人事の日本史 (新潮文庫)

  • 48人登録
  • 3.06評価
    • (1)
    • (2)
    • (10)
    • (3)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 新潮社 (2008年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (390ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101164434

人事の日本史 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人事の成功や失敗。歴史は繰り返すというけれど、人事を巡る悲喜こもごもは、今も昔も変わらないんだなあ。古代編、中世編が意外に面白かった。

  • まあまあ面白いけれど、こじつけに感じられる部分もあったなあ…

  • 「組織は人なり」「組織は人が要」「リーダーの役割」「リーダーの資質」「リーダーの意思決定の重要さ」などが、日本の歴史からも伺い知れる逸話が盛りだくさん。各逸話とも、短編で構成されているため、通勤・通学中の読み物として最適。

  • 古代から近世までの歴史を人事の視点が著した本である。藤原道長が関白ではなかったのが意外であった。(関白のイメージが強かったのに。)本は読むたびに発見があり面白い。

  • うーん。
    歴史のひとつの切り取り方としては面白いけど、それを今の人材登用に適応できるのかというと無理やりな議論に思えてしまう。

全5件中 1 - 5件を表示

遠山美都男の作品

人事の日本史 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人事の日本史 (新潮文庫)はこんな本です

人事の日本史 (新潮文庫)の単行本

ツイートする