春の嵐 (新潮文庫―剣客商売)

  • 548人登録
  • 3.79評価
    • (58)
    • (61)
    • (102)
    • (1)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 池波正太郎
  • 新潮社 (2003年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (369ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101157405

春の嵐 (新潮文庫―剣客商売)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 剣客商売では珍しい長編。とはいっても幾つかの話に分かれているので短編集のように読みやすい。

    大治郎の名を騙る辻斬り?が暗躍し田沼、松平を巻き込む大事件に。。。

    ってなかんじですが、今まで出てきたキャラクターも再登場。三冬さんもどこかしら母親の感じが出てきてさすがにうまいなぁと。

    大治郎がイマイチ活躍しないのと、最後の斬り合いはあれでいいのか?と思わないこともないですが、やはり剣客商売は面白いと思わせるに十分でした。
    しかし史実では、松平定信の遺恨は尾を引いて結局田沼さんは酷い目に遭わされるんだよねぇ。。剣客商売の中ではとても良い人に描かれているのでかわいそう。
    悪いやつランキングでは一橋の治済がトップか?

  • 十巻にして長編。それとは気付かずに読んだのは、本棚から出すやいなやブックカバーをかけてしまうので、表装裏のあらすじを読まないからだが、こんな展開も初読みならではで面白い。一章「除夜の客」から二章に移る時に、これは二話完結なのだなと軽く思ったものだが、物語は徳川宗家を巡る陰謀に、剣客商売フルキャストで大治郎の無実を晴らすべく立ち働く様は感動的だ。初登場・菓子屋の芳次郎が愉快なキャラなだけに、今後の活躍が期待される。

  • (^.^)

  • 4年ぶりに続篇を読むことになった剣客商売シリーズ。
    10巻目となる本書はシリーズ初の長篇ですが、いつもながらのテンポのよい展開、読みやすい筆致でスイスイ読み進めることができました。
    今回はあらすじがあらすじなだけに、秋山小兵衛を中心に話が進みます。相変わらず元気なおじいちゃんだ。したがって、大治郎や三冬は殆ど活躍しません。このふたりが好きな自分からすると少し物足りなく感じるところ。
    また、若干のしこりが残る結末は、今後どのように決着されるのか気になりますね。
    とはいえ、あらためて火がついた剣客商売。続篇を読み進めることとしよう。

  • 剣客商売第10巻。これまでになかった長編物です。1巻丸々続いているので、話の続きが気になって気になって結局一気に読みきってしまった。。。弥七と傘徳の捜査にもかかわらず惨殺がくり返され、大治郎は取り調べのため評定所に呼ばれて一行に好転の兆しが無い。どう犯人を追い詰めていくのか?どういう結末になるのか?を考えると読み進めないと気になってしょうがなかったです。

  • 20141227 シリーズ中盤で初の長編。小兵衛が元気。ストーリー的に大治郎の出番が少ないのが残念。以外の脇役の揃い踏みで飽きない。安心して読める本。

  • 剣客商売シリーズで初の長編。秋山小兵衛の息「大治郎」を名乗る辻斬り男を捕えるため、秋山チームが勢ぞろいで結集。
    この作品は食べ物の描写が多く、上手い池波作品には珍しく食べ物のシーンは冒頭にしか登場しない。しかし、その鯛と軍鶏の食事の描き方はやはり秀逸!

  • 11/25〜12/1

  • ニセ大治郎が闇討ちをしまくるわけだが、大治郎でなければ濡れ衣を着せられたまま刑死だろう。普段の人徳や父親の存在を意識させられる。

  • ・・・。

全30件中 1 - 10件を表示

池波正太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

春の嵐 (新潮文庫―剣客商売)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

春の嵐 (新潮文庫―剣客商売)を本棚に「積読」で登録しているひと

春の嵐 (新潮文庫―剣客商売)の単行本

春の嵐 (新潮文庫―剣客商売)のKindle版

ツイートする