空のオルゴール (新潮文庫)

  • 216人登録
  • 3.11評価
    • (6)
    • (18)
    • (73)
    • (8)
    • (5)
  • 23レビュー
著者 : 中島らも
  • 新潮社 (2005年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101166414

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中島 らも
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

空のオルゴール (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 大学院でフランス文学の勉強をしているトキトモは、丸尾教授からパリへ行って伝説の奇術師ロベール・ウーダンの事跡を調査するように依頼されます。そこで彼は、大学時代の後輩で、現在はフランソワ師という奇術師のもとでマジシャンの道を歩んでいるリカと再会します。

    ところが、フランソワ師が「反奇術同盟」(U・M・A)を名乗るファンダメンタリストに殺害されてしまうという事件が起こります。さらにU・M・Aは、フランソワ師の弟子であるカリオストロ、フーディーニ、マミー、オキトといったマジシャンたちを襲撃する計画を実行に移し、トキトモとリカも戦いに巻き込まれていきます。

    荒唐無稽なドタバタ劇なのですが、もう一つ吹っ切れていないようにも感じます。

  • すっっごいしょうもない

  • 文芸書の棚にいたけど、置き場所間違ってない?登場人物の既視感あふれる設定とかわかりやすい(笑)文章とか幼稚な印象。時間を無駄にした。

  • 軽く読みきれてまあ面白いのだけれど、ラストがよくわからない。
    話の速度に対して内容が詰め込め切れていないかな。

  • 気のおけない仲間と泥酔して、どうでもいいことに白熱していく。だんだんディティールにこだわってゆく。そんな楽しい一時が読書で味わえる。
    しかし、らも氏が描く女子はなんてかわいいのだろう。

  • 筆が荒れているなーという正直な感想。
    そして展開、人物、描写すべてが大雑把。
    中島らも独特の温かみも、どうも感じられず。

  • 図書館から借りました

     どたばたもの。奇術師もの?
     舞台はパリ(フランス)。

     奇人変人大集合、のような話。
     中島らもですから。

     教授が「伝説の奇術師ロベール・ウーダンについて調べてこい」というので、パリに向かった大学院生のトキトモ(主人公・男・合気道の心得アリ)。
     現地で後輩のリカ(奇術師の弟子、女、薙刀を使う)と会い、ロベール・ウーダンについて詳しい人物(リカの師匠)を紹介して貰うのだが、師匠は殺されてしまう。
     弟子たちとトキトモは、復讐と自衛のためにみんなでリカのアパートに転がり込む。

     

     弟子たちは皆、酒で身を持ち崩しそうな連中ばかりで、ナイフ投げの名人は完璧アル中。おかま(風船使い)、包帯男(妻帯者、わりと強い)、初期の頃に殺されてしまう錠開け名人は「やれやれ、死ぬのも一苦労」と書き残して溺死させられる。
     
     敵の、4人は薬中で、いつも薬やってる。
     
     笑えるのだが、個性豊かな弟子たちは次々に殺されていってしまうので、辛い。
     終わりもおちゃらけているが、これだけの死人が出たあとだと、「戦慄」にならないのが奇異。

  • らもっぽさが出ている作品です。パリを舞台に手品師と反同盟の殺し合いがストーリーです。殺し合いがテーマなのにタッチが軽いのはらも独特の手法なのかあと。軽く読めるのでらも作品ではお勧めです

  • ガダラの豚のプロトタイプなのかな?人物描写も荒いし、魅力もあまり感じません。中島らもらしさは十分に感じます。ガダラを先に読んでしまうと、読めないかも・・・。

  • ○2010/02/22 
    学校の図書館にて。うーん、うーん。星を2にしようか3にしようかというところ。きちんと流れも筋もある小説なんだが、最後まで読んでも正直よく分からなかった!
    国民性も大して表してないと思うけど、あんなに死と隣接しているのに能天気に生活していけるもんか?思考もなんかばらばらでない?筋はあるけど葉脈みたいにちゃんと通ってない感じ。だいぶトンデモ小説だった。
    解説も的ずれてないかなあ。全体的に首かしげる感じ。
    ただ、序盤で死んでしまった師匠と伝説の奇術師については面白かった。

  • 軽快でリズミカルな文章。
    すごくすらすらっと読める。

    フランス語ができる大学院生・トキトモは、
    教授の気まぐれ(とは書いてないけどほぼ間違いないと思う)
    で、「奇術師の調査をしにフランスに行ってくれ」と依頼される。
    もちろん断ることもできないわけで、おとなしくフランスに向かい、
    そこで友人に出会い、その仲間たちの関わる事件に巻き込まれる。

    トキトモのしっかりしてるんだか抜けてるんだかよく分からないキャラが良い。
    というか全体的にキャラが良い。

    「ありえないから」と何度でも突っ込める展開にも関わらず、
    飽きもせず退屈もせずさらーっと読めた。

  • すらっすら読める。
    少し展開よめたし、わかりやすい小説。なんなんだこの清々しさ?独特。
    あっけらかんとしてるというか、特急に乗ったみたいな気分だよ。

  • 中島らも氏によるエンターテインメント小説.物語のキーワードは,ロベール・ウーダン,奇術,殺し屋,格闘,そしてたっぷりの酒.大学院生の主人公が調べ物のためにフランスへと渡り,そこで,狂信的カルト集団に雇われた殺し屋4人組と,彼らに付け狙われる奇術家集団の間の闘争に巻き込まれる,という話.悪役も主人公サイドも,どこかすっとぼけた面をもったリアル(身近?)な人物的魅力に溢れており,そのためか,ばったばったと人が死んでいく割には,凄惨さをみじんも感じさせない.ドタバタ・コメディのノリと,殺し屋との戦いという両極端なモチーフをうまくすり合わせて,楽しい話にしてしまっている.

  • な〜んも考えずに読める本。あっさり風味の一作です。

  • 面白かった!なるほど!

  • 登場人物の全てがとても人間味溢れていて親しみやすい。
    それでいてそれぞれが個性を主張し合いつつも上手く強調している。

    そんな描写にかなり引き込まれます!!

    物語としても普通であればサスペンスで暗い感じになると思うけど、
    登場人物が人間味ある行動・・・例えば飲んだり遊んだり失敗したり・・・と緊張感が抜けるシーンも多々あるので、読んでても疲れずグングンと読めてしまいます。

    中島氏は本当に酒を愛したんだなぁ〜と、作品にも趣味思考がポンポンと出てきていて、
    作者と同じ・・・いや決して遠くない視点で物語を眺める事が出来る作品です。

    本はいろいろ読んできたけど、こーゆー本はちょっと珍しく感じます。

    個人的には素晴らしくユニークな作家であったんだなぁと思います。
    これはちょっと読んでみた方が良いですよ♪

  • この人の書く娯楽小説は読みやすい
    エロで下品な話でもどことなく筋が通っている
    でてくる料理は旨そうだし
    キャラも、場面も魅力的
    そこはかとなく筋が適当っぽいのも味だ

    あえて言うならいつも題名が素晴らしい中島らもにしては
    タイトルが平凡かな
    ちょっとおまけして★4つ

  • 登場人物の会話が面白い。うひょー
    な内容。強引な展開。ヒマだけど
    読むもん無いなー…って時におすすめ。

全23件中 1 - 23件を表示

空のオルゴール (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空のオルゴール (新潮文庫)はこんな本です

空のオルゴール (新潮文庫)の単行本

ツイートする