秘伝の声〈下〉 (新潮文庫)

  • 129人登録
  • 3.55評価
    • (6)
    • (10)
    • (24)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 池波正太郎
  • 新潮社 (1990年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101156583

秘伝の声〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 作者の池波さんの最後の新聞連載小説の下巻。白根岩蔵と成子雪丸の二人の青年剣士の対照的な人生模様を描く長編。
    二人の師匠である老剣客の日影一念が残した「秘伝の巻物」にはいったい何が書かれているのか・・・。

  • 見習うべき男の生き方。

    2014年のスタートを切るのに、相応しい小説でした。

  • 完本 池波正太郎大成23にて読了

    日陰一念の下で共に修行に励んだ雪丸と岩蔵。容姿も性格もあまり似ていない二人だったが兄弟のような絆がいつしか生まれていた。
    二人が親のようにも慕う一念が没した時、岩蔵が秘伝の巻物を師の遺言に背いて盗み出奔してしまう。
    それから二人は別々の道を歩むことになるのだが…。

    「岩蔵は岩蔵、雪丸は雪丸」
    一念の言葉がすごく優しい。

  • 上下巻を今週の通勤電車内で一気呵成に読み切ってしまった。
    池波正太郎最晩年の新聞連載小説。相変わらず研ぎ澄まされた太刀筋のような小気味よい文章。
    でも池波節好きには良いかもしれないけど、そうでない人には少し退屈かもな。というわけで星三つ。

  • 今、一番読みたい作品。<未読>

  • なるほど・・・池波最後の新聞小説〜岩蔵の預かった道場は狙われていた・・・と言うより,岩蔵の命を狙う旗本の部屋住みの取り巻きが,女を雇って毒殺を企て,女が岩蔵に鞍替えしてからは,下男を籠絡して手引きさせ,道場諸共焼き尽くそうとしたのだった。難を逃れ掛かった岩蔵は矢で射られ,駆けつけた雪丸に,師匠の秘伝書が白紙であったこと,仇を討とうと考えてくれるなと遺言してあの世へ旅立った。田沼の財政顧問とも云うべき島田九兵衛は独自の探索で黒幕を突き止め,雪丸は岩蔵の遺した八角棒で天誅を加える〜途中,眠ってしまうこと一度。新聞小説なので,先のことは作者も判らず,ブツブツ切れた感じになったのである。旨そうなものが出てこないのも作者が初入院をした直後の事だからかも知れない

  • 2007/05/23読了。

全7件中 1 - 7件を表示

池波正太郎の作品

秘伝の声〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

秘伝の声〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

秘伝の声〈下〉 (新潮文庫)はこんな本です

秘伝の声〈下〉 (新潮文庫)の単行本

秘伝の声〈下〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする