代のことから、
    作家として各地を取材で巡ったときの食、
    さらには自身の小説の中で描いたシーンや
    それを描くことになったきっかけなどについて
    回想しながらコラムは進んでいきます。

    劇作家だった時代には京都や大阪でも
    様々な演目をこなしていたようで、
    そこに登場する料理屋の中には
    今なお営業している店がいくつもあって、
    それはそれでまた感慨深い。
    たとえば道頓堀の「大黒」のかやくごはんは、
    雑誌などでもよく取り上げられる名店。
    久しぶりに訪れたくなりました。

    後書きにも記されているように、
    こういう本って何度読んでも楽しめます。
    そのときそのときの自身の環境によって、
    共感を覚える点が異なるし、
    読み過ごしていたことに
    あらためて気付いたりもします。

    手元にあるこの文庫は借り物なので、
    近日中に返却することになりますが、
    買って本棚に並べておくのも悪くないなと
    つくづく感じる、味わい深い一冊でした。

  • 好きな本の一冊。
    作家の食にまつわる本はいつだって好きだけれど、池波先生のおいしいものへの愛情あふれる描写が好き。
    この本に、名古屋、桑名(多度)、あまつさえその流れで自分の地元が出てきたことにはアガった。

  • 2011/05/07:『むかしの味』はお店の紹介がメインですが、こちらは池波さんの食事に絡むエピソードにより重点が置かれています。

  •  三重県の牛広告のおかげで有名になってしまったが、確かに伊賀牛を食べるくだりの描写は実際に食べたことのない肉が口の中に飛び込んでくるかのよう。洋食、和食の壁なく、いろんな物を食してくれるのが楽しい。昭和40年代のちょっとした贅沢が現代では口にするのも難しいという食材も多くあろう。昔を懐かしむ本と同時に自分の食生活も省みさせてくれる。食べ物ばかりの話もあり、食べ物を通じて家庭円満の秘訣の話もあり、最初から最後まで楽しめた。

  • 食べ物の描写がも〜たまらん!著者の目を通して当時の物事や人をみるのもまた可笑しい。

  • 時代小説の名手で食通としても有名な作者の美味しそうなエッセイ。食べ物の話をしながらも、人としての生き方やマナー、時代背景まで楽しめる1冊。
    表紙も作者自身のイラストで改めてすごい人だなあと思えます。

  • こんな旦那さんを持ったら苦労しそうだと思いつつ。
    池波正太郎の食いしん坊っぷり、職人への尊敬のまなざしが、読んでいて楽しい。
    おいしいご飯を食べてる時が1番幸せ。それでいいじゃないかと思えます。

  • 人間誰しも毎日食べる。

    とすれば食い物を単に栄養補給としか考えていない人間はつまらない。

    男は美味しい料理と旨い酒を嗜むべし。

  • 古本屋で100円で買いました。掘り出しもん。
    読んでると池波正太郎って優しいのか亭主関白なのか、グルメなのかどうなのか、判らなくなります(笑)。
    でも、食べることに命をかけてる気がする。

  • 池波正太郎のエッセイを読むと、太る。
    何冊か読み終わり、気が付くと8kg増であった。
    忙しく、ストレスがたまる時期と重なってもいたが
    とにかく、読んでいると生唾がわいてくるので
    何かを食べながら読むと格段に本に集中できるのである。
    その池波氏のこの本で、「芋ノコ汁」という章を
    見つけた。
    東北地方へ四泊五日の講演旅行に出かけた際、二日目に
    大曲市外の田園地帯にあるヘルス・センターに宿泊し
    様々なハプニングが起こる様子が楽しそうに綴られる。
    そして夕飯は、芋ノコ汁。私達が日常的に食べている
    芋ノコ汁を池波氏もたいそう気に入り、3杯もおかわり
    をしている。それが、うれしかった。
    最後に、氏が宿泊したヘルス・センターはいったい
    どこだったのか、今でもあるのだろうか?と思いながらも、探したことは一度も無いのであった。
    ※後日、ここでは?と思う温泉施設に電話をしてみたが、
    経営者が変わり「昔のこと」はわからないとのこと……。

  • 配置場所:2F文庫書架
    請求記号:596||I 34
    資料ID:C0007337

  • 食べ物に関するエッセイ。

    書かれているのがかなり前、なので
    登場している店がまだあるのか、謎です。
    今の、昔の、たくさんの食べ物の話。
    美味しそうですし、どんなものだろう、と想像するのは
    案外楽しかったです。

    一番きになるのは、フレード・ロールナツ。

  • 池波正太郎氏に食に関するエッセー集。自宅で仕事をする氏にとって食事はとても大切なもので、母と妻との同居生活を続ける中で自分の理想の姿に近づけていったらしい。ただ、自宅飯だけでなく、外食や旅先での食事についても経験豊富で感心させられる。少し値が張っても、いい店に行くに限る、ということか。グルメ本ではないものの、行ってみたい店はメモらせてもらった。お盆にリラックスして読むには最適。

  • 池波正太郎は 剣客商売 ではまった。
    その中における 食のシーンが じつに微笑ましい。
    この本の 食に関するエッセイは 
    たしかに 食のシーンが、うまく取り出されている。
    池波正太郎が 何にこだわっているのかが よく見える。

    大正12年生まれ という池波正太郎の 時代的な背景がある。
    ひいおばあちゃんは 摂州尼崎四万石の松平遠江守の奥女中をつとめていた。
    ひいおばあちゃんは 明治維新のことを知っている。
    その経験が 池波正太郎に語られる。

    池波正太郎は、学校を卒業して、株屋の丁稚をして、
    戦争にも行き、税務署員をして。
    どういうわけか 新国劇の脚本と演出もして、
    長谷川伸を 師匠として、小説の仕事を始める。
    子母沢寛に『新選組』のことなどの教示をあおぐ。

    お母さんと妻が同居している中で、どうやって、争いをなくすかと言う
    方法論が 『父権の確立』なんだよね。
    だれが稼いでいるのかという前提のなかで、
    ルールを決め、役割分担をする。

    料理屋のたたずまい、ふるまい、こだわりを的確にみぬく。
    食に対する真摯な姿勢と時間が経過しても維持していること。
    美味しさとは そういう中でしか生まれないということかな。
    このエッセイを読みながら、なぜか 懐かしさがあり、
    ほのぼのするのはなぜだろう。
    おじいちゃんとおばあちゃんが思い出された。
    私のおじいさんは、明治24年生まれで、食に対する姿勢がよく似ている。
    また、姉さん女房のおばあちゃんは ウナギが大好きだった。
    限られた食材の中で 美味しさを考えていたなぁと思った。

    ソバにこだわり、ソバで酒を飲む。
    そして、肉が意外と好きだというのが 池波正太郎の食なんだね。
    子供の頃には、『ドンドン焼き屋』になりたかったというのもいい。
    それで、簡単に お母さんにしかりとばされる。
    でも、ここででてくる お母さんが きびしく粋っぽい。

    欠かさずに食日誌がきちんとあるというのも、小説家になる源泉かもしれない。
    典型的な 夜型の 生活スタイルであることも感心する。

    軽々とエッセイをかく風情が なんとも言えない空気がひろがる。
    この雰囲気は 実にいいよ。

  • 池波正太郎と言えば、お堅い時代小説化のイメージを勝手に抱いていたが、意外とオチャメな人だったんだなー。
    今後、この人の小説を読むときの感じ方も、変わるような気がします。

    作者のお母さんと曾祖母のエピソードが好き。

  • 読んでいるだけでお腹が空く。
    池波正太郎作デビューがこれかという気持ちもある。

  • お腹がすく小説。

  •  池波正太郎の食に関するエッセイ集。食への執念と、食への愛を十分すぎるほど堪能できる。
     特に、戦後間もない頃に育った氏の食べた洋食の話がたまらない。担任の先生が両親と分かれた氏を元気づけようとして食べさせてくれたカレーライスの感動。それにまつわる背景も含めて、じっくり読んでしまう。
     鮨に対する思いもすごく強くて、江戸のちゃきっとした文化を筆に乗せて書いているのが印象的。昭和四十七年。まだ自分が生まれていない時に書かれたこのエッセイ。食についてぐっと考えさせてくれる。美味しいものを、思いっきり堪能すること。一生は一回しかないのだからこそ、その食もまた一期一会と心得るべし。

全74件中 1 - 25件を表示

食卓の情景 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

食卓の情景 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

食卓の情景 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする