江戸の味を食べたくなって (新潮文庫)

  • 200人登録
  • 3.67評価
    • (6)
    • (26)
    • (20)
    • (2)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : 池波正太郎
  • 新潮社 (2010年3月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101157528

江戸の味を食べたくなって (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めて池波正太郎の本
    時代ものではないけど、飲み食い好きとしては楽しめる1冊やった

  • 果たして本書のタイトルが相応であったかは疑問であるが、久しぶりに池波氏の文章を楽しんだ。味の歳時記では、江戸から東京へと引き継がれ、そして今は味わえないような食材の話も交えて四季が語られる妙味。第二部の対談では江戸っ子の会話の雰囲気を堪能。第三部ではフランスが舞台となっていたが、エッセイ、語り下ろし、小説と同じ素材を使い回したような構成だったが、これも絶筆を盛り上げんがための趣向なのだろう。

  • 池波正太郎といえば漠然と、「時代小説の人」というイメージだったけど、食通で食のエッセイも面白いと聞いたので読んでみた。
    月毎の美味しい食べ物が書いてあって、小鍋は簡単なので是非やってみたい。

  • 池波正太郎の食に関するエッセイ集。いきつけのお店に行く心境や、その食事の描写は心に響くと言うか、胃が刺激されると言うか。自分も季節の旬のものをめでてみるのもいいなぁと、かなり刺激を受けました。
    食べ物で四季を感じる、いまの社会では薄れてしまった感覚ですが、自分で実践してみるのも一興だと思える一冊でした。

  • 池波正太郎のエッセイは初めて読んだけど、楽しめた!
    鬼平から入ったから、そのタイトルに惹かれて手に取りました。

    歳時記は江戸の粋な食べ方を見せてくれた。
    特に2月の小鍋立ては思わず家でやってみた。
    うまく粋な感じにはいかなかったけど、また小鍋立てやりたい!
    池波正太郎の粋は食欲をセーブできないとだせない気がする。色気より食い気のうちはまだまだ。。。

    パリの描写も古い映画の舞台みたいでステキ。
    もっと映画がみたくなった。

  • 食エッセイとフランス旅行記。山口瞳や職人さんとの対談が面白い。
    「芸者遊びは駄目だ、直接の金のやり取りがあるから。その点、吉原はいい、置屋を通すから遊女との間に金が入らない」なんていう台詞読んでると、江戸のイナセとか遊びっていうのが現代では成り立たないのがよく分かるは。

  • この一冊は「味の歳時記」、「江戸の味、東京の粋」、「パリで見つけた江戸の味」の三部で作られている。「人は死ぬために食べている。しかも明日が最後の日ではないという保証はない。だから、今日の一食一飲が大事」という池波氏の死生感が本の根底に。
    歳時記に書かれている「小鍋立て」今や我が家の冬の定番です。豆腐、油揚げ、大根、浅蜊、今晩は何にしましょうか?

  • 「昔は食べものと季節が、ぬきさしならぬものになっていた」との言葉にハッとする。

    旬の食材を年中 食べられる時代になったけど、そのせいで旬の食材を味わう楽しみがなくなってしまった。

    昭和時代の方が、旬の食材を味わう楽しみと豊かさがあったとは、なんたる皮肉。

  • 過日、書生だった佐藤隆介さんが亡き師を思い、味を再確認するエッセイを書かれた本を読んだ。
    これは、池波正太郎氏がエッセイを書き、まとめたものです。

    第一部 味の歳時記
    タイトル通り、一月から十二月までの、旬のものを扱ってまとめたもの。読みながら、その料理を思い描き、口中に唾が出る。

    第二部 江戸の味、東京の粋
    食を通しての書く著名人との対談をまとめたもの。
    作家の山口瞳氏との対談は、考えさせられるものがある。122ページの、池波氏の言葉が忘れられない。

    第三部 パリで見つけた江戸の味
    パリへ取材を兼ねた旅行でのあれこれ。同行者や、パリ在住の日本人写真家とのやりとりが楽しい。中でも、写真家が紹介してくれた酒場〔B・O・F〕のことが多く語られる。
    老亭主と奥さんとで切り盛りする酒場を、池波氏は『まるで、むかしの東京の下町になったような』と表現する。それほど、気に入ってしまい、パリ滞在中に四度ほど訪れている。
     最後に、この酒場をモチーフにした短編小説と絶筆小説が掲載されている。愛していた酒場〔B・O・F〕は、読んだものに強い印象を残してしまう。

     この酒場名は『忘れられたる佳きフランス』というような意味だと、作中に書かれているのもまた、印象深い。

  • 久しぶりの池波本、年末年始にしみじみと読んでおります。池波さんの語る古き江戸の味は、奥が深い。

全23件中 1 - 10件を表示

池波正太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

江戸の味を食べたくなって (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

江戸の味を食べたくなって (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

江戸の味を食べたくなって (新潮文庫)はこんな本です

江戸の味を食べたくなって (新潮文庫)のKindle版

ツイートする