ルート225 (新潮文庫)

  • 372人登録
  • 3.21評価
    • (21)
    • (43)
    • (118)
    • (23)
    • (9)
  • 76レビュー
著者 : 藤野千夜
  • 新潮社 (2004年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101164311

ルート225 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すごく読みやすくて、面白かった。
    パラレルはよくあるけど、これは少し他と違って不思議で笑えて、切ない話だなと思った。
    主人公、ダイゴ、マッチョなど登場人物が非常に魅力的。

    読み始めたときはまさかこんな切ない思いをさせられるとは思わず、いい意味で裏切られた素敵な小説だった。

  • 14と15。謎は解けず。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    公園に弟を迎えに行って帰ってきたら、家からママがいなくなっていた…。中2のエリ子と中1のダイゴが迷い込んだ、微妙にズレたパラレルワールド。学校もあるし、普段と変わらぬ日常が続いているようなのに、なぜか両親がいないのだ。おまけに、死んだはずの同級生が生きていたり、プロ野球選手がちょっぴり太っていたり。一体どうして?必死で試みる母との交信から二人の軽やかで切ない冒険が始まる。

  • 【あらすじ】
    公園に弟を迎えに行って帰ってきたら、家からママがいなくなっていた…。
    中2のエリ子と中1のダイゴが迷い込んだ、微妙にズレたパラレルワールド。
    学校もあるし、普段と変わらぬ日常が続いているようなのに、なぜか両親がいないのだ。
    おまけに、死んだはずの同級生が生きていたり、プロ野球選手がちょっぴり太っていたり。
    一体どうして?
    必死で試みる母との交信から二人の軽やかで切ない冒険が始まる。

  • 『公園に弟を迎えに行って帰ってきたら、家からママがいなくなっていた…。中2のエリ子と中1のダイゴが迷い込んだ、微妙にズレたパラレルワールド。学校もあるし、普段と変わらぬ日常が続いているようなのに、なぜか両親がいないのだ。おまけに、死んだはずの同級生が生きていたり、プロ野球選手がちょっぴり太っていたり。一体どうして?必死で試みる母との交信から二人の軽やかで切ない冒険が始まる。』

  • 現実とは微妙にずれたパラレルワールドに来てしまった姉弟。

    元の世界に戻るために色々と試行錯誤して、最後はちゃんと帰ってこれてハッピーエンド。・・・にはならなかったという事実に驚愕。

    パラレルワールドを扱った話で、もちろん元の世界に戻れないものもあるけど、この物語全体の雰囲気と姉弟のノリからはそれは予測できなかった。
    そんなんで終わっちゃうの!?とは思ったけど、逆にその苦さが良い。普通のハッピーエンドだったらつまらなかったし印象にも残らなかったと思う。

    それにしても姉よ、もっと弟に優しくしてやってくれ。尻に敷かれ過ぎて可哀相。あとデブでさえないマッチョが、すごくいい奴なのが好感持てた。

  • 主人公は中学生の女の子、エリ子。ダイゴという弟がいます。ふとしたことから家に帰れなくなり、道に迷ってしまいます。迷った末にやっと家に戻ってきたと思ったら、そこはどこか違和感のある世界。

    ネタバレはこちら http://d.hatena.ne.jp/ha3kaijohon/20120312/1331538627

  • 兎に角結末が気になり、夜が更けるのも忘れ、一気に読み切ってしまいました。

    人生には、時に、どうしようもなく不条理で理不尽な問題が起きてしまいます。
    しかし、必ずしもその全てが乗り越えられ、解決できる問題とは限りません。
    中には、諦め、受け入れることで前に進まなければならないこともあると思います。
    この本は、そんな人生の厳しさと、その中で成長していくことの大切さを教えてくれます。

  • 重たい事もサラッと流すところが面白かった。よく考えると、くらーい話し。

  • 一人称の若者の言葉で書かれた藤野さんらしい作品。
    パラレルワールドに入ってしまった兄弟の物語。

    理論社のYAシリーズとして書かれているらしく確かに、読みやすくサラサラと進む。だが!内容が薄いわけではない。

    表紙のイラストがラノベみたいなので損をしていると思う。買う時恥ずかしかった・・・。

    藤野さんの言葉回しが絶妙で、やはりこの人は好きな作家だ。

全76件中 1 - 10件を表示

藤野千夜の作品

ルート225 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ルート225 (新潮文庫)の作品紹介

公園に弟を迎えに行って帰ってきたら、家からママがいなくなっていた…。中2のエリ子と中1のダイゴが迷い込んだ、微妙にズレたパラレルワールド。学校もあるし、普段と変わらぬ日常が続いているようなのに、なぜか両親がいないのだ。おまけに、死んだはずの同級生が生きていたり、プロ野球選手がちょっぴり太っていたり。一体どうして?必死で試みる母との交信から二人の軽やかで切ない冒険が始まる。

ルート225 (新潮文庫)の単行本

ルート225 (新潮文庫)のKindle版

ルート225 (新潮文庫)のコミック

ツイートする