むかしの味 (新潮文庫)

  • 504人登録
  • 3.67評価
    • (35)
    • (40)
    • (77)
    • (2)
    • (2)
  • 39レビュー
著者 : 池波正太郎
  • 新潮社 (1988年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101156507

むかしの味 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 匂いも味もしないのに、確かに「うまい」が文章から伝わってきます。これぞプロの仕事。大切に持っていたい一冊。
    http://www.ne.jp/asahi/behere/now/newpage173.htm

  • 絶対空腹時には読んではいけない、
    小説家池波正太郎氏が綴る極上の「食」のエッセイ。

    と言っても、本作品はただ「この店の何が美味」
    などといった事をダラダラと書き殴った
    グルメ本などでは決してない。

    飽食の時代と言われている現在、
    舌で育てる味覚も心で味わう感動も
    鈍ってしまっているような現代人に対し、
    この作品を読む事で、
    「食べる」という行為が本来持っている、
    私達人間にもたらしてくれる喜びの感覚や
    幸せの実感を呼び覚ましてくれるような、
    「五感に訴えかける作品」である。

    今までの自分の人生を振り返りそこで出会った
    食べ物の味、店の雰囲気を、
    その食べ物を味わった当時、
    筆者が関わった人物の思い出とその時の想いなどと
    共に読めばその映画のように味わいのあるシーンが
    頭に浮かび、その食べ物の匂いがしてきそうな、
    まるで一冊の脚本を読んでいるかのように、
    鮮やかに、活き活きと描かれている。

    外食をするならば、背筋のピンと伸びた料理人の
    作った料理を大好きな人と一緒に食べる、
    そして一食一食、食べる事を
    映画を観るような素敵な事として楽しむ、
    それが、自分が食べるものを
    更に美味しいもの変身させる極意なのだ、
    と池波氏に教えられているような気持ちになる。

  • 本書は昭和63年に文庫化されたものだが、食通の著者の文章が素晴らしく良い。〔たいめいけん〕は、当時も有名な洋食屋だったのだろうが、今はTVで紹介されてか、休日には時分どきを外しても長蛇の列で、店そのもにに入れやしない。いや、本書は店に客を呼込むグルメ紙ではないのだが、やはり本書に出てくるものを食べたいものだ。〔どんどん焼〕は作れそうな気もするが、元の味を知らないし……解説で書かれた「日々のニュースに見られる救いようのない事件」どころではない平成の世を著者が見たら「君たちは気の毒」では済まないだろうな。

  • 著者池波氏の思い出の食べものやお店が、その思い出とともに綴られている。
    昭和63年刊行のため、現在はないお店も多く登場するが、そんなお店があったのだということを知るだけでも面白い。当時の時代の雰囲気がとてもよく分かるのも、面白かった。
    巻頭に料理の写真が載っているのもよかった。
    機会があったら、本書に登場するお店に行ってみたい。

  • 北村薫『愛さずにいられない』にて。

  • 私にとり池波正太郎は、
    時代小説作家、劇作家であると共に
    「随筆の名手」です。
     
    私達(戦後世代)が知る味、
    私達が知らぬ「むかしの味」。

    この作は、人々の営みを読者に教えてくれます。
    「ご馳走の湯気」、その向こう側に。

    そんな一冊です、私にとって。

  • 池波正太郎氏が存命時に長いこと通っていた店に関するエピソードを綴ったエッセイ集のようなもの。氏の食への造詣が存分に発揮されている。そして、紹介される店の人たちが魅力的で、私も行ってみたいリストに追加してしまった。ゆっくりとした時間には持って来い。

  • わたしの馴染みの店は神戸元町のJR高架下にある「丸玉食堂」で、もうかれこれ35年近くなるかな。ここの玉子餡かけ汁そば、店ではローメンと呼ばれているものともう1品は豚足の煮込みでパクチーとの相性が抜群です。もう1軒はわたしが住んでいる姫路にある、今年81歳になられたご主人と御かみさんで切り盛りされている「主水」。全国の地酒が揃っているので有難いのですが、ここの自家製オイル・サーディンと葱わんたんは最高です。いつまでも続けていただきたいと願う、とっておきのお店です。

  • 「たいめいけん:看板料理の18種類の一口サイズの料理」/朝鮮の僧侶・元珍が奈良へ来て蕎麦の割粉に小麦を入れることを教えた=蕎麦の原型/「神田須田町のまつやのカレー南蛮:大正末頃、関西でカレー南蛮を考えた人が東京で開店し客に出したのが始まり、まつやの太打ちと柚子切り」/豚肉をカツレツにする習慣は大正の関東大震災以後のこと、トンカツの流行もその頃から/1798年、暴風雨にもまれた大鯨が品川沖に現れ土地の漁師たちがこれを天王洲に追い込み生け捕りにした。浜離宮へひっぱていき、11代将軍・家斉も見物した

  • 文庫の再読。池波氏による食べ物の描写は言うに及ばず、その後ろに浮かび上がる"むかしの味"には、その時代も味も知る由もない私でさえも郷愁を感じてしまう。

全39件中 1 - 10件を表示

池波正太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

むかしの味 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

むかしの味 (新潮文庫)の作品紹介

「〔たいめいけん〕の洋食には、よき時代の東京の、ゆたかな生活が温存されている。物質のゆたかさではない。そのころの東京に住んでいた人びとの、心のゆたかさのことである」人生の折々に出会った"懐かしい味"を今も残している店を改めて全国に訪ね、初めて食べた時の強烈な思い出を語る。そして、変貌いちじるしい現代に昔の味を伝え続けている店の人たちの細かな心づかいをたたえる。

むかしの味 (新潮文庫)のKindle版

むかしの味 (新潮文庫)の単行本

ツイートする