イエスタディ・ワンス・モア Yesterday Once More(新潮文庫)

  • 85人登録
  • 3.37評価
    • (1)
    • (9)
    • (16)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 小林信彦
  • 新潮社 (1994年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101158266

イエスタディ・ワンス・モア Yesterday Once More(新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイムスリップの物語。軽快なタッチで過去の親、おばに会う話など軽く読める

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    その冬、ぼくは30年前の東京に迷いこんでしまった。隈田川沿いの古い鉄筋アパートの部屋で淡いまどろみから目覚めたとき、窓の外の高速道路は消え、柱のカレンダーには1959と記されていた。おずおずと一歩を踏みだすぼくの前に、次々と現われる見知らぬTOKYO、どこかなつかしい街と人びと…。過去と現在の衝突が生む不思議な時空を旅する青年の〈愛と冒険のファンタジー〉。

  • 1959年へのタイムスリップ。
    未来と過去との因果関係が、うまくはまっている。
    過去に留まろうと決めるのは、1960年代に起こる出来事を見たいから。「あの頃」がびっしりと詰まっていて、なつかしい。
    歴史的な出来事に遭遇できるのかどうか・・続編もぜひ読みたい。

  • イエスタディ・ワンス・モア

  • ここれもNO IMAGE・・・
    画像提供しましょうかぁあああ?

  • タイムトリップ

  • 全然期待してなかったら意外にも良かった。30年前にタイムスリップって話はありふれてるが当時の東京の風刺がよかった。普段は厳しいオバサンが昔は・・・みたいなストーリーもgood。

  • SWH内で一気読み。タイムトラベル物には食傷ぎみ。

全9件中 1 - 9件を表示

小林信彦の作品

イエスタディ・ワンス・モア Yesterday Once More(新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イエスタディ・ワンス・モア Yesterday Once More(新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イエスタディ・ワンス・モア Yesterday Once More(新潮文庫)の作品紹介

その冬、ぼくは30年前の東京に迷いこんでしまった。隈田川沿いの古い鉄筋アパートの部屋で淡いまどろみから目覚めたとき、窓の外の高速道路は消え、柱のカレンダーには1959と記されていた。おずおずと一歩を踏みだすぼくの前に、次々と現われる見知らぬTOKYO、どこかなつかしい街と人びと…。過去と現在の衝突が生む不思議な時空を旅する青年の。

イエスタディ・ワンス・モア Yesterday Once More(新潮文庫)はこんな本です

ツイートする