おとこのるつぼ (新潮文庫)

  • 42人登録
  • 3.62評価
    • (3)
    • (3)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 群ようこ
  • 新潮社 (2016年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101159324

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
三浦 しをん
又吉 直樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

おとこのるつぼ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 世の中にはいろんな男の人がいますね。素敵な人ならいいけど残念な人が多いのが現実です。
    そんな人たちをいつものようにバッサリ斬っているところがスッキリします。これを読んだ男性たちはどう感じるのか聞きたいですね。

  • 「おんなのるつぼ」とセットで読みました。
    とはいえ、書かれた年代はこちらの方がずいぶん新しい。

    「おんな」の方は、ちょっと視線が意地悪に過ぎる気がして引く部分もあったが、「おとこ」の方は、歳を重ねて作者の人格が熟れたのか、それとも同性ではないから競争心を掻き立てられることが無いせいなのか、だいぶ落ち着いた考察が多い。

    自分自身とは違う性別なので、「女の視点から見た」事が書かれているわけで、同じ方向を向いて考えられるので、安心して、怒ったり頷いたりできるのが良い。
    セクハラ男や思い上がり男など、腹の立つことも多いが、『無欲の勝利』は本当に良い話で、「女はこういう気持ちなんですよ」と、男性にこそ読んでもらいたいものだ。

  • とにかく面白い!
    世間だけでなく実の弟まで世の男性の面白い所を!
    あぁ、なるほど〜と思うことばかり。
    私の周りの男性をついつい当てはめて読んでしまった(笑)

全3件中 1 - 3件を表示

おとこのるつぼ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おとこのるつぼ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おとこのるつぼ (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

おとこのるつぼ (新潮文庫)の作品紹介

人望最低の問題社員なのに、なぜか社内人事をそつなく泳ぐパワハラ男。笑い飛ばせば可愛いものを、陰気とひがみをまきちらすはた迷惑なハゲ男。強烈エアパンチにどん引き、夫婦の絆も揺るがす哀しき加齢臭男から、女子人気が一瞬を暴落させた「ハト」男の謎まで。絶滅危惧種の頼れるおとなを尻目に男世界では珍キャラ続々発生中。驚きと脱力が交錯する、爆笑保証の現代男図鑑!

おとこのるつぼ (新潮文庫)はこんな本です

おとこのるつぼ (新潮文庫)の単行本

ツイートする