女たちよ! (新潮文庫)

  • 858人登録
  • 3.68評価
    • (73)
    • (85)
    • (141)
    • (12)
    • (3)
  • 98レビュー
著者 : 伊丹十三
  • 新潮社 (2005年3月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101167329

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

女たちよ! (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 歳の離れた女ともだちに「何か読むものないかね?」と尋ねたところ、
    「これならありますわよ」と渡された懐かしき本を三十年以上ぶりに再読する。
    気障ったらしい文章もここまでくると、気に障らず逆に心地よくなくなるから不思議なものである。若かりしころ、本書にならってスパゲティをアル・デンテに茹でバターをからめて「スパゲティ・ア・ラ・ブーロ」を作り、これが本当の味なのか!と思ったのは懐かしきも恥ずかしき思い出であります。
    「ああ、僕もこんな気障な男になりたいものだね」と言うと
    「あら、十分気障ですわよ」と女ともだち。
    おやおや、喜んでよいのかね、嘆くべきなのかね。

    ・・・という下手なパステーシュはやめて、10代半ばで読んだときは、ダンディでいるのは、なんとも面倒くさいものだな、と呆れてたもの。こんな面倒くさい親父にはなりたくない、と思いながら、密に憧れ、影響は受けたんだろうなあ、と実感。
    とはいえ、この伊丹十三のような「好き/嫌い」をはっきり表明することができないでいる、のは残念ではあるが・・・。
    この本を映画化したのが「たんぽぽ」で、この本の気障な伊丹十三を本人が演じたのが、「ドレミファ娘の血は騒ぐ」だと思う。
    先の女ともだち、この本を母親から中学生のときに、読みなさい、と渡されたそう。いい趣味です。

  • スパゲッティの食べ方・作り方、辛いものを食べた時の対処法、男女のお酒の付き合い方、セーターの着こなし方等、日常の振る舞いについて短いものだと1頁ほどで書かれた伊丹十三的人生論。

    伊丹氏ご本人が経験したエピソードを交え、「こうなんだよ覚えといて」「このほうがいいと思うんだよね」といった人生プチ教訓が綴られています。押し付ける様子はなく、あくまでも口調は気兼ねなく軽く、私はそれを粋だと思いました。そしてその美学は一貫して本物志向です。
    物事に対する姿勢のひとつひとつが、自分というものを作り上げている――これから先、私自身もこの「私」という容れ物に様々な知識や経験を詰め込んでいきたいと思います。

