天魔 (新潮文庫―剣客商売)

  • 675人登録
  • 3.78評価
    • (69)
    • (81)
    • (120)
    • (4)
    • (0)
  • 44レビュー
著者 : 池波正太郎
  • 新潮社 (2002年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101157344

天魔 (新潮文庫―剣客商売)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 剣客商売 第四巻

    相変わらず一気に読まされてしまう。

    これまでで最大の剣客に相対峙する。
    このときの小兵衛の一言で大治郎への
    信頼と、親としての喜びみたいのを感じる。

    本巻では男女関係多め。

  • 旅先で読了。表題作「天魔」は緊張感を高める作品だった。無邪気に人を殺めるような〔人〕が一番恐ろしい。勝負はあっけないものだったが、頂点を極めるような剣客の闘いとはこのようなものなのかも知れない。「老僧狂乱」は、その〔人〕の業をよく表したものだ。

  • なんと面白いのでしょう。
    最後の解説まで堪能できます。
    恐ろしい相手もいたけれど、大治郎が強くて感動です。
    また次が楽しみです。

  • (^.^)

  • どれも読みやすく、隅田川、神田、日本橋、茅場町界隈で起きる事件もそうだが、登場する料理も目に浮かぶよう。DVDが今だに人気があるのも分かる気がする。

  • 20150417 父と子、この辺までははっきりしている。このシリーズで一番楽しめる部分だと思う。

  • 剣客商売第4弾。巻・話を重ねるごとに大治郎が小兵衛に似てきます。。。一話ではだいぶ距離のあった2人でしたが、この巻までくると、生活はもちろん剣術にもそれが現れてきます。実力の開きをまざまざと見せ付ける部分もありますが。
    季節感と独特の話の間合い、行間がさらに話に深みを持たせてますね。ダンディズムがあって心地よい読後感です。

  • さらさらっと読める分、どれもあまり印象には残らないのですが
    読み返す楽しみがあっていいかなと感じてきました。
    大治郎と三冬の話も好きですが、大治郎とおはるの箱根細工の話も思わずニヤニヤしてしまいます。

  • 今回もやっぱり面白い4作目。意外に多い武士の同性愛の話。夫婦浪人は興味深く読むとともに、しんみりとしてしまった。約束金二十両、鰻坊主が好み。毛饅頭なんて、普通知らないよね〜

  • それぞれの話が面白い。続きをすぐ読みたくなる。

全44件中 1 - 10件を表示

池波正太郎の作品

天魔 (新潮文庫―剣客商売)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天魔 (新潮文庫―剣客商売)を本棚に「積読」で登録しているひと

天魔 (新潮文庫―剣客商売)のKindle版

天魔 (新潮文庫―剣客商売)の単行本

ツイートする