機長からアナウンス (新潮文庫)

  • 618人登録
  • 3.42評価
    • (42)
    • (66)
    • (168)
    • (18)
    • (4)
  • 85レビュー
著者 : 内田幹樹
  • 新潮社 (2004年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101160412

機長からアナウンス (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・全員が居眠りで目的地通過!? ・「三大悪気流」の空港とは!? 元旅客機機長の作家の経験が詰まった楽しいエピソード集です。これを読めば、飛行機に乗りたくなること間違いなしです!!

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。
    http://opac2017.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/BB50087825

  • パイロット出身の作家がパイロット事情について語るエピソード集。この職業をイメージすると、責任感の強い非の打ち所がないような人を想像するが、この本を読むとパイロットと言っても人間なんだな、と思わされる。コックピットの中では3S(Salary, Schedule, Sex)の会話が繰り広げられておる、パイロットとCAの関係は医者と看護婦のような関係とは似て非なる関係。。。などなど。次に飛行機に乗った時にはコックピットの中でどんなことが起こっているのか勝手に想像してしまいそう。

  • 「たとえば、プロのパイロットになりたいのであれば、二〇〇〇フィートで飛びなさいという指示だったら二〇〇〇フィートできっちり飛べなければいけない。一九九九フィートでも二〇〇一フィートでもダメだという気持ちが必要だ。
    でも同時に二〇〇〇フィートといわれて一九〇〇だって今は大勢に影響ないじゃないかという大胆さがないとまた務まらない。そういう大胆さと繊細さの使い分けができるかどうかが、いちばん必要だと思う。」

  • パイロット・イン・コマンドが面白かったので、内田機長のエッセイを読んでみた。
    こんなに饒舌なパイロットがいたら、さぞ面白いだろう。
    とはいえ、何十年も空の安全を支えてきた人なので、主張はとても合理的である。
    パイロットは半年ごとのライセンスで、他の専門職よりも大変なのだなあ。

  • UFOを多くのパイロットも目撃しているとのことで、見たことはない僕も信じるようになったほど妙に説得力がある。
    続編の2便と重複している話もあるが、文章に引きつける力があり、どんどん読める。

  • パイロット作家の航空業界エッセイ

    スチューワーデスとの気になる関係ではパイロットとCAの恋愛模様を

    コクピットの中ではUFOに遭遇した話など

    誰もが気になる話があります。

    また、パイロットのライセンスは半年しかなくて、身体検査や技能検査を半年に1回しないといけないので、医師や弁護士に比べて大変です。

    関西空港なんて沈んでしまえでは、着陸の際に区域制限があって大回りさせられる 管制が良くないなどそうなんだと思えます。

    一風変わったエッセイ

    おすすめ度  ★★★★☆

  • 内田幹樹さんは、小説も上手いがエッセイも上手い。
    軽妙な語り口の中に誰もかけないような真実を上手く隠している。
    空港行政や官制に関する話は、一般の我々の目に触れにくいが、その道のプロフェッショナリティにかかるやバッサリ両断であり、「本当にこんなことでいいのか!」と行政が心配になる。

    著者が亡くなった後も静岡空港の件など箱モノ行政の弊害が続いており、根が深そうだ。嘆かわしいことである。

  • 三時間で一気読み。軽い内容で読みやすい。小説「査察機長」を読んでいたので、もう少しインパクトがあるかと思ってたけど、肩透かし・・・。読みやすいけど、心に残らない。普段、覗くことのできないコクピットの中やパイロットの話は面白いが、もっと詳しく描かれてた方が胸に残る。サラーッと読めてしまった。
    エッセイだとしても、これは内容(もしくは描写)が軽い。まだ、小説は一冊しか読んだことないけど、この作者は小説の方が面白いのかな。

  • 機長だからこそ書ける飛行機での出来事。
    航空関連の裏話が面白い!!

  • 特にあらすじも読まずに何気なく手に取って。
    想像と違った(笑)。
    もっと、緊急事態を解説するような本かと思いきや、航空事情あれこれに関するただのコラムでした。

    まぁ、自分の周りにはパイロットやフライトアテンダントの知人はいないので、そういう意味では十二分に面白かったけれども(シミュレーションの話とか、部品の融通の話とかね)、でも、全体として特にテーマがある訳でもなし、なんとなーく、ふぅーん、で終了、という感じでした。

全85件中 1 - 10件を表示

内田幹樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奥田 英朗
フランツ・カフカ
三崎 亜記
白石 昌則
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

機長からアナウンス (新潮文庫)に関連する談話室の質問

機長からアナウンス (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

機長からアナウンス (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

機長からアナウンス (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

機長からアナウンス (新潮文庫)の作品紹介

旅客機機長と言えば、誰もが憧れる職業だが、華やかなスチュワーデスとは違い、彼らの素顔はほとんど明かされない。ならばと元機長の作家が、とっておきの話を披露してくれました。スチュワーデスとの気になる関係、離着陸が難しい空港、UFOに遭遇した体験、ジェットコースターに乗っても全く怖くないこと、さらに健康診断や給料の話まで-本音で語った、楽しいエピソード集。

機長からアナウンス (新潮文庫)のKindle版

ツイートする