  • ■死に至る病
     どうしたら綺麗に見えるかしら、どうしたら魅力的に見えるかしら、どうしたらみんなにちやほやされるかしら、というのは本来、女の発想であった。
     ところが最近は事情が変ってきたのかね、
    「あ、カツコイイ髪してんじゃん。ジーンときちゃうワ、ってなもんだよな」
    「おまえのカルダンだって、けっこうイイセンいってんじゃん。おれたち二人見たらよお、女の子たち、とてもじゃないけどグッとシビレちゃうよな」
    「そうだよな。おまえ、ちょっと待ってろ、おれもドライヤーあててくっからよお」
     こういう男の子がやたらとふえている。こりゃ、女の子の言葉になおせば、なんのことはない、
    「あたし、ちょっとおめかしするから、あなた待ってて」
    「ええ、いいわよ。あたしたちモテるだろナ、男の子たち、とてもじやないけど、グッとシビレちやうから」
    ということではありませんか。
     つまりモテるということが、今や男女関係の至上の物差しになってしまった。これは困ったことだよ。若い時にこういう物の考え方に慣れてしまうことは実に危い。一生、人を愛することのできない人間ができあがってしまう。
     そんなことはない、ときみはいうだろう。今に愛する人が現われたら、おれだって遊ばなくなるんじゃないの、と。
     そうはいかないのだね、これが。モテるとかモテないとかいう物の考え方は、きみが考えてるよりも、ずっとずっと深くきみの心の中に根をおろしてしまうんだよ。
     まず第一に、きみは自分が考えてるよりも、ずっと受身の人間だ。嘘だと思うなら、自分の部屋に、そうさね、三日間も一人で閉じこもってごらんな。自分がどのくらい人に愛されたいと思っているかわかるだろうから。
     つまり、きみはいつか救世主が現われて自分を幸せにしてくれるだろうと思ってる。昔、ロレンスという人がいってるね、「男の心の中にある『自分は娶られたい』というこの奇怪な欲望」と。素敵なナイトを待ってる女の子に、きみは似てはしないか。
     幸せというものが、自分で掴まえるものでなくて、人が与えてくれるものである、ときみは考えている。よろしいか。幸せが破れた場合、きみの心は当然、次のように働く。
    「あいつの幸せの与え方が悪かったのだ」
    「人を幸せにする能力がない女なんだ、あいつは」
     能力がないのは、一体どちらであるのか。
     今一つ注意すべきは、モテるという精神構造には「現在」というものがないんだな。
     はるか未来のかなたに、光り輝く理想の女性像みたいなものがあって、このひとが今にきみを幸せにしてくれるらしい、それまではどうせ仮の生活だ、数でこなそう、というのか、きみの視線は、デイトの場所へ向かう電車の中でも、どうもきょろきょろと落ち着かぬようだなあ。
     そうして、女の子と逢ってるさ中にも、もう次の女の子に電話することなんか考えてる。
     これはよくない傾向だよ。幸せというものは過ぎ去った時に初めてそれと知れる。今に、今に、と思っているうちに一生終っちゃって、きみはすべての幸せを取り逃しちゃってることに気がつくのだよ。(私は切実な体験を語ってるんだからね。マジメに聞いてもらいたいね、マジメに)
     人間、いったんこういう現在を失った時間体系の中に生き始めたら、これは死に至る病というものである。
     常に、空しい期待と、うそ寒い悔恨の中に生きるということになってしまう。
     真実、愛すべき少女がきみにかしずいていてくれても、なにやら必死にありもしない未来の幸福に向かってもがいているきみの眼には見えもすまい。
    「うるさいねえ、そうべとべとおれにつきまとうなよ。たまには浮気の一つもしてらっしゃい、ぐらいいったらどうなんだよ、まったく。いいかげんあたまへきちゃうよ」
     こういう被害者意識に終生つきまとわれることになるのだ。
     だから、若者よ。間違ってもプレイ・ボーイ... 続きを読む

  •  気がつけば最近あまりレビューを書いてなくて、この本も今年の5月、もう五ヶ月も前に読了してたものです。なので記憶がちょっとアヤシいところがあるかもしれません。

     先に言っておきますと、すごくお薦めな本です。面白いです。ぜひ読んでほしいです。僕はブックオフで前作の『ヨーロッパ退屈日記』と一緒に買いました。(どちらも105えんでした)
     なので★5でもよかったのですが、前作と比較してしまうと好きなのは前作の方だったので、相対的にこちらを★4にしました。以下、その理由を書いていきますね。

     わかる方にはわかってもらえると思うんですが、音楽でも映画でも1作目が良いことってけっこうあります。映画の場合は初期作に全てが詰まっていたり。音楽だと、1枚目のアルバムは荒削りだけども出し切っている場合が多い気がします。そして2枚目は表現力は上がるけれども安定する。

     下に引用しましたが、伊丹さん本人もこの本の中で書いてます。サラダに使われる野菜の野趣、生き生きとしたうまさ。不完全であることのよさ。
     1作目の『ヨーロッパ退屈日記』の方が読みづらいけども、荒削りで不完全な面白さは優っていたような気がします。2作目は読み易いし内容も充実しているけど、好みで言うと1作目の方かなと。
     最初に読むならこの『女たちよ!』の方が読み易くていいかもしれませんね。

  • 再読

    母の本棚にあった単行本の背表紙を見て
    「なんか革命っぽいお話なのかな・・・」
    と思っていたものの、ある日パラパラしてみたら、というのが、
    この本との出会いだったような気がするけど
    どうも思い出せない。
    しかし、母の本棚のタイトルを眺めていたことと、
    「これ、子供の時に読んだことある」というのだけは確かだ。

