おとこの秘図〈上〉 (新潮文庫)

  • 128人登録
  • 3.70評価
    • (6)
    • (12)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 池波正太郎
  • 新潮社 (1983年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (610ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101156163

おとこの秘図〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「何事も、己のことは己ではわからぬもの。(中略)なればこそ、人は他人のいうことに耳を傾けなければならぬのでございます。他人の目に映るわが身を忘れてはなりますまい」。

    元禄時代、旗本の妾腹の子として生まれ、父から疎まれ、剣の修行をし、剣士として生きようと決めた男の物語。

  • 1987年 読了

  • 主人公は剣の道に走るが 親におわれることに成る

  • 2010/03/03完讀

    旗本徳山家妾腹子・権十郎。自小不受父親喜愛,但兄長死後還是繼承人。對父親態度桀傲不遜,其實卻是客氣誠實的好青年。這本書寫他的成長過程,小時候受堀部安兵衛影響,在用人柴田宗兵衛和乳母的教養下長大,。由於小時去訪母親娘家的關係,也學會商人待人接物的柔軟。

    権十郎長大後受劍客堀內言教與身教,努力修習劍術。後來由於不想繼承徳山家,十八歲時出奔前往大坂找劍客佐和口,在東海道救了神秘的喜平治父女,因而一路上受到喜平治友人諸多照顧(這些人應該是盜賊吧?)。遍尋不著佐和口,権十郎回到京都,沈迷於お梶的肉體。此時父親重俊正陷於危篤的生死關頭…

    由於我先讀了さむらい劇場,覺得這本書好像它的更長篇版…應該說さむらい劇場是這本書的縮小版,おとこの秘図寫得更鉅細靡遺,目前是一個男孩長成男人的過程。

    **

    「男には…いや、武士(もののふ)には、初一念と申すものがござる。」「初一念とは、最初から強い決心をもって志した念願…これから、一個の武士として自分が為すべきことは、この一事のみ。つらぬき通すまででござる。」
    「男の進退はおのれ一人にて決するものでござる。余人の意見は、それぞれに違うものにて、また、世間のうわさ、評判などというものも千差万別でござる。そうしたものに、いちいち耳を貸していたのでは、自分が消えうせてしまいまする。」
    「人と申すものは、かならず死ぬるものでござる。このことを、絶えず、胸に思い浮かべなされ。さすれば…おのれが生くる道が、しかと、おわかりになりましょう。」
    「男と申すものは、大声に泣ける生きものでなければならぬ。」
    (武芸の鍛錬にできた勘について)「そうした勘のはたらきは、すべて正しきものとおもいこむと、取り返しがつかぬことになる。人間の勘のはたらきは、天地の動き、その移り変わりのかかわりあいを、あまりにもするどく感じ取るがために、かえって間違いを起こしやすいものである。おのれの勘のはたらきをたのむということについては仕方もないことではあるが…そのうちにもいちぶの余裕(ゆとり)をもっていなくてはならぬ。」
    「何事も、おのれのことはおのれでわからぬもの。それが人という生き物の性(さか)なのでございましょうな。ならばこそ、人は他人のいうことを耳をかたむけねばならぬのでござります。他人の目に映る我身を忘れてはなりますまい。」

    (610page)

  • 池波正太郎は
    鬼平犯科帳、真田太平記、剣客商売などで映画化、テレビドラマ化されている大衆に支持されている大作家です。

    私の持っている「おとこの秘図」は文春文庫版でして、昭和50年代の初めに発行されたものです。
    「鬼平」の前の8代将軍徳川吉宗の時代に盗賊改方長官を務めた「徳山五兵衛」を主人公に、若いころの放蕩な生活と、絵(秘図)に没頭した生活から、将軍吉宗との係わり、そして盗賊改方長官としての縦横無尽の活躍など本当に面白い作品に仕上がっています。

    第1巻の途中ではちょっと変な本かな?と思う人もいるかもしれませんが、読み終わったときは、やっぱり面白かったと思ってしまう本だと
    思います。

    新刊本では入手しにくい本かもしれませんが、第1巻を読んでしまうと
    どうしても続きが読みたいと思ってしまう本です。

    どちらかというと男性向けかなと思う本ですが、鬼平ファン、池波ファンの方には男女問わず、お奨めの長編作品だと思います。

  • 誰にもいえない趣味を持っていますか?剣客として武士として生きた盗賊改方・徳山五兵衛。私は持っています。(笑)

  • 江戸時代、旗本として生きた男の一生。読みやすい。

全8件中 1 - 8件を表示

池波正太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池波 正太郎
池波 正太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

おとこの秘図〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

おとこの秘図〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おとこの秘図〈上〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする