真田太平記(五)秀頼誕生 (新潮文庫)

  • 873人登録
  • 3.84評価
    • (101)
    • (119)
    • (156)
    • (2)
    • (0)
  • 56レビュー
著者 : 池波正太郎
  • 新潮社 (1987年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (534ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101156385

真田太平記(五)秀頼誕生 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 5巻秀頼誕生
    豊臣家に生まれる命と、失われる命。

    昌幸は秀吉がお気に入りです。
    秀吉の息子の鶴丸君が生まれますが、幼くして亡くなります。
    昌幸は「惚れた男の天下は短い」と嘆き、豊臣の天下を諦め、今後は徳川に着くと真田家の意思が一致します。
    秀吉の朝鮮出兵は泥沼化。
    その数年後にまたしても男児、のちの秀頼が生まれます。
    昌幸の秀吉贔屓心がまた首をもたげます。

    しかし豊臣家を支えてきた秀吉の弟秀長、秀吉の母なか、秀吉の甥秀勝、秀保が亡くなります。
    そして秀吉の跡継ぎとされていた関白秀次の自害。
    秀吉はただただ秀頼の行く末に心を痛めますが…豊臣家は内部から崩れかけています。

    そして秀吉も衰えて生涯を終えます。
     「五人の大老たちよ
     秀頼のことを、くれぐれも、たのみまいらせる。たのむ、たのむ。
     自分は間もなく死ぬるが、まことに、名残おしいことじゃ。
     秀頼が大きくなり、立派に豊臣家のあるじとなるよう、たのみまいらせる。
     このほかには、おもい残すことはない。

     八月五日

     秀吉

     いへやす(※家康)
     ちくぜん(※前田利家)
     てるもと(※毛利輝元)
     かげかつ(※上杉景勝)
     ひでいへ(※宇喜多秀家)

     まいる」

    この遺言は亡くなる直前に残したもので、
    有名な辞世の句の
     「つゆと落ちつゆと消えにしわが身かな なにはの事もゆめの又ゆめ」
    は死の数か月前の醍醐の花見のあとに詠んだものとしています。
    天下人に登りつめた秀吉が辿り着いた達観の境地としてこの辞世の句は秀吉の評価を高めていると思うのですが、
    私にはどうも秀吉の最晩年の未練と怯えの様子とこの達観さが一致せず…。
    事前に作っておいたとしてもやはり最晩年の様相と、この辞世の句がイマイチ一致しない。。
    ある作家の考察で「祐筆の代筆だろう。秀吉はこのような句を詠める心境ではなかった」と書いていたけれどそっちの方がわかる。

    さて。
    この時昌幸53歳、信幸34歳、幸村33歳、向井佐平次36歳。
    壺谷又五郎は50歳くらいでお江さんは41歳くらいかな。徳川からの嫁を迎えた信幸と、秀吉贔屓の昌幸の関係はそっけなくなっています。

    信幸の家臣として重要な人物として鈴木右近がいます。秀吉による小田原攻めの発端となった名胡桃城城主鈴木主水の息子です。名胡桃城が真田に戻ってからは城主に推挙されますが、右近は信幸の部下となることを望みます。
    鈴木右近と信幸はこの先長い長い長い主従関係を築いていきます。

    そして昌幸父子のアドバイザー的存在、昌幸の叔父の矢沢頼綱が亡くなります。
    年と共にさらに頑強に皮肉になって行く頼綱は病床で
    「これよりは重苦しゅう思案なさるまい。真田の家ひとつ、天下にあってもなくとも、どうでもよいと、いまこそ、それがしは分かり申した」と嘯きます。
    秀吉が自分の息子による天下体制をただただ憂いてこの世に無念を残した無残な心情とは対照的となります。

    しかし読者としては、たしかに「あってもなくても歴史は大きく変わらない」人物が動かした歴史というのはかなり面白いのですけれどね。

  •  秀頼誕生。豊臣政権、最大の爆弾が投下される。
     そして、巨星・秀吉堕つ。また、平和を支えるであったはずの前田利家も…。

     関ヶ原の足音が聞こえ、歴史の大河が流れていく一方、本作の真骨頂、真田忍びと甲賀忍びとの暗闘もまた並行して展開される。
     このようなフィクション部分が、本作をただの歴史叙述小説を超えたものにしていることは間違いない。つまり、小説として血の通った人物像の描写に成功しているのだろう。
     それにしても、私怨に塗れた猫田与助が不気味である。

  • サクサクと時は流れて関ヶ原までもう少し。
    草の者がどのように活躍するのか期待。

    ささ、次の巻へ

  • 2017.2.21
    秀頼が生まれ、権力闘争が落ち着くかに見えたが、秀吉が死に、各武士の思惑が動き出す。
    家康の動きは面白い。前田利家が牽制役になるが、利家も死ぬ。
    朝鮮出兵からのしこりが、反三成派作る一方、三成は反家康の旗幟を鮮明にする。

    そんな二人だが、利家が死んだ後の、三成の前田邸からの脱出劇は面白い。肝が座っている。虎穴に入らずんば虎子を得ずか。

  • 秀頼誕生、秀吉・利家死去、三成蟄居まで。

  • 佐助のくだりは楽しかった。右近もいいね。秀吉はダメだったね。あまり好きではない。角がいつの間にかまた源三郎派になってたな。不気味ではある。

  • 秀吉の終末が近づき、世は秀吉後の動向を探って動き出す。
    真田家、そして忍びの軍団も次を睨んで準備を始める。何となく昌幸と分家となった信幸の間が変わってくる。立場が人を変えるのはいつの時代も一緒だね。

  • 長い小説だが、飽きさせないテクニックをもっている。

  • ドラマ『真田丸』がはじまったので、図書館でみつけた五巻を読んでみた。
    秀頼誕生が描かれ、信繁は35歳くらいになっている。全く歴史に疎い自分には、難解な内容だが、思っていたよりも読みやすい文章なので、今のところ全巻読める気がしてきた。

  • 覇者の後継ぎは幸せか

  • 豊臣秀頼誕生、秀吉、前田利家の死、石田光成の佐和山蟄居まで。向井佐助少年が成長していく。2016.1.9

  • 今年の読み納め。
    秀吉、利家亡きあとのごたごたの中で、草の者デビューした佐助のみずみずしさが光る。(そしてまた筆下ろしエピソード…)
    臨終の前の利家とまつの会話がいいなあ。薩摩守の意味深なセリフ、三成救出大作戦も面白い。いやほんと面白いなあ、この小説は。

  • 秀吉歿後をにらんで武将たちが動き始めるが、そんな時秀吉側室の淀の方が懐妊し秀頼が誕生する。そして世継ぎの秀頼の将来を案じながら秀吉が63歳の生涯を閉じる。
    天下の行方は混沌に・・・。真田家では秀吉の世継ぎに命運を賭ける昌幸と徳川から嫁をもらった長男・信幸との関係が。

  • 前田利家がもっと長生きしたら、歴史は少しでも変わったかもしれないと思う。
    もう少しで関ヶ原。

  • 前田利家が亡くなると、家康の動きが活発になってくる。真田家は表だった動きは無いが、草の者の冷静な判断と先を見越して動いている。必要な「情報」をいち早く掴み、正確に判断できる者が、有利に事を運べる。そのことはいつの時代も変わらない。今はネット情報などであふれかえっているが、本当に大事な情報を生かせる者は、ほんの一部だという現実と変わらない。次巻以降、真田家と草の者の動きが楽しみ。

  • 20150507読了。
    政治家として、建築家として素晴らしい才能を持っていた秀吉だったが、やはり人。自分の世継ぎ、我が子可愛さに、それまでの評判がガタ落ち。

  • ようやく、はらはら。

  • 秀吉が亡くなり、周りが揉めだして後半は真田家はあまり出てこず、三成や家康の出番が多かったように思います。
    個人的には佐助のこれからが楽しみ。

  • 朝鮮出兵が失敗に終わる中,老いさらばえていく秀吉.幼子秀頼の運命は前田利家に託すのだが,秀吉を追うように利家も没する.替わって蛇のように勢力を伸ばして行く家康.一方,真田一族も長老頼綱がなくなり,父と息子二人も微妙に見据えているものが違っていくように思える5巻.

  • 秀頼誕生、秀吉の死

全56件中 1 - 25件を表示

真田太平記(五)秀頼誕生 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

真田太平記(五)秀頼誕生 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真田太平記(五)秀頼誕生 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

真田太平記(五)秀頼誕生 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする