「死の棘」日記 (新潮文庫)

  • 98人登録
  • 3.53評価
    • (3)
    • (7)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 島尾敏雄
  • 新潮社 (2008年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (557ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101164052

「死の棘」日記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

全8件中 1 - 8件を表示

「死の棘」日記 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「死の棘」日記 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「死の棘」日記 (新潮文庫)の作品紹介

思いやり深い妻が夫の不実の証拠を眼にし、狂気に苛まれ豹変する-。夫婦の絆の行き着く果てを描き、昭和52年の刊行以来読み継がれる小説『死の棘』。本書は、その背景をつぶさに記録した日記である。不安に憑かれ、夜を徹して責める妻、心身共にぎりぎりまで追いつめられ、心中の相談をもちかける夫…。小説よりも凄まじい夫婦の軌跡を記し、深い感動を呼ぶ日記文学の傑作。

「死の棘」日記 (新潮文庫)はこんな本です

「死の棘」日記 (新潮文庫)の単行本

ツイートする