    約半世紀前に書かれた色褪せない名エッセイ。
    内容もさることながら、この文体。
    洒脱で、とっつき易いのに骨太で、リズムとユーモアがあって。

    私が子供のころは「大人の男の人」というのが確かにいたのだ。

  • 伊丹十三のエッセイ。まだ途中。
    今のとこグルメなおじさんの小言。

  • 大大大大大スキな本。ロスに旅立つ男友達にあげた。

  • なんで今まで読まなかったか…と後悔。この本物志向は、本物だ…
    この時代にスパゲッティのゆで方(アルデンテ!)を伝授。
    特に印象に残った箇所を引用。
    P70「すぐれた舌を持っている人は、これから作ろうとする料理をどういう味にするか、にはっきりしたイメージを持っている。イメージがあるから途中の段階でだんだん味を整えていくことができる。」
    P139「音楽を聴く上になによりも必要なのは、謙虚で素直な心、美しく、純なるものをもとめる心、音楽によって慰められたいという、魂の底からの願いであって、再生音のよしあしなど末の末の話だ」
    (↑大学時代~社会人初期のわたしにとって、ブラームスの3番がこれであった。)
    P242 二日酔いについての文章と、イラスト、気持ち悪い…!
    P246~247 カルボナーラの作り方が載ってます。ローマの、労働者の食べ物なんだそうな。

  • 誰かのオススメで手に取る。1975年に書かれたエッセイ。
    何年もたつのに、人の楽しさ、辛さは変わらないのだなあ。と変に感心。

    自家製マヨネーズを作ってみようかな。

  • 今では当たり前になった「エッセイ」という読み物のはしり。こういった形式の文章は、当時はすごく斬新で輝いてたとか。 こだわり、プライド、センス、そういった内面的なことに執着するオトコという生き物。そのオトコが放つ毒やユーモアは今読んでも色褪せず面白い。かなりのお気に入りになりました。

  • 読んでる途中にこれが50年も前に書かれたことにとても驚いた。
    なにか読んでいて襟を正したくなる気持ちになった。

  • 爽快。この方の本、ほかにも読んでみよう。とても魅力的な人だっただろうな。

  • 私はエッセイというのは筆者の独断と偏見にみちた文章を書き綴れるジャンルだと個人的に思っています。全編にわたり筆者のダンディズムを感じる事が出来ます。それにしてもフランスのパンが食べてみたい…。

  • 礼儀作法から料理、美容、ファッション、恋愛感など。著者の偏愛とこだわりがめいいっぱい詰まった面白エッセイ。

  • 「いい服というのは、目立たず、ごく上等で、由緒正しく、かつ野暮なものがよい。」「個性的なお洒落、なんて男の口にする言葉じゃないよ」。なるほど。

  • 著者がいろいろな人たちに学んだ食べ方や振る舞い方を紹介するエッセー
    他の人たちの評価が高くて読んでみたけど、若干書かれてることが古いのでいまいちだと感じた

  • 伊丹十三記念館に行ったときに、なんかおもろいおっちゃんやな、と思ってそれからひそかに気になっていたのよ。
    ちょっと価値観が古いかもよーと言われていたんだけども、むしろその昭和臭をめいっぱい味わうことができて楽しかった。きっと最先端の話題ばっかりやったんやろう。
    最先端をリアルタイムで残すと、後になってからは時代を感じるものに変貌するよね。

  • 【本の内容】
    日常の振る舞いにこそ、その人となりは現れる。

    スパゲッティの召し上がり方、アルコールの嗜み方、サラダの本格的な作り方、クルマの正しい運転法、セーターの着こなし方、強風下でのマッチの点け方、そして「力強く、素早く」の恋愛術まで。

    体験的エピソードで描かれる実用的な人生論風エッセイ。

    真っ当な大人になるにはどうしたらいいのか?

    そんな疑問を持つ「男たち」へ―。

    [ 目次 ]
    スパゲッティのおいしい召し上り方
    血よ、したたれ!
    パンによる一撃
    食前の果物
    待つこと久し!
    チーズについた指のあと
    舌を握って踊る話
    陰気なお茶受け
    イギリス人の驚き
    鬚を剃った魚の話〔ほか〕

    [ POP ]
    映画監督としては勿論、イラストや、テレビCMまで多岐に渡る分野で活躍した才人、伊丹十三の本当の最高傑作と言える名著が文庫となって再登場いたしました。

    エピローグにあたる、「私は色々なことを師や友人や女たちに教わった、しかし私は無内容な空っぽの器にすぎない」という序文から、配偶者の条件を羅列した巻末の「配偶者を求めております」までとにかく洒落のめした文章による、雑学と美意識のオンパレード。

