辻斬り (新潮文庫―剣客商売)

  • 817人登録
  • 3.78評価
    • (81)
    • (101)
    • (142)
    • (4)
    • (1)
  • 59レビュー
著者 : 池波正太郎
  • 新潮社 (2002年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101157320

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

辻斬り (新潮文庫―剣客商売)の感想・レビュー・書評

  • 今や、すっかりこのシリーズに嵌ってしまった。

    江戸の市井の賑わいや、そこで暮らす人々の人情に、見たこともないのに懐かしさや憧憬を抱いてしまう。
    秋山父子のキャラクターはもちろんのこと、彼らの周りの人々の造形も回を重ねるごとに、深くなっていき、愛着が湧くのだ。事件が起きるたびに彼らの活躍に胸を躍らせている。
    特に普段は飄々としている秋山小兵衛だが、
    「わしはな、大治郎。鏡のようなものじゃよ。相手の映りぐあいによって、どのようにも変わる。黒い奴にはくろ、白いのには白。相手しだいのことだ。これも欲が消えて、年をとったからだろうよ。だから相手は、このわしを見て、おのれの姿を悟るがよいのさ」
    時に冷酷に豹変するその様に惚れてしまうのだ……

    現代ではなく、この時代に生まれたかったと思わせるくらい楽しい物語だ。

  • 金を手に入れるのもうまいが、つかうのもうまい。つかうための金じゃということを知っている。宗哲先生のことば。私もそうなりたい!でも通帳の金額が増えるのをみるのは楽しいよねぇ…。

  • 書くことが無いんですよね。剣客商売は剣客商売。一作ずつに感想をつけるようなものでもないし。
    まあ、池波さん独特の文体ですかね。


    (もしや・・・・・?)


    と、浅茅ヶ原へまわってみると、


    (いた!!)

    のである。独特の括弧の使い方ですよね。想いを書くというのか、声にならない会話の表現。
    なんとも魅力的です。

  • 池波作品は読み出すと止まらなくなる。2巻は表題作をはじめお上の御用として裁くべき案件が多かった。『三冬の乳房』で本所の軍鶏鍋屋〔五鉄〕が出てきた時には、嬉しいやら懐かしいやら。それもあって、全体に「鬼平」の雰囲気を感じた。小兵衛の道楽が過ぎて、この巻ではおはるを可愛がっていないようにも思う。心配ですぞ、先生。

  • 小兵衛に傷を負わせるなんて!
    と、恐ろしいものも出て来ましたが、さすがの面白さ。
    大治郎を思う親心にも温かい気持ちになれます。
    大治郎の活躍にも期待が膨らみます。
    また次の話が読みたくなったので、感想もそこそこに。

  • 剣客商売第2巻。秋山父子に降りかかる数々の事件。それを事も無げに片付けていく。もちろん、1巻の登場人物も話に出てくるから剣客の世界が広がっていきます。どの話も妙があってぜんぜん飽きない。。。

  • だんだんと登場人物の魅力がわかり、第一巻よりも面白く感じました。
    1話1話は短いけれど、内容は読みごたえがあっていいです。

    夢枕獏の陰陽師シリーズと似た感覚でさくさく読めます。

  • 配置場所:広呉文庫本
    資料ID:93106520
    請求記号:080||K||2

  • 又六の話しは泣いてしまった

  • 鴨飯が食べたい。

  • やばい〜。止まらない〜。
    面白すぎる〜。
    一気にシリーズを読んでしまいそう。
    読みたいような、もったいないような。

  • 収録されているのは、鬼熊酒屋、辻斬り、老虎、悪い虫、三冬の乳房、妖怪・小雨坊、不二楼・蘭の間、の7編。

  • 剣客商売シリーズ第2弾。
    秋山小兵衛、秋山大治郎、佐々木三冬、田沼意次。
    小兵衛の手足となって貴重な情報をつかんでくる御用聞きの弥七、本所亀山町に住む町医者小川宗哲、浅草橋場の「不二楼」の料理人長次と座敷女中のおもん、等々登場人物のそれぞれの描き方が自然で読んでいて、楽しい。

  • やっと2巻目買った。読むよ読むよ

  • 時代小説。「剣客商売」シリーズ第2弾。7作。

    「鬼熊酒屋」「辻斬り」「老虎」「悪い虫」「見冬の乳房」「妖怪・小雨坊」「不二楼・蘭の間」

    「鬼熊酒屋」でおしんと文吉、「悪い虫」で鰻屋の又吉が登場する。「妖怪・小雨坊」は怖い。ホラー並みに怖い。でもそういう生まれつきが哀れでもある。

    このシリーズはとても気に入ったので、図書館で借りて全巻制覇する予定。

  • 剣客商売第二弾。人情と悪党退治、小気味がいい展開で読みやすい。

  •  大きな展開やドラマがあるわけではないが、秋山親子を中心として、人間味溢れる登場人物たちのやり取りや小兵衛の老練さが、痛快!!

     決して外れでないと安心して読める。

  • 鬼熊の料理を食べてみたい。
    でも、気に入られなさそうなので、食べられないか・・・。

  • 一作目よりも、主人公「小兵衞」の世界は広がってくる。

    その中でも、名脇役は弥七と粂太郎ではないだろうか?
    一作目の三冬、大治郎以上の存在感を出している。

    又六、鬼熊などのニューフェイスの登場があるが、その時々に合わせた配役は見事で、無駄のない出演陣と思う。

    小兵衞の身内たちの、これからの関わり具合も楽しみになる一冊だった。

  • 「悪い虫」から溢れださんばかりに漂う801臭は一体どういうことだろうか。それはそうと『剣客商売』では様々な人間の様々な死に様が描かれているが、その中でも「鬼熊酒屋」の熊五郎の静かなる死に様がたまらなく「好き……」なのである。

  • 小兵衛の強さをヒシヒシと感じる。
    悪い虫と妖怪小雨坊が特に印象深く面白かった。

全59件中 1 - 25件を表示

辻斬り (新潮文庫―剣客商売)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

辻斬り (新潮文庫―剣客商売)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

辻斬り (新潮文庫―剣客商売)を本棚に「積読」で登録しているひと

辻斬り (新潮文庫―剣客商売)のKindle版

辻斬り (新潮文庫―剣客商売)の単行本

ツイートする