そして粛清の扉を (新潮文庫)

  • 363人登録
  • 3.44評価
    • (28)
    • (59)
    • (93)
    • (17)
    • (5)
  • 74レビュー
著者 : 黒武洋
  • 新潮社 (2005年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (385ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101165615

そして粛清の扉を (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • かなり以前に「勧善懲悪もので爽快感のある小説」を検索したところ、ヒットしたのが第1回ホラーサスペンス大賞受賞作の本書。
    図書館で借りて読んでみた。

    ツッコミ所も有るけど、まぁ、楽しめたかな。
    ただ、文章が読みにくい。なんて言うか、リズム感が無いというか、流れに乗って読み進めない文章。普段、馴染みのない漢字がちょくちょく出てくるのが原因かな。

    内容的にも「?」の部分が・・・。
    主人公が復讐に至る過程をもう少し描いてくれてると、もっと感情移入しやすかったと思うけど。プロローグの後、いきなり復讐劇が始まる感じで、唐突感が否めないんだよなぁ。
    物語の大半を占める復讐部分、「バトル・ロワイアル」や「悪の教典」に似てるな、って思った。もっともメッセージ性があるぶん、「バトル~」のバカバカしさより上質。主人公の生活部分の描写や生徒との係わりが描かれている分、「悪の教典」の方が緻密。

    ラスト近く、ちょっとしたサプライズがあるんだが、この辺は好感。

    ☆3個


    「BOOK」データベース~

    卒業式を翌日に控えた高校で、突如として発生した学校ジャック事件。武器を手に、生徒を人質にとったのは、普段は目立たない中年女性教諭だった。彼女の周到に練られた計画と驚くべき戦闘力は、対峙した警視庁捜査第1課の精鋭「特警班」さえをも翻弄する。焦燥し、混乱する警察、保護者を前に、一人また一人と犠牲者が…。第一回ホラーサスペンス大賞を受賞した衝撃の問題作。


    しかし、まぁ、なんていうか、よくもこれだけワルの集まった高校があるもんだな。フィクションの世界とはいえ、ちょっと違和感なんだよな。この辺も、様々なタイプの生徒を描いてる「悪の~」の方が現実的、

  • 文章が読みづらい!

    ながらが乍らて!

  • 実際にあった事件の記事とか本を読んでいると、その犯人のやったことに対して、あまりにも刑罰が甘すぎる、と思うことが多々あります。きっと表に出ていない事件もあるから、野放しにされている加害者もいる。罰を与えればいいということではないけれど、それじゃああまりにも被害者が報われない。この本はそうした人間たちを殺すような話で、手放しでよくやった!とかは言えないけれど、やっぱりどこか主人公を応援してしまうようなものがありました。読みやすく、引き込まれました。

  • 忙しくて進まなかったが、
    「告白」と同じくらい冒頭から夢中なのは確かです。
    エンタメとして非常に秀逸。
    そして、皆さんにお薦めできます。

    また、現代社会が直面している現実の問題も考えさせられた。
    「被害者の報復」については、解説にも書かれていたが考えさせられる。

    また報復とは、社会生活の中でもあると思う。
    人が共に生きるということの本質的な難しさを考えさせられた。

    この本を、薦めていただいていた方に感謝!!

  • 卒業式の前日
    担任の女教師が突然宣言する
    「あなたたちは人質です」

    そして始まる恐ろしい粛清の嵐

    ナイフ、拳銃、地雷に爆発
    なんでもアリの展開はすさまじく
    容赦ない復讐劇は、ある種爽快でもある

    「??」な部分は、ラストで綺麗に納得

  • 大筋は、近年映画化された悪の教典や告白と似ています。途中でいくつかひっかかる部分がうまれますが、ラストのどんでん返しですべて回収されました。

  • 第1回ホラーサスペンス大賞受賞作。

    大量殺人・デスゲーム的な物語というのは
    今ではちょくちょく見る設定ではあるものの、
    振り切った面白さと綿密な作り込みが
    凡百のデスゲーム小説とは一線を画していた。

    犯人の動機としての弱さは若干感じるものの、
    犯行から決着までのディテールの細かさと
    練りこまれた計画からの実行力は
    一級品のクライム・サスペンスだった。

    本作とは関係ないけど、
    ホラーサスペンス大賞の歴代受賞者を見てびっくりした。

    わずか6回のみ行われたホラーサスペンス大賞には
    誉田哲也、道尾秀介、沼田まほかる、五十嵐貴久という
    現在大活躍している人気作家が名を連ねている。
    どういう経緯で終了したのかわからないけど、
    もっと続いていれば・・・と思ってしまった。

  • 2014.1

  • 本編に入ってすぐはバトル・ロワイヤルを思わせますし、どうやって調べた?短期間にこれだけパーフェクトに様々な技を習得するのは無理じゃない?などといったツッコミどころはあるのですが、それでも夢中になって読み進みました。
    今の世に復讐はタブーなのでしょうが、女教師の言葉「大人の本気を、知りなさい」に共感するオトナは少なからずいると思います。
    確かに内容は、突如戦闘力マックスになった平凡な女教師による周到に練られた殺戮に次ぐ殺戮なのですが、そこはそれ、エンタメ作品なのですから。ましてやターゲットになった生徒達が、彼女に「生きるに値しない」と評されてしまうような者たちなのです。
    だったら何をされてもいいのか、というのはまた別のお話。
    これは女教師によるスピーディで凄まじい展開の復讐劇を、エンタメとして楽しむ作品だと思います。

  • 卒業式を翌日に控えた高校で、突如として発生した学校ジャック事件。武器を手に、生徒を人質にとったのは、普段は目立たない中年女性教諭だった。彼女の周到に練られた計画と驚くべき戦闘力は、対峙した警視庁捜査第1課の精鋭「特警班」さえをも翻弄する。焦燥し、混乱する警察、保護者を前に、一人また一人と犠牲者が…。第一回ホラーサスペンス大

全74件中 1 - 10件を表示

黒武洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

そして粛清の扉を (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

そして粛清の扉を (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

そして粛清の扉を (新潮文庫)の単行本

ツイートする