パイロット・イン・コマンド (新潮文庫)

  • 271人登録
  • 3.78評価
    • (27)
    • (30)
    • (48)
    • (1)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : 内田幹樹
  • 新潮社 (2006年8月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101160443

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
内田 幹樹
有効な右矢印 無効な右矢印

パイロット・イン・コマンド (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 航空サスペンス。
    著者の処女作ではあるが、とても読みやすい。

  • 【本の内容】
    ロンドン発202便は、飛行機好きの小学生、護送される国際犯罪者など、様々な人々を日本へと運んでいた。

    だが成田が近づいたその時、突如、第二エンジンが炎上!

    機長ふたりも倒れてしまう。

    乗員乗客の命は、副操縦士の江波が預かることに。

    経験不足のパイロットは、傷ついたジャンボを無事着陸させられるのか?

    航空サスペンスとミステリを見事に融合させた、内田幹樹の処女作。

    [ 目次 ]


    [ POP ]
    「そうなんだ!」

    「飛行機ってそうなってるんだ!」と驚きながら楽しく読めた。

    飛行中の旅客機内で不穏な事件が起こるというストーリーもさることながら、元パイロットだという著者ならではの、飛行機に関する詳しい知識が面白い。

    こう書くと計器や操縦方法といったマニアックなものが思い浮かぶが、この作品では客室にスポットを当てている。

    緊急時の避難の様子、そのときのフライトアテンダントの役割。

    それらが緊迫感のある描写と相まって、非常に面白く描かれている。

    繰り返し出てくる、「避難方法のパンフレットを読んだ人と読んでいない人では、事故の際の死亡率が大きく違ってくる」といった説明にも説得力がある。

    ここまでスリリングに描けるのは、著者の知識はもちろんのこと、その文章力にあるだろう。

    ほとんど体験したことのない出来事を分かりやすく、かつ面白く読ませる。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 元機長が書いただけあって、機内、航空会社の内部事情等の描写は秀逸。エピローグの会社の乗務員に対する仕打ちは悲しい。

  • 突然起こったエンジン炎上で急遽一人で操縦することになった副操縦士・江波を主人公とした航空サスペンス。
    怪しげな人物も多く、ハラハラドキドキの連続で息が詰まりそうになった。関係者の処分には、納得いかないところもあり、しこりがちょっと残った。特に川口。。
    飛行機から見える景色の変化の描写がきれいで、今度飛行機に乗る時は窓からの景色も楽しもうと思った。と同時に、機内安全装備の説明を流し聞きしていたことに猛反省。

  • 『機長からアナウンス』で有名な元全日空の機長内田幹樹さんの航空小説。
    1997年の第14回サントリー・ミステリー大賞で優秀作品賞を受賞した作品。

    以前にも書いたが、わしは航空モノにヨワイ。
    ヨワイったらヨワイ。
    飛行機を知り尽くしている人が書いているだけに、
    機内の様子は迫力に満ちているしリアルな恐怖。
    何ヶ所か飛行機好きの急所をつくところがあって、
    そのたびに涙ボロボロ。
    電車の中で人目も憚らずウルウル。
    そういえば何年か前TBSで放送されたキムタクのドラマ『グッドラック』でも、
    急所を突かれまくりで毎回ウルウルになってしまったっけ。

    パイロットと管制とのやりとりもホンモノの言い回しだから、
    リアルだしわかりやすい。
    翻訳の航空モノでまずコケるのは、このパイロットと管制とのやりとりの場面。
    知識のない翻訳家が意味をわからないまま訳すものだから、
    よけいわけのわからない訳になってしまう。
    おそらく編集者もわかっていないから違和感だらけの訳もスルーされてしまう。
    これまで何冊か翻訳の航空モノを読んだけど、
    今のところズッコケ率は100%。

    これから航空モノを訳す方がいらっしゃったら、
    訳す前にぜひ内田さんの小説や専門書を当たってホンモノに触れて欲しい。
    できれば、ホンモノのやりとりを聴いて欲しいところだけど、
    そこまでは望みますまい。
    素人の方でも、ユナイテッド航空の機内オーディオで聴けるので、
    乗る機会があったら興味のある人は試して欲しいな。

    というわけで、
    日本に航空モノの作品が少ない理由がわかったような気がした。
    一夜漬け的な付け焼刃の生半可な知識で航空モノを書こうとすると、
    あちこちにボロが出てしまうにちがいない。
    ただでさえ最近の航空機はハイテクのカタマリである。
    甘い気持ちで挑戦すると痛い目に遭うかも。
    航空業界出身の作家がこれからいっぱい誕生してくれるとうれしいのだが。。

    ちなみに、
    『機長からアナウンス』によると紅のタヌキこと砧機長のモデルは実在するらしい(笑)。
    それと、
    マイケル・クライトンの『エア・フレーム』について、
    内田キャプテン(笑)の伝え話によって登場する場面があるので、
    マニアの方は発見したらこっそりニヤニヤしてください。

  • 内田幹樹の処女作。

    教官として降り立った下地島で時間つぶしに読む本がなくなったことから書き下ろしたのが本書。

    航空小説とパニックノベルが相性いいことは、さておき、文庫本350ページがあっという間に過ぎていく筆力は見事であり、処女作というのが驚きである。

    兎に角、操縦を熟知したパイロットならではの視点と書き込まれたディテイルによる臨場感で読み手をぐいぐい引き付ける。

    仕掛けやこまやかに書き込まれた脇役もストーリー盛り上げる。

    すばらしきエンターテイメント。

  • 航空パニックもの。冒頭、ヨーロッパから飛び立ってからの描写は、旅行に行きたくなった。作者がパイロットって事でリアリティーがあり、面白かった(実話なら安心して飛行機に乗れる?)神戸出張往復でほぼ一気読み。

  • 元パイロットの内田幹樹さんのデビュー作でサントリーミステリー大賞優秀賞受賞作。航空小説ってあんまり見ないのですが、本作からは、航空機事故で出来るだけ犠牲者を少なくしたいという著者の願い、それには乗客の側も出来ることがありますよ、という真摯な姿勢を感じることが出来た。
    そのメッセージには強く共感するが、航空ミステリとしてはどうか。結末の中途半端な感じは否めないかなぁ・・・登場人物が多いわりに伏線が少ない気もするし、それぞれのその後がエピローグで十分に語られていない。
    これらを差し引いても、読み応えはあるし、カバーデザインが素晴らしいので、電車等でこれを読んでいるとカッコイイかもw。タイトルも素晴らしい。

  • コパイ細腕奮闘記。

  • コクピット内だけでなく、CAの姿や航空会社の体質もわかる。機体トラブルを抱えながらの着陸操縦の描写は緊迫感もあり、さすが元機長と思わせる。機長、CAが協力して困難を乗り越えようとするシーンで、ちょっとウルウルきた。
    でも、1回のフライトにいろんなことをてんこ盛りしすぎでは?!

  • 内田幹樹さんの処女作だけあって渾身の出来栄えで何度でも読み返したくなる。航空機事故とミステリーのミックス加減がサイコーです。

  • ANAの元操縦士が描くエアラインミステリー。コックピットやキャビンの描写がとても詳細で、まるでクルーと一緒にフライトしているかのような臨場感がすごいです!現場を知り尽くした元操縦士の著者ならではですね。飛行機好きも、そうでない人も楽しめると思います。

    所在:楽しむコーナー
    請求記号:913.6||U14
    資料ID:11230176

  • いいですねー
    飛行機好きにはたまらないですね
    ちょっとハッピーフライトが入ってますが
    元パイロットが書いてるだけあってDetailが効いてます
    他作読もーっと

  • パイロットとかCAとかよく知らない世界の、
    組織の体質や上下関係、確執が面白い。

    大きなトラブルに見まわれたときの各々の覚悟と、
    大きな目的を共有することで、同じ目的を目指す思いが、
    組織の体質や人間性でぎくしゃくしていた関係を超え、
    生きるためにメンバーが役割を全うしていく様が感動。

    何よりストーリーの展開が生々しく、汗をかいている自分に気づく。
    物語の最後の人事決定に、彼らの命を預かっているという仕事の重みと
    組織の体質を感じ、逆にほっこりしてしまった。

  • これを読んで、また航空関係の解説本を読みたくなった。

  • 物語の導入部分にひきつけられた。
    話もはらはらどきどきしながら読めて面白かった。
    旅行に持っていくのにいいかも。

  • 最後までいっき読み!!
    ハラハラする感じに引き込まれました!

  • 元ANAパイロットが書いたミステリー小説
    さすがパイロットだけあって、パイロットがコックピットで
    機器を操縦している描写は、なんか自分もその場にいるような
    感じになった。
    しかし処女作だからか、ミステリーだからかは不明だが
    ちょっと文体が硬いかな?

    読み応えはある。飛行機好きにはお勧め。

  • パイロットの書いた飛行機上で起こる事件のお話。
    操縦のアレコレが詳細に書かれていることもあり、
    飛行機好きにはたまらないかもしれません。

  • エッセイ「機長からアナウンス」シリーズ2冊を読み終え、小説の方も読んでみた。
    処女作ということで、「これは複線なのか?でも最後まで受けてないような…」と思う点もありましたが、
    後半、トラブル発生後のスピード感がいい。
    航空の専門用語は斜め読みでしたが(笑)夢中で最後まで読みました。

    また、個人的に、ロンドンは行ったこともあって好きな土地でもあるので、
    冒頭から物語にどんどん引き込まれていきました。
    コックピットという、自分で見れないであろう視点から見るヨーロッパの描写も素敵です。

  • 内田さんのデビュー作。。。
    興味があってもなかなか外にでない航空関係の話題が盛りだくさんで、飛行機好きの人にとってはうれしい作品。

    CAさんの書かれた本は多くても、ほんとうのそれも日本のパイロットさんの書かれた本は少なくて、この本ではパイロットだけでなく、組合などの内部問題もかなり現実にそった形で書いていると思います。

    小説としては、これを先に読めばもっと楽しめたでしょうが、「査察機長」をその前に読んだので、、、
    査察機長の方が完成度が高かったです。

  • 久しぶりの一気通貫。
    ジェットコースター。
    元機長が書いてるだけに、飛行機に関する記載も詳しい。
    楽しめる一冊。

全23件中 1 - 23件を表示

パイロット・イン・コマンド (新潮文庫)に関連する談話室の質問

パイロット・イン・コマンド (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

パイロット・イン・コマンド (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パイロット・イン・コマンド (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パイロット・イン・コマンド (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

パイロット・イン・コマンド (新潮文庫)はこんな本です

パイロット・イン・コマンド (新潮文庫)のKindle版

パイロット・イン・コマンド (新潮文庫)の単行本

ツイートする