浮沈 (新潮文庫―剣客商売)

  • 472人登録
  • 3.88評価
    • (42)
    • (53)
    • (59)
    • (1)
    • (0)
  • 31レビュー
著者 : 池波正太郎
  • 新潮社 (2003年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101157467

浮沈 (新潮文庫―剣客商売)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これが最終巻
    そして 田沼意次の時代も終わる。

  • 全巻夢中で読みました。何回も読み返している私の中のベストセラーです。

  • 最終巻読了。途中「健康そのもののような女であったがあの世へ旅立ったのは、おはるのほうが先である。」なんて書かれて以降、いつおはるが凶刃に斃れるかとドキドキ(それは杞憂というものだったが)。小兵衛の寿命や、その小兵衛より先に逝ってしまう登場人物のことなど、本シリーズを締めようとする著者の想いが伝わるようだ。読み始めると、もう止まらない文体にはまり、他の積読本を差し置いて読んだが、良かった!

  • (^.^)

  • ・・・終わってしまった。ここまで楽しんで読んでいましたが、最終巻ほど読みたくないものはありません。でも最終巻でも面白かったです。主役たちのその後や没年が記されてくるあたりは、ファントしては心苦しいものがありましたが、最後まで主役は主役の、脇役は脇役の光を失ってません。最後まで読めて幸福でした。これから番外編も読むつもりですが、これも最後を読むのは辛いな・・・。

  • 最後の剣客商売。
    登場人物の行く末をもっと知りたかった。

  • 20140914 シリーズ最終巻。行間に寂寥感が漂ってるような気がする。又、一巻から読みたくなるのが池波正太郎なのだろうな。

  • 剣客商売最終巻。小兵衛の最後が描かれなかったのは意外。

  • 剣客商売シリーズの最終巻。
    「何が正しいか」よりも「どう生きたいか」をこのシリーズを読みながら考えるようになりました。時には周りに流されながらも、自分にとって大事なものを忘れないようにしようと思いました。

  • 1/13〜1/17

全31件中 1 - 10件を表示

池波正太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

浮沈 (新潮文庫―剣客商売)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

浮沈 (新潮文庫―剣客商売)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

浮沈 (新潮文庫―剣客商売)を本棚に「積読」で登録しているひと

浮沈 (新潮文庫―剣客商売)のKindle版

浮沈 (新潮文庫―剣客商売)の単行本

浮沈 (新潮文庫―剣客商売)の文庫

ツイートする