    潔癖とも捉えられがちな厳格な美意識、外来語のカタカナ表記に見られる言語への徹底したこだわり。

    今や使い古された「洒脱なエッセイ」という惹句も本来この書のために用意されるべきもの。

    呼びかけられている「女たち」だけではなく男たちにこそ読んでもらいたい名著。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 池波正太郎「男の作法」の女版…と言うには無理があるかもしれんけど。いい歳のとり方をしている人にはその人なりの人生哲学があり、そういうのを見たり聞いたり、読んだりするのは好きです。
    伊丹十三はセミプロ料理人でもあるので、食に関するエッセイの章が多くて面白い(今度マヨネーズ作ろう…)。あとオススメは「死に至る病」の章!痛快です。フロム「愛するということ」を読んだことのある人はきっとニヤニヤする。

  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー“文壇レシピ”で登場。
    http://nestle.jp/entertain/cafe/


    本の中に登場するあの美味しそうな一品を
    実際に再現してみよう!というこのコーナー。

    第27回目に紹介されたのは、伊丹十三の「女たちよ!」に登場する『スパゲッティ・アル・ブーロ』。

    ―一ポンドのスパゲッティに対して 焼く四分の一ポンドのバターを、
    湯気の立っているスパゲッティの中へほうりこんで手早くかきまわすと、

    このチーズはパルミジャーノというチーズを自分でおろすのがよい。


    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/teaser.php

  • ・日本は、吸収型。輸入した文化を、アレンジして技術進化させないと気がすまない。ラーメンとかも。

    ・人を食ってる嘘の話。イヌにふろふき大根を食わせると歯を抜ける。

    ・ボウリングがうまくなる人は、不幸せな人が多い。
    なぜなら、そんなに練習するなんて、不幸せに決まってる。

    ・幸せは、過ぎ去った時に初めてそれと知れる。
    未来に求め過ぎるばかり、現在を失った時間時間帯系に生き始めたら、死に至る病。

    ・浮気。それは、男として自信のないやつが、女を数でこなすことで自分が男であるということを自分に証明しようとする試み。ーフロム

    ・女がよく見えない。その問題は、自分にある。愛し方の問題。

    ・見上げる空が青い。ああ動くのは、雲か、我か。

    ・楽器をひくということは、楽譜を通じて、バッハやモーツァルトと直接付き合うということ。

    ・食器の、唇に当たる部分の厚み。

    ・イギリスの考え方。わざと車の油が漏れるようにする。車は、完璧でなく、注意するべきだという考え方を身につけさせる。

    ・交通標語は何のために。

    ・テーマを立てること。それが日本のメーカーのプロダクツにはかけている。作り手も、買い手も。

    ・寿司屋の一番粋な注文。塩むすびをつくってもらうこと。

    ・日本人は、平面性。西洋は、立体。

    ・男女は、放電現象。距離を置くほうが、いい関係が築ける。

  • 伊丹十三はかっこいい

  • 『ヨーロッパ退屈日記』を読んだのはもう7年か8年くらい前になるけれど、ある界隈でよく話題になるので読みました。上質まさにエッセイ。個々の話の主張も、あの話では良いと言ったものが別の話では悪くなったり、批判しながら自分の話になると棚に上げたり、全体通して一貫性はあまりなくて、あるとすれば「俺の言うことは格好良い」てことだけ。良いエッセイというのは、「徹底的に周囲に鈍感でいて、自分の価値観の正しさを主張する」というものなのかもしれん。

全98件中 1 - 25件を表示

女たちよ! (新潮文庫)に関連する談話室の質問

女たちよ! (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

女たちよ! (新潮文庫)の作品紹介

日常の振る舞いにこそ、その人となりは現れる。スパゲッティの召し上がり方、アルコールの嗜み方、サラダの本格的な作り方、クルマの正しい運転法、セーターの着こなし方、強風下でのマッチの点け方、そして「力強く、素早く」の恋愛術まで。体験的エピソードで描かれる実用的な人生論風エッセイ。真っ当な大人になるにはどうしたらいいのか?そんな疑問を持つ「男たち」へ-。

女たちよ! (新潮文庫)の単行本

女たちよ! (新潮文庫)の文庫

女たちよ! (新潮文庫)の文庫

ツイートする