ないしょないしょ―剣客商売番外編 (新潮文庫)

  • 387人登録
  • 3.85評価
    • (48)
    • (36)
    • (64)
    • (3)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : 池波正太郎
  • 新潮社 (2003年5月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101157498

ないしょないしょ―剣客商売番外編 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 波乱万丈のお福の人生だ。初めは奉公先の主人・神谷に凌辱され、恨みしか抱かなかったはずの神谷が何者かに殺されたところから、物語は大きく展開し舞台を江戸に移す。お福の急成長は、終盤で水茶屋の女主人となるところで、これまでの苦労と引き換えの結果として自分の胸にすとんと落ちた。お福の仇討に助太刀した小兵衛が、お福にとどめを刺させなかったことに感動した。これが他の時代劇であれば、とどめを刺させて目出度しで終わらせるのだろう。人にはその後の人生があり、人を殺めた過去を背負わせるようなことをさせない筆者の愛情を感じる。

  • 剣客商売の番外編。主人公は女性という、シリーズの中でも珍しい設定。もちろん、主人公が違っていても話の面白さは全く失われていません。
    ところどころにシリーズの登場人物や場所などが出てきてにやりとしてしまいます。最後も、シリーズと同じく爽やかな終わり方。最後まで楽しめる一冊でした。

  • こちらもなかなか楽しめました。

  • 池波作品には決して多くない「女」を主人公にした作品。3大シリーズ「剣客商売」の番外編として登場したが、池波ファンには「鬼平」「剣客商売」「梅安」に登場する人物、お店が描かれ思わずニヤリ。

  • 剣客商売番外編です。なんとも気持の良いお話です。最近は,帰宅時の電車や風呂の中で池波作品に埋没し,夕食で一杯やるというのが至福の時間になってきています。お疲れの皆さまは,是非,ご一読下さい。

  • 「死ぬために生きる」「人は悪いことをしながら善いこともする」という心境から生まれる“生の充実”や“物の見方の深さ”。

    このことを池波作品は、お説教としてではなく、登場人物の生き様を通して具体的に教えてくれる。それを読者は快く受け止め、「世の中捨てたものではないな」とほのぼのとした気持ちになる。

    本作では運命に弄ばれながらもけなげにたくましく明日へ向かって生きる「おんな」の生き様が描かれる。
    結末は他の池波作品同様さわやかである。

  • 時代小説。「剣客商売」シリーズ番外編。

    越後・新発田(しばた)の剣客・神谷弥十郎の道場で下女として働いていたお福。神谷が暗殺され下男の五平とともに江戸に向かう。しかし新しい主人の三浦平四郎も五平も、神谷を暗殺した松永市九朗に殺されてしまう。三浦老人に密かに手裏剣を習っていたお福は、小兵衛の力を借りて仇討ちを誓う・・。

    神谷に凌辱されたとき、お福が神谷の味噌汁に鼠の糞を入れるのだが、それがばれても神谷は寂しそうに笑っただけだった。
    これは自害した神谷の妻にこれくらいの意地があれば・・と思ったのではないだろうか。

    波乱にとんだお福の一生。番外編ということで小兵衛の出番は少ないが、とても引き込まれた。特に女性読者にお勧めです。

  • お福は 両親をなくし 不遇な中で 新発田の町道場ではたらき、
    理不尽にも 乱暴される。
    その町道場主 神谷弥十郎は あるオトコ 松永市九郎 に
    ころされる・・・・。
    五平とともに お福は よるべなき ところで
    成長していく。たくましく そして どっしりと。
    しかし、いつも不幸なのだ。
    男たちは 最後のともし火をかがやかせ 安らかに死んでいく。
    三浦平四郎、五平、倉田屋半七の人生が切り立つ。
    老いてのち どのように 人生を生きていくのか
    「人は死ぬために生きる」という 池波正太郎の言葉が
    重く それぞれの人物が 死 に直面し、命を落としていく。
    小兵衛の 卓越した 人生観が お福を 不幸から救い出す。

  • 今まで読んだ本の中で一番しみじみくる作品です。

  • 剣客商売 番外編

    薄幸の少女、お福の物語。
    幼くして両親を失い、下女として神谷弥十郎の元で働いていたが、まもなく主人が暗殺された。
    行き場を失い、下男の五兵衛の世話もあって江戸へ出たお福。
    新しい主人、三浦平四郎はとてもよくしてくれ、お福は幸せだった。しかし、この主人も同じ無頼浪人の凶刃に倒れ、ほどなくして、五兵衛までも殺された。三浦に手裏剣の手ほどきをうけていたお福は、秋山小兵衛の助太刀をえて、仇を討ち果たす。


    若くからあまりにも多くの死を見てきたお福。それでも、人々の善意に助けられながら、たくましく生きていく姿は見てて気持ちよかった。

    小兵衛、仙台堀の政七、四谷の弥七、羽沢の嘉兵衛、軍鶏鍋屋「五鉄」、不二楼などおなじみの人々やお店が出てくるのも楽しい。

  • 913.6 イ 登録番号8933

  • 薄幸の少女が、逞しく生きる。
    周りの人達に恵まれて、最後の場面がさわやかでした。
    かくありたい。

  • 「人は死ぬために生きる」池波さんが色んな作品の中で伝えてくれる言葉ですが、この作品を読むとすぅっと腑に落ちる感じがします。読後感も爽やか。何時でも手元に置いて何度でも読みたくなる、そんな一冊です。この連休は池波正太郎さんの作品を読み返して見ようかしらん。

  • 剣客商売の番外編です

    おんなって・・・強いです
    池波正太郎読者としては初心者のkitanoですが
    こういう女の一生を描くのは山本一力先生の方
    が似合う気がする(笑)

  • 2011/10/17完讀

    剣客商売全系列也讀完了。

    お福在新發田城下劍客神谷家奉公,但被主人染指。他的主人後來被人暗殺,奉公人五平帶她來到江戸。在江戸認識了許多好人,例如秋山小兵衛、小川宗哲等人。お福在三浦平四郎老劍客家中幫忙,老人暗地傳授她手裏劍的技法。但之後三浦被之前殺害她主人的仇人松永所殺,松永隨後也將五平滅口了。在這之前,五平將お福託付給倉田屋半七, 半七過世之後將店面交給お福,她和番頭富五郎將店繼續作得有聲有色。至於仇人松永,在秋山小兵衛的協助下,お福得以用手裏劍射中松永,再由御用聞き將松永逮捕,了卻一樁心事。富五郎過世後,お福嫁給吳服屋白木屋,三十六歲結束她的人生。

    お福並不是個好命的人,但卻度過幸福的一生。是本充分感受江戸人情與溫暖的一本書。

    (376page)

  • 小兵衛が脇役に徹して描かれている潔さがよい。が、主人公のお福が奉公先の主人に理不尽に犯される(主人側からしたら理不尽でもなくそれなりの理由はあるのだが、それにしても・・・お福の身になってみればそれはあまりにひどい話だ)シーンは、こういう事が当時はそれなりにあったのだろうと思わされ、つくづく、女性の人権というものは現代において獲得されたのだなぁとしみじみした。

  • 手裏剣士お福の話。不遇な境涯ながらも周りの人々に支えながら生涯を努める姿が爽やか。11.1.17

  • 小兵衛出番すくねえー

  • 剣客商売 読んだことはありませんが、
    とても面白かったです
    たびたびある食卓の様子でも 柔らかい印象があります

    池波正太郎ファンになりました

    女性主人公もの あと5冊あるそうなので、そちらも早く読みたいです

  • 何度読んでもウルウルする剣客商売番外編。
    人と人との関わり、生き様について考えました。
    *登場人物* お福、三浦平四郎、秋山小兵衛、小川宗哲、倉田屋半七、五平

  • 剣客商売 番外編もこれで最後

    主人公は不幸な身の上の少女
    当然様々な苦難の上に成長を描いています。

    実を言えば、私はこういった不幸な少年少女の物語が嫌いです。
    どうせなら鹿鼎記の小宝のような話が好みだったりするので評価は低めです。

    特徴的なのはこの少女の特技

    根岸流の手裏剣術と聞けば、誰も手裏剣お秀を思い浮かべることでしょう

    番外編なので小兵衛は前作よりさらに出番が少ないです。

    でも、良いところを持っていきますねぇ

  • 全1巻。
    剣客商売番外編。

    若き日の小兵衛ちょい役。
    主人公は本編とあまり関わらない女。
    不幸な女が幸福をつかんで生き抜く話。

    基本的にいわゆる時代小説。
    ただ、ファンはニヤリな感じ。

    最後の感じとか良かった。
    ああいう死に方できるように生きたい。

  • 「剣客商売」シリーズの番外編。
    やはり秋山親子が主人公としてどんと前面にでているほうが心躍る。

    ストーリーは不幸な運命のもと生きるお福という女性の話。
    両親を早くになくし、奉公先の主人が2度も同じ男に殺され、大切な人も殺される。

    やはり池波正太郎は読みやすいのでするする読んでしまう。
    つらい経験はおおい主人公だけれど、決して不幸ではないと思えるところがいい。
    お福はいい出会いを沢山している。

  • やはり池波節・・・

  • 剣客商売シリーズの中でも一番面白いかも!
    主人公が剣術をやってるわけでない若い女性だから、という理由もあると思いますが。
    不幸な身の上でたくましく生きていく少女、最後は本懐を遂げて・・・ってね。

全32件中 1 - 25件を表示

ないしょないしょ―剣客商売番外編 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ないしょないしょ―剣客商売番外編 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ないしょないしょ―剣客商売番外編 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ないしょないしょ―剣客商売番外編 (新潮文庫)のKindle版

ないしょないしょ―剣客商売番外編 (新潮文庫)の文庫

ないしょないしょ―剣客商売番外編 (新潮文庫)の単行本

ツイートする