春の数えかた (新潮文庫)

  • 398人登録
  • 3.84評価
    • (33)
    • (44)
    • (41)
    • (3)
    • (2)
  • 51レビュー
著者 : 日高敏隆
  • 新潮社 (2005年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101164717

春の数えかた (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 動物行動学者の好奇心にあふれたエッセイ集。
    身のまわりの植物や昆虫に対する、著者の眼差しのあたたかさと鋭さを両方とも感じることができます。

    特に印象的だったのは「自然との共生」についての文章です。(「幻想の標語」「人里とエコトーン」)
    そもそも自然とは果てしない競争と闘いの場である。
    人間は住みやすい環境を守るために雑草や虫を追い払うけれど、植物や虫は子孫を残すため追い払われてもまた巻き返してくる。
    そのように、人間のロジックと自然のロジックがせめぎ合うところが人里であり、その状態こそ「自然との共生」なのではないか、と著者は述べています。
    そう考えると、里山の景色がなんだか違ったように見えてくるから不思議です。

    また、表題作にもなっている「春の数えかた」もおもしろかったです。
    生物はどのようにして春が来たことを知るのだろう?
    たった5ページのエッセイとは思えない、わくわく感を味わうことができました。

  • 春の数えかたというタイトルに魅せられました。
    同じ高さにそろえて咲かせている花たち、鳥や虫たちが季節を知る方法、自然界の不思議がいっぱいつまった素敵な作品です。
    著者の作品にこれからも、触れて行こうと思います。

  • 人の世に疲れたときは、こういった生物学方面の本を読むとほっとする。
    人間以外の生物は、厳しく荒々しくむきつけに生きている。
    人間は簡単に「動物を見習うべき」なんてことを言うけれど、とうてい無理だと思う。まあだいたいそういうことを言う時は、人間に都合のいい面だけを取り上げているものなのだけれども。
    この本はエッセイなので、いろんな事象についての日高先生の思いが書かれているにとどまっている。ここから先が面白いんだよなあ。
    それにしても、植物と昆虫のせめぎあいは実に凄まじい。

    もう亡くなってしまったのが改めて残念だ。

  • 昆虫や植物がとても好きなんだなと感じるエッセイ。見つめる目は、とても温かい。鳥たちが家に帰りたくなった時は、まずある一匹が家に帰りたいとされる鳴き声を出して、最初は何匹かがその鳴き声を出しているだけだが、だんだんその数が増えていくと、全員で家に帰り出すと書かれていて、さすが群れの生き物だなと感心した。一人だけで帰るのでもなく、無理やり連れていくのでもなく、みんなをその気持ちにさせるまで待つ、というところが何とも集団行動的。

  • 内容紹介
    春が来れば花が咲き虫が集う──当たり前? でもどうやって彼らは春を知るのでしょう? 鳥も植物も虫も、生き物たちは皆それぞれの方法で三寒四温を積算し、季節を計っています。そして植物は毎年ほぼ同じ高さに花をつけ、虫は時期を合わせて目を覚まし、それを見つけます。自然界の不思議には驚くばかりです。日本を代表する動物行動学者による、発見に充ちたエッセイ集。

    これは興味深い学者の視線で、僕らの目線迄降りてきてくれている本です。自然との共生というよりも、そもそも自然もお互いを熾烈に喰いあって成立しているのをじっくりと語ってくれています。

  • 動植物に対するあたたかい目線が心地よいエッセイ。

  • 20160229-09

  • 自然の生物多様性とは生きものたちの果てしない競争とせめぎあいの結果。
    調和の上に成り立っているわけではないのだ。
    もちろん人間も含めた生きものたちの。


    僕の思い描いていた自然の風景には
    すべて人のロジックがあった事を知れた。

  • 植物、昆虫、、、、、いきものはどのように時間を感じるのか?
    著者の思索がいい具合に述べられている。
    読者はごく自然に生物学の一分野の最先端まで導かれていく。何が明らかになっていないのか?
    おそらく、今後解決される課題もあるだろう。
    面白い。

  • この本を読んで生物たちが身近に愛おしく感じられるのは、解説の椎名誠さんがおっしゃるように、視点が学者のそれではなく「人間の視線」であるからだろうと思う。

全51件中 1 - 10件を表示

日高敏隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
ベルンハルト シ...
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

春の数えかた (新潮文庫)に関連する談話室の質問

春の数えかた (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

春の数えかた (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

春の数えかた (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

春の数えかた (新潮文庫)の作品紹介

春が来れば花が咲き虫が集う-当たり前?でもどうやって彼らは春を知るのでしょう?鳥も植物も虫も、生き物たちは皆それぞれの方法で三寒四温を積算し、季節を計っています。そして植物は毎年ほぼ同じ高さに花をつけ、虫は時期を合わせて目を覚まし、それを見つけます。自然界の不思議には驚くばかりです。日本を代表する動物行動学者による、発見に充ちたエッセイ集。

春の数えかた (新潮文庫)の単行本

ツイートする