二十番斬り (新潮文庫―剣客商売)

  • 452人登録
  • 3.86評価
    • (40)
    • (48)
    • (60)
    • (0)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : 池波正太郎
  • 新潮社 (2003年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101157450

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

二十番斬り (新潮文庫―剣客商売)の感想・レビュー・書評

  • 小兵衛の眩暈から 物語が始まる。
    歳相応の、とはいえ読んでるほうも おはると一緒に心配で心配で・・

    短編の「おたま」は猫好きには嬉しいお話。

  • 本書に収録された最初の一編「おたま」のほのぼのとした話から一転、特別長編「二十番斬り」はハラハラの連続だ。まず、小兵衛の身体的な不安(目眩)。次にかつての門弟と連れの幼児、大身旗本の家老、側用人の暗躍、三冬の父でもある田沼意次絡みの騒動と、まさに次々と起きる出来事に小兵衛の焦りが読者にも感染する。終盤で旗本抱え屋敷で十九人を斬って倒した様は、テレビ時代劇の殺陣を見ているようだった。解説も全て読んで読了としているが、常盤氏に影響されて小兵衛の目眩が著者・池波氏の体調不良ではと思ったのは書いておかねばなるまい

  • おたまは猫好きにはたまらない。さらっと読めるエンターテイメント。

  • 田沼意次が活躍したころの江戸時代中期に、剣術ひとすじに生きた剣客父子の活躍を描いた池波正太郎の代表作の一つ。
    主人公が若かった頃に関わった人物が登場する事件を解決していくが、その一方で老中の田沼が窮地に追い込まれていく時代背景も描いている。シリーズの中で読み残していた15巻をようやく読み終えた。

  • シリーズ第15弾。
    頭に「おたま」という短編を登場させ、「二十番斬り」は読みごたえのある長編です。秋山小兵衛も年齢を重ね、読み進むうちに読者に不安も・・・。でも、小兵衛はさすがスゴイ剣客です。

  • 短編「おたま」が好き。猫好きにはたまらん。

  • 嘘臭くないほら噺について、気になり出すと、池波ワールド自体が胡散臭く感じます。

  • 秋山小兵衛 66歳 おはる 26歳。
    立ちくらみがする年頃となった。

    井関助太郎が 豊松という子供を携え
    小兵衛の家にやってきた。
    井関助太郎の父 井関平左衛門は 同じ門下生だった。
    その因縁から 助太郎を助けようと 獅子奮迅の努力をする小兵衛。

    小兵衛が 老人になったと感じ
    先妻のお貞が 夢で出迎えにくるようにまでなった。
    66歳。そのチカラを 発揮する。
    剣客商売も終わりに近づく。

    作者と小兵衛の年齢が近づくことで、
    老いることへに抗う姿が見える。

  • 時代小説。「剣客商売」シリーズ第15弾。短編1作と長編。

    「おたま」 かしこい猫がいたものだ。
    この剣客シリーズで何作か猫の話があるのだが、小兵衛やおはるが猫好きなのかどうか食い違うような気もする。

    「二十番斬り」

    昔の弟子、井関助太郎が小兵衛宅へ逃げ込んでくる。連れていたのは豊松という小さな男の子。二人を追ってくる者たちからかくまうが、助太郎は仔細を言わない。
    一方、三冬の父、意次は時代の流れにて窮地に立たされる・・。

    冒頭で「やっと老人の体になったしるし」の眩暈に襲われた小兵衛。
    シリーズはこの巻で終わりのよう。
    この後の小兵衛や大治郎たちはどう生きたのだろう。分からないけれど想像するのは楽しい。しかし寂しい。
    (かと思ったら、16もありました。得した気分です)

  • ますます老いを感じる小兵衛。

    しかし、剣はますます鋭さを増しているようにも見える。
    もうちょっと殺陣のシーンが長くてもいいのになとも思いますが、
    このホドホド感がいいのでしょうか?

    最後の剣客との戦いも読者の想像にお任せするような書き方。

    田沼意次の権勢にも陰りが見え始め物語が収束していく感じを残念に思いながら読み進めました。

  • いよいよ老人になってしまうのか。
    しょうがないんだけど、なんかなー・・・。

  • 剣客商売シリーズ15作目


    得体の知れぬ眩暈に襲われたその日、小兵衛は、恩師・辻平右衛門ゆかりの侍、井関助太郎を匿うことになる。
    井関は手負いで、しかも曰くありげな小さな男の子を連れていた。
    小兵衛にすら多くを語らぬ井関に、忍び寄る刺客の群れ。小兵衛は久しぶりに全身に力の漲るのを感じるのだった。
    一方、江戸城内では、三冬の父、田沼意次が窮地に。



    前作から1ヶ月後くらいのお話です。
    小兵衛は66歳。口では弱気な事を言っていても小兵衛に限って…と思っていたら、今までにない眩暈でこの物語は始まる。
    宗哲先生によると、「ようやく老人の躰になった」とのこと。
    ほっとされられたのも束の間、大きな事件が小兵衛に降りかかる。
    でも、その事で小兵衛の眼が輝きを取り戻したのも事実で、なんだか複雑な心持ち。
    今までも大きな力と相対してきた小兵衛だけれど、今回は九千石の旗本。そのお家騒動に巻き込まれた形である。
    詳しい事も知り得ぬままに、小兵衛の頼みなら、と何も聞かずに働いてくれる人たちがいる。それと同時に「侍」と呼べる人たちがどんどんいなくなっているのもこの時代。
    小兵衛をして、「もはや武家の世は終わりじゃ」と言わしめるほど、武士の世界は腐りきってしまった。
    幕府解体までまだ80年余りあるのに…。
    残すところあと一冊になってしまった剣客商売シリーズ。
    一冊読み終わるごとに寂しい気持ちになります。

  • 20120714 シリーズも終わりに近い。小兵衛の老いが実感される。人と共にあるシリーズだからこそなのだろう。さすがに小兵衛の歳を越すことはないだろうがまだ繰り返し読みたい。
    20141015 又、読み直してみて前回気にしなかった少しづつが気になって来た。やはり作者と主人公の関係は重なるようだ。

  • だんだん枯れていく寂しさ。大治郎や三冬が目立たないのも寂しい。

  • お家騒動に絡む長編。小兵衛が年相応の(?)目眩を感じた所から物語が始まる。そろそろ剣客商売シリーズも終盤を迎えた。10.12.23

  • チーム小兵衛みな優秀だな

  • おたま
    二十番斬り(特別長編)
    目眩の日
    皆川石見守屋敷
    誘拐
    その前夜
    流星
    卯の花腐し

  • 読書完了日2008年06月26日。

  • 中学校時代から何度も読み続けている池波正太郎もの。
    たぶん一番最初に読んだのがこのシリーズ。
    食べ物に対する興味も、江戸時代の言葉、作法も全てこれで覚えた。
    読まないと人生損だぜ。
    同じ時期から池波正太郎が好きだった人を人だけ知っている。

全23件中 1 - 23件を表示

二十番斬り (新潮文庫―剣客商売)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

二十番斬り (新潮文庫―剣客商売)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

二十番斬り (新潮文庫―剣客商売)を本棚に「積読」で登録しているひと

二十番斬り (新潮文庫―剣客商売)のKindle版

二十番斬り (新潮文庫―剣客商売)の単行本

ツイートする