夏の花・心願の国 (新潮文庫)

  • 228人登録
  • 3.81評価
    • (21)
    • (22)
    • (26)
    • (3)
    • (1)
  • 23レビュー
著者 : 原民喜
  • 新潮社 (1973年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101163017

夏の花・心願の国 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原爆文学の白眉である。

    新潮文庫版は大江健三郎編。原爆前後を描写した『夏の花』三部作を挟んで、その前に原爆を知らずに亡くなった妻の臨終を描く『美しき死の岸に』作品群、そして最後に、絶筆『心願の国』を含む惨劇後の心象を描く作品群を配す。
    作品舞台の時系列的にはこの通りだが、上梓されたのは『夏の花』が最も早く、原爆前後を描く作品は入り交じりながら発表されている。おそらく書かれた順もそうなのだろう。
    著者の妻は糖尿病と肺結核を併発し、5年の闘病の末、終戦前年に亡くなっている。著者は妻と暮らした千葉の家を畳み、広島に疎開して罹災する。
    作品いずれにも、原爆が色濃く影を落としている。短編を集めたものでありながら、作品群を貫く基調があり、読み終えると長編小説を読んだようでもある。

    硬質で繊細、ガラス細工のような文体である。端正で静かな語りの中に、否応なく忍び込む、時には割り込んでくる不安が漂う。

    妻がおそらく助からぬことを知りつつ、主人公(著者)が暗唱する『奥の細道』の一節に胸を突かれた。芭蕉が旅立ちに際して記した

    幻のちまたに離別の泪をそゝく


    である。
    妻が実際に臨終する場面もまた印象深い。冷静でありながら、命あるものがこの世を去ることの救われなさ・どうしようもなさ、見守るものの無力さを描き取った数行は、忘れがたい。

    原爆投下の日、主人公は厠で難に遭う。あるいは命が助かったことを思えば、かろうじて難を逃れたとも言えるのか。その瞬間はむしろ、呆然とした感がある。主人公も他の人々も実際に「何」が起きたのか理解しきれていない。あっけにとられつつ、逃げながら、徐々に惨劇の全容を目撃することになる。
    投下後、月日を経てからも、広島では誰もが誰かを捜していたという挿話が印象的である。
    いったんは快復したように見えても、再発して亡くなる人も多い原爆症の掴み所のなさが漠とした不安を煽る。

    被災後しばらくして、著者は再び、居を首都圏に移す。
    一見穏やかな生活を送っているようでありながら、被災直後のショック状態で見た光景が、ときに、有無を言わせず脳裏に浮かび上がってくるようでもある。静かな印象を与える作品群の中で、『鎮魂歌』は血を吐きながらの慟哭を思わせる激しさである。

    昭和26年、著者は鉄道自殺を選ぶ。
    妻は何ごとについても語り合ってきたよき理解者だったという。その妻を亡くした後に目撃した、取り返しのつかない惨劇。冷静な観察眼と鋭い感性を持つ著者には書き残す以外に道はなかったのだろう。
    「堪えて堪えて堪えてゆくことに堪えよ」と著者が自らを鼓舞しつつ、書かねばならないことを書き留めたこれらの作品を、黙祷を捧げつつ、深く記憶し続けたいと思う。

  • 2017年7月9日に紹介されました!

  • ニンゲン。

  • 一人の人間の内的なものと外的なものが綴られている。
    2011念の大災害を経験したからこそ沸き上がって来る複雑な感慨がある。

  • 読まなければならない衝動に駆られ原民喜『壊滅の序曲』『夏の花』『廃墟から』を読む。今日という日、あのような炎天のもとでこそ考えられることがあると感じたので。

  • 常に死者の群れを幻視しながら生きていかねばならなかった。己の為にではなく、死者達の為に生きながらえることが使命となった。絶望的な清々しさを感じた。絶望を見た者でなければ芽生えることはないだろう美しい魂。幸いにも(といえるのだろうか)自分はまだ人間の惨死図を直視していない。しかしここで描写された光景は決して幻想でも残景でもない。かつて本当にあったこと、そしてこれからの未来(もしかしたら次の瞬間にも)起こりうることであることを意識せなばならない。殺戮の序曲は人為的な無関心に孕んでいる。この鎮魂歌を聴くがいい。

  • 私は歩み去ろう 今こそ消え去って行きたいのだ。
    美しい言葉の中にあふれる狂気。
    まるで詩のように文章が現れ自分の気持ちを掴まれ揺さぶられる。

    「水ヲ下サイ アア 水ヲ下サイ」 

    戦争は間違っている。

  • (1974.09.10読了)(1974.08.07購入)
    内容紹介
    現代日本文学史上もっとも美しい散文で、人類はじめての原爆体験を描き、朝鮮戦争勃発のさ中に自殺して逝った原民喜の代表的作品集。被爆の前年に亡くなった妻への哀悼と終末への予感をみなぎらせた『美しき死の岸に』の作品群、被爆直後の終末的世界を、その数カ月後に正確な筆致で描出した『夏の花』三部作、さらに絶筆『心願の国』『鎮魂歌』などを収録する。大江健三郎編・解説

  • 核に対してどのような政治的な立場にある人も,一度は読んでおいてほしい作品.純文学として見ても,はるかな高みにある.

  • 美しく、厳しく、原爆の恐ろしさをひたひたと訴える文章。
    「そして、赤むけの膨れ上がった屍体がところどころに配置されていた。これは精密巧緻な方法で実現された新地獄に違いなく、ここではすべて人間的なものは抹殺され、たとえば屍体の表情にしたところで、何か模型的な機械的なものに置換えられているのであった。苦悶の一瞬足掻いて硬直したらしい肢体は一種の妖しいリズムを含んでいる。だが、さっと転覆してしまったらしい電車や、巨大な胴を投出して転倒している馬を見ると、どうも、超現実派の画の世界ではないかと思えるのである。」(p137)

全23件中 1 - 10件を表示

原民喜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夏の花・心願の国 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする