黒白 上巻―剣客商売 番外編 新装版 (新潮文庫 い 17-17)

  • 401人登録
  • 3.82評価
    • (39)
    • (39)
    • (65)
    • (0)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : 池波正太郎
  • 新潮社 (2003年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (543ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101157474

黒白 上巻―剣客商売 番外編 新装版 (新潮文庫 い 17-17)の感想・レビュー・書評

  • 波切八郎を中心に、謎めいた人物が多く登場する物語だった。小兵衛と妻・お貞の夫婦になるまでと、夫婦になって後の息の合った姿が読者には嬉しい。八郎に関わる人物として、橘屋忠兵衛、お信、岡本弥助などは、八郎にしてみればまさに得体の知れない者たちだ。それぞれが自身の真の姿を隠し、表面だけで繋がっている。読者には、場面転換をし、時間軸を遡りしながら少しずつ彼らの正体を教えてくれる、そんな楽しみのある時代小説である。

  • 本編からはだいぶ前の設定。小兵衛がお貞と一緒になった時あたりの話、御前試合で小兵衛に敗れた波切八郎が自分の門弟を切ったところから始まる。
    小兵衛が出てくるのは合間合間ですが、波切のディティールがしっかり書き込まれており、小兵衛とのつながりや世界観がしっくりときます。それでいて、小兵衛ではない人がどのように動いていくのかとても気になる。。。
    厚い本ですが、あっという間に読み終わりました。下巻が楽しみ。

  • ちょっとしたズレから転落していく主人公。でも性根は正しいので、いつか修正したいともがく中で、人情味あふれる人間関係が出来上がっていく過程がまた良い。秋山小兵衛ほど完璧ではないからこそ、共感できるこの人生がまた良い。

  • この「黒白」は剣客商売の秋山小兵衛の若いころを描いていて、作者の池波さんは「剣客商売」が始まってから10年後にこの長編を書いたそうです。
    小兵衛の若い姿をも読者に紹介したくなったのでしょうね。
    この作品を読み終えたら蕎麦を食べたくなったので、その名も「小兵衛」というお店に行ってきました。

  • 若き日の秋山小兵衛を描く長編。しかしこの物語の本当の主人公は、小兵衛に真剣勝負を申し込んだ剣客、波切八郎と言える。転変してゆく運命の中で、人には変わってゆく部分と変わらない部分がある。他にも魅力的な登場人物が多い。

  • クソ面白い。本編を全部読んでいたというのもあるが、とにかく面白い。一寸先は闇ってやつか。

  • 時代小説。「剣客商売」シリーズ番外編。上下2巻。

    小兵衛の若かりし頃(32歳~)、剣客・波切八郎との出会いとそれぞれの過ごした日々が描かれている。

    波切八郎と真剣の勝負を約束した小兵衛は、勝負に勝った暁には、師の道場の後をつかず自らの器にあった道場を開き、お貞と夫婦になろうと思い、精進している。
    しかし波切八郎の方は、ふとしたことから剣の道を踏み外して黒幕からの刺客として動くことになる。そのため小兵衛との約束も果たせなくなり・・。

    冒頭から小兵衛ではなく、波切八郎のことがたくさん書かれており、その合間に小兵衛の今は?というような書き方になっているので初読の折は少し読みづらかった。

    もう上下巻読み終わり、全体としては非常に読み応えのあるものだった。

  • はじめて 池波正太郎の本を読む。

    次々に いろんな人が出てくるので・・・
    読みにくいなぁ。
    波切八郎 という 無垢な剣客が・・・・
    純粋培養されすぎた 剣客 ということだろう。

    物語のテンポがよく読みやすい小説だ。
    それが 何よりも楽しい。
    時代小説も 結構いけるね。
    時代劇の独特の表現が オツ である。

    これで だいぶ 読むことができる本が うまれた。

  • 913.6 イ (1) 登録番号8931

  • 秋山小兵衛というよりは、波切八郎の話。秋山小兵衛が際立っていました。
    最後のエピソードもほんわかと、人は色々な所で繋がっているとしみじみ。

  • 剣客商売の番外編

    小兵衛とは対極的な魅力的な主人公を設定し、
    二人の生き様が綾なす物語は剣客商売フアンに
    とっては答えられないだろうな
    (kitanoは最近のフアンだもん)

    小兵衛の生き様を形成した物語としても秀逸!

  • 剣客商売番外編の”ないしょ ないしょ”とは違い、積極的に小兵衛がお話に関わってくる。また小兵衛の若かりし時、しかも妻のお貞さんがまだ健在である時のストーリーであり、剣客商売シリーズのファンとしては、心くすぐられる内容であることは間違いないです。

  • 明るイメージのある剣客シリーズの中では暗い印象がある。おはるがいないからかな。

  • 剣客商売シリーズ番外編。秋山小兵衛若き時代の剣客波切八郎との物語。11.1.4

  • 剣客商売の中で最も深く重いと思われる。
    若き日の小兵衛と、その良きライバル波切八郎の物語。

  • 全2巻。
    剣客商売番外編。

    小兵衛が若くて少しゴリッとしてる。
    もう一人の主人公と言える敵役が良い。
    二人が交わってしまうシーンはハラハラ。
    話としては成立しなくなるけど
    交わらないで幸せでいてほしいと思った。

    エピローグがうれしい。
    シリーズとしてはもちろん星5つ。
    単品なので4つ。

  • とにかく面白いです。

  • 読書完了日2008年09月04日。

  • 物事は「黒白」では図れない。剣客商売番外編。

  • 祖父の代から目黒に道場を構えていた小野派一刀流の剣客・波切八郎は、御前試合の決勝で敗れた秋山小兵衛に真剣勝負を挑み、小兵衛は二年後の勝負を約した。それを待つ身でありながら八郎は、辻斬り魔に堕ちた門弟に自首を促すことができずに成敗してしまう。道場を出奔し浪々の身となった八郎は、想いを通じた座敷女中のお信にそそのかされるまま、お信の敵、高木勘蔵を討つ。
    【感想】
    http://blog.livedoor.jp/nahomaru/archives/50734945.html

  • 長編もおもしろい。
    若い小兵衛のギャップが…楽しい…。

  • 番外編でありながら、大変な傑作というか、最高でしょう。あくまでも、主人公は波切八郎なのですが、若き日の小兵衛の姿もそれなりに魅力的に描かれています。新装版となり、シリーズの一部であることが以前よりも明確に示されるようになっていますが、この作品のみでももちろん堪能できる完成度です。タイトルもニクイな〜。

全23件中 1 - 23件を表示

黒白 上巻―剣客商売 番外編 新装版 (新潮文庫 い 17-17)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

黒白 上巻―剣客商売 番外編 新装版 (新潮文庫 い 17-17)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黒白 上巻―剣客商売 番外編 新装版 (新潮文庫 い 17-17)を本棚に「積読」で登録しているひと

黒白 上巻―剣客商売 番外編 新装版 (新潮文庫 い 17-17)はこんな本です

黒白 上巻―剣客商売 番外編 新装版 (新潮文庫 い 17-17)のKindle版

ツイートする