真田太平記(九)二条城 (新潮文庫)

  • 788人登録
  • 3.92評価
    • (101)
    • (88)
    • (116)
    • (5)
    • (0)
  • 43レビュー
著者 : 池波正太郎
  • 新潮社 (1988年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (545ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101156422

真田太平記(九)二条城 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第九巻「二条城」

    関ヶ原敗戦後、命を取り留め流刑地紀州で大人しく暮らす真田昌幸・幸村親子。
    幸村は子供も増えました。
    便宜上この小説では娘二人と息子一人を子供としていますが…もっと沢山いたようですね。暇だったんだろうなあ(苦笑)

    さて、作者はこの時代の武将では加藤清正を評価しています。
    若いころは武力だけの人だったのが、その後の経験が彼を育てた、知力、交渉力、築城に経済、すべてにおいて才能を磨いていった…と褒めています。
    そして加藤清正は、自分こそが豊臣と徳川の橋渡しになると覚悟を持ちます。

    豊臣の主は大阪城にいる秀吉の遺児の豊臣秀頼。
    作者は「母の淀殿が秀頼が家康に暗殺されるのではないかと心配するがあまり広大な大阪城敷地内から出さず、そのために若いのに肥満気味なのが残念だが、
    顔立ちは端正、体格は立派で、立ち居振る舞いは貴公子、書物の才能も優れている」としています。
    それまで大阪城に引き籠りだった秀頼ですが、清正が強引に対面すると、天下の情勢を悟ります。
    加藤清正や浅野幸長の必死の仲立ちにより、二条城にて家康と秀頼の対面が叶います。
    京都に入った秀頼は、民衆から熱烈な歓迎を受けます!
    もともとの秀吉人気のうえに、秀頼の立派な風貌にすっかり民衆は大喜び!

    …それなら大阪城に引き籠らせてなくて、民衆に自己アピールしておけば民衆を味方につけられただろうに…。

    家康は威風堂々たる豊臣に危機感を募らせます。

    九度山の昌幸・幸村は、いつか大阪と関東の戦が起こる、その時は九度山を抜けて駆けつけよう…それを励みに生きていますが…

    ほぼ立て続けに加藤清正、真田昌幸、浅野幸長が死去。
    こうなると豊臣秀頼を世間と結ぶ者たちがいなくなり、そして結局大阪城引き籠りに。

    真田の草の者たちも、家康を暗殺するか、戦場での正面対決を待つか意見が分かれ…
    全国の忍びたちの在り方も変わりつつあります。
    真田の草の者たちは息を潜めつつ力は蓄えていますが、他国には時代遅れになって老いていく忍びたちも。
    この巻では料理人として入り込んでいる忍びたちが暗躍します。
    普段は完全に料理人となり主君に仕えているけれど、実際の主君はまた他家の武将であり、命令がくれば忍びとして働きます。
    そしてその命令を果たした後はまた料理人としての日々を過ごします。

    この時代のいくつかの不審な死を作者は「忍びの仕業」としてうまく物語化しています。

  • 20170210
    加藤清正、浅野幸長が相次いで暗殺され、家康による豊臣家壊滅の野望が愈々最終章: 方広寺梵鐘事件へと急転する。平和裡の均衡から一転、再び関ヶ原のリベンジ戦へ。牢人の蠢動、忍びの暗闘、今ふたたびの機運の中、無念、昌幸がこの世を去る。滅びゆく人々の愚かさと、ねじ伏せる人間の醜さ。それでも尚、正義に生きようとする者たちの煌めき。人間に対するあらゆる絶望の中に、一筋の希望を見る。

    ー淀の方をはじめ、豊臣家の人びとも且元同様に、(こたびも、いつしか無事にすぎていく、、、)ことを期待しながら、その期待を実現するための行動にはおもいおよばぬ。一時は繁栄をほしいままにした一団体、一組織の衰弱が此処に在る。本能的におのれの衰弱をさとっているがため、行動ができぬ。なにをしようとしても、不安がつきまとう。だれもが責任を逃れようとし、今日いちにちの無事に、辛うじてすがりついているのみとなるのだ。

    ーこの時代の、日本の武士たちは、余分の言葉を吐かぬ。言葉にして、口に出してしまうと、かえって胸中のおもいを言いつくせぬような習慣というか、無意識の感覚があった。

    ー「父上。かくなれば、迂闊にあの世へはまいれますまい」(秀頼の家康二条城謁見の堂々たる立ち振る舞いを知り、幸村が昌幸に)

  • これまで不満だったことの一つが解消。
    食べ物の描写がここにきてようやく読めた。
    シンプルな料理を美味そうに描いてくれる、たまりません。
    池波作品はこれがないと物足りないね。

    ささ次巻へ。

  • 2011.9.12

  • 読むたびに好きな人物が変わる今回は何といっても加藤清正。忍びのことを嫌う武将がいるというのもうなづける。梅春。お兄ちゃんの信之は相変わらず好き。幸村、角兵衛はやはり好きではない。加藤清正が生きてたら大分違ってたなぁ。知らんけど

  • 奥村弥五兵衛の死、家康と秀頼の対面、浅野長政・加藤清正・真田昌幸の死、方広寺鐘銘事件。

  •  方広寺の鐘銘事件に代表される容赦のなさ、全力で権力を保持・安定化しようとする様が、家康の長所・短所を雄弁に語っているかのよう。

     そして、加藤清正・浅野幸長の突然の死を、家康側による暗殺として展開する描写が、これを助長する。

     司馬「関ヶ原」「城塞」でもそうであるが、淀君ら秀頼周辺の愚劣さ、無知蒙昧さ(というより悪しきロマンティスト)をこれでもか、と抉り出すが、本巻もそれに漏れない。

     そして、サイドストーリーの核を構成していた猫田与助のお江への執着。その訳が明かされる…。ああ、男とはなんと愚かでバカなのだろうか。

  • 甲賀の暗躍により清正暗殺。
    大阪方と関東の手切れも決定的となる。真田の草の者も弥五兵衛が倒れる。ここへ来て猫田与助がカッコ良く思えてきた。人の執念は偉大だ。

  • 九度山に移ってからは、幸村の話は少なくなってしまった。その代わりにと、京や上田の状況をつかもうと命がけになる草の者たち。
    さすがに年月が経ち、お江も若い頃のようには動けず瀕死の傷を負う。
    大坂城からほとんど出たことのなかった19歳の秀頼は、たいそう立派な体躯で家康を脅かす聡明さだった。
    片桐且元の描写は、読んでいるだけでいらいらしたりはらはらしたりで、決断力のある有能な側近がいれば豊臣側の態度も変わったのにと感じた。
    昌幸は九度山で静かに亡くなっていた。
    いよいよ冬の陣へと向かっていく。

  • 最後まで豊臣家を支えようとした加藤清正の死はショッキングだった。しかし、加藤清正の娘が紀州藩に嫁ぎ、その血が八代将軍吉宗につながっていると知って、歴史の皮肉だと感じた。

全43件中 1 - 10件を表示

池波正太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
司馬 遼太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

真田太平記(九)二条城 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

真田太平記(九)二条城 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

真田太平記(九)二条城 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真田太平記(九)二条城 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

真田太平記(九)二条城 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする