格闘する者に○ (新潮文庫)

  • 3506人登録
  • 3.60評価
    • (270)
    • (554)
    • (738)
    • (74)
    • (16)
  • 546レビュー
著者 : 三浦しをん
  • 新潮社 (2005年3月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101167510

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

格闘する者に○ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 70歳の脚フェチ書道家西園寺さんと付き合う女子大生

  • 出版業界を目指す就活生におすすめ。
    でもすこし古いかな。

  • チグハグな家族やちょっと変わった恋人を持つ女子大生が、”就職活動”を始めるお話です。就活中の方は必見!! きっと元気と勇気が出るはずです。

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。
    http://opac2017.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/BB50079037

  • 面白い。ナイス青春小説。デビュー作でこれは凄い。色々しゃらくさい登場人物とか設定も目につくけど、テンポが良くて一気に読めた。

  • 漫画が好きだから出版社に行きたい主人公の可奈子。筆記試験(作中ではスパイ試験と呼んでいる)や「平服で」と書いてあるのにスーツで行かなければいかない就職活動独特のきまりに疑問を感じる可南子に強く共感しつつ、設定がまるで自分のことみたいでタイムリーだと思い、読んだ本。
    政治家の娘で、実の母はもう亡くなっていて義母とはあまり上手く言っておらず、弟も家出して、友人にはホモだと告白されて、恋人は70歳のおじいちゃんで、、、と出版社への就職活動を軸に、濃い要素をこれでもかと詰め込んでいる作品。でも不思議としっちゃかめっちゃかにはならずに絶妙なバランスでまとまっている。
    三浦しをんのデビュー作なわけだが、本当に作品によって文体が変わる作家さんだなあと思う。この作品は可奈子の古風な喋り方がいい味を出していた。
    「風が強く吹いている」や「まほろ駅前シリーズ」、「舟を編む」といった有名な三浦作品と比べるとイメージが異なるかもしれないが、これはこれで面白いと思う。軽く読めて笑えるので時間があまりない時にもおすすめ。

  • デビュー作というだけあって、「風が強く吹いてる」や「舟を編む」ほどの完成度はありませんが、語り口は面白く、ストーリーも意外性があって、十二分に楽しめるエンターテイメント小説でした。今ならライトノベルでもありのような設定とストーリーですが、文章は端整で文学的。やはり直木賞作家の本ですね。

  • 【あらすじ(Amazonより)】

    これからどうやって生きていこう? マイペースに過ごす女子大生可南子にしのびよる苛酷な就職戦線。漫画大好き→漫画雑誌の編集者になれたら……。いざ、活動を始めてみると思いもよらぬ世間の荒波が次々と襲いかかってくる。連戦連敗、いまだ内定ゼロ。呑気な友人たち、ワケありの家族、年の離れた書道家との恋。格闘する青春の日々を妄想力全開で描く、才気あふれる小説デビュー作。

  • 主人公は漫画を読むのが大好きな女子大生・可南子。義母と弟の3人暮らしで家庭はどこかぎくしゃくし、恋人は脚フェチの爺さんで、友人にはホモかもと打ち明けられる。そして本人は就活真っ最中!これが三浦しをんさんのデビュー作なのね!面白かったです。

  • 三浦しをんさんのデビュー作。お屋敷に住む加奈子は漫画に目がない。この熱い思いを活かして自分も作品を生み出す側になりたいと出版社への就職を目指す大学生。つまりは就職活動が始まった。

    同じ大学に通う砂子とニキちゃんとともに、揺れる大学3年生の日常を、渋く切なく過ごしながら一つ一つの社会との戦いを自分なりに理解をしてゆく姿を描く。

    冒頭の書き出しに、
    「そろそろここを出ねばならぬ。今日は五時間で十八冊の漫画を読んだ。まずまずのペースと言えよう。」と、つまりはとてつもなく古風な加奈子の、時々妄想まじりの見解は読んでいてクスって笑えて、それでいて爽快だ。70歳ぐらいのおじいちゃんと付き合っているところも、不思議で純粋で意外と可愛かったりするのだ。

    この本を読んだのは2回目。私も丁度、大学3年生の就職活動をしていた頃に読んで以来。私も出版社を志望していたし、共感する部分が多かったし。ある意味、リアルだったなぁ。なんて、懐かしい社会の断片を拾いながら、自分は何ができるのだろうと真剣に考えるいい機会だったと思ったりする。

    本当は興味の持てるものなんて何だっていいのだ。大切なのは、目の前の現象をどんな風に噛み砕いて、飲み込んで、そして自分の中に取り込んでゆくのか。そこで夢中になって、自分らしくいられるかどうかなんじゃないかって思う。もちろん「朱に交われば赤」なんて言うし、環境はとてもとても大事だけれど、自分次第でなんとでもなる!!という考え方だってある。他人のせいにする人は、どこにだって他人のせいにして生きていくのだろうし、ココで誠実に取り組めない人は、どこにいっても取り組めないんじゃないかと根本的には思う。もちろん、恵まれた環境だから気づけることも、素直に受け止められる対象も、影響はするのだけれど

    今、この本を読みたくなったのもタイミングだった。今、不景気になって改めて「仕事って何?」てテレビや雑誌、ネットなど、世の中で問われていたりする社会がとても不安定で、思うままにいかないのが現実だ。

    同書の中で、ニキちゃんが加奈子に言うセリフ。『今』を逃さないようにする。ていうのに、共感する。今を捕まえられないなら、明日だって捕まえられないもんね。せかせかする必要はない、ただ『今』というポイントはしっかりと捕まえよう

  • 漫画が好きだから、就職先は出版社。
    難関志望な割に、がつがつ必死に頑張る風でもない女子大生、可南子。
    そのだらだら振りは、代々続く政治家の家の娘だからか?とも思え、物語序盤は腹立たしくもなる。

    そんな可南子も、就職試験で、上から目線、どうせ女がまともに勤まるわけがないという容赦ない偏見を浴びせられる。
    大手出版社の就職試験って、いまだにこんな風なのか?と思いつつ、思わず応援したくなる。

    妙に大人びた異母弟、旅人や、可南子の足をこよなく愛する老書家の西園寺さん、自分が「ホモ」じゃないか、それが周りにも気づかれているのではないかと思っている可南子の友人の二木くんなど、味のある人物が周囲にいる。
    それもこの作品の魅力だろう。

  • 少しややこしい家族の中で,就職活動する女子大生の一風変わった奮闘記.漫画への凄まじいばかりの愛に圧倒される.古風なおじいさん書道家との温もりを求める雛鳥のような恋愛?もその後の旅立ちを見送る別れも印象的だ,

  • 脈絡がよくわからんけど読みやすいのは読みやすい

  • 当初、書名の意味がよくわからず、
    どういうことだろうかと思いながら読み進めるにつれ、
    中盤に差し掛かり、種明かしがされ、爆笑。

    シューカツの話としても、溜飲が下がることは、
    多々あるだろうし、いかんせん、読みやすい。

  • 再読。私的作家フェア5年目(①村上②宮部③恩田④伊坂)。順番を間違えて「月魚」からスタートしてしまったが、これがデビュー作。文庫化まで5年かかってる。やはり私の好きな作家さんはデビュー作から完成度が高い。就活話でありながら、就活そのものより、大学生と社会人の境目にいる若者の心を鮮やかに描いている。そうだよ、誰もが高らかに社会人デビューするわけじゃない、就活なんて苦行でしかなかった、と遠い昔を思い出しました。脚を愛でてくれる西園寺さん、いいわ。重松清さんの解説がステキ。お二人はどういうつながりなんだろ?

  • 三浦作品の中でも文章が若いなぁというのが一番の印象。ちょうど自分が大学生のころの時代背景で共感するところもあるけれど、私には「舟を編む」や「月魚」が熟されている感じで好みかな。

  • あれ?
    と思ったが
    デビュー作だったらしい

    出版社業界への就職活動、男尊女卑
    婿養子政治家一族の家族模様
    同性愛、年の差恋愛
    イロイロな要素が収束しないまま終わってしまった!

  • 三浦しをんのデビュー作らしい。
    なるほど、まだ作風が固まってないようにも見受けられる。
    それはそれとして、ストーリーの流れは面白く、面接という体を使って出版社の内情がわかったりして面白い。

  • 2016.9.25 読了
    2016-56

    作者のデビュー作とは知らず読了。
    これが本当にデビュー作なのかと驚きを隠せない。今とは作風がだいぶ違うように思うが、隅々まで才能を感じる一作だった。

    どのキャラクターも独特だが優しさに溢れており、大変ほっこりさせられた。要所要所でクスッと笑えるところもあり、ぜひそのうち再読したいと思う。

    可奈子の今後が気になりはするが、きっとこれからも飄々と生きていくんだろうなぁ。

  • うーん、しをんファン以外にはちょっとキツイかも。

  • 就活の話ってだけじゃなくて、その中で家族や友人や恋人との関わりも描かれていました。ちょうど最終面接の結果待ちをしていた私にとってはハラハラドキドキするおはなしでした。

  • しをんさんは 漫画のように楽しみたいときに読みたい。
    主人公の視点が面白くて、いそうでいないキャラなのがすき。

    『舟を編む』と『まほろ』シリーズに勝つしをんさんの作品は出てくるのかな。松田龍平びいきもあるかもしれませぬが。

  • のんびりと就活に焦る漫画好き女子大生のお話。

    一人称だけど、ちょっと古風な文体だったり、おかしな妄想が入りこんできたり、笑えるところも多くさくさく読める。友人はのんきな美人とホモ、恋人はおじいさん、お父さんは政治家で、お義母さんは小うるさくて、弟は外面がいい不良。そこらへんにいるようでいない女のコのわいわい楽しい物語。

  • 小説とエッセイの中間で、現実とフィクションのはざまのような作品。これから物書きとしてデビューするという時にここまで潔く面白いものが書けるのはすごいです。しをんさんの原点がつまった読んで損なしの作品でした。

全546件中 1 - 25件を表示

格闘する者に○ (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

格闘する者に○ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

格闘する者に○ (新潮文庫)の作品紹介

これからどうやって生きていこう?マイペースに過ごす女子大生可南子にしのびよる苛酷な就職戦線。漫画大好き→漫画雑誌の編集者になれたら…。いざ、活動を始めてみると思いもよらぬ世間の荒波が次々と襲いかかってくる。連戦連敗、いまだ内定ゼロ。呑気な友人たち、ワケありの家族、年の離れた書道家との恋。格闘する青春の日々を妄想力全開で描く、才気あふれる小説デビュー作。

格闘する者に○ (新潮文庫)の単行本

格闘する者に○ (新潮文庫)のKindle版

ツイートする