私が語りはじめた彼は (新潮文庫)

  • 2715人登録
  • 3.34評価
    • (119)
    • (303)
    • (508)
    • (123)
    • (27)
  • 339レビュー
著者 : 三浦しをん
  • 新潮社 (2007年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101167558

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

私が語りはじめた彼は (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 大学教授・村川融について、妻、娘、息子、弟子etcがそれぞれ語る連作。
    興味深いのは、何人もの人が語る村川融という人間の人物像が、最後まで読んでもぼんやりとしていてよく分からないということ。
    大学教授で、けして容姿端麗ではないけれどなぜか妙に女にもてて、研究熱心で、薄情なところがある男。という特徴は浮かび上がってくるものの、本人はほぼ登場しないから、実のところどんな人なのか分からない。
    ただ、登場人物全員がそれぞれの形で村川融に翻弄され、それぞれの形で強く惹かれていたということだけは分かった。

    読んでいて、実際の人間というのもそういうものなのかもしれない、と思ったりした。
    一人の人間について、Aから見たら優しくて善い人でも、Bから見ると冷酷な人物に映る可能性があって、そこに実体なんていうものは存在しないのかもしれない。
    それぞれの主観を通した評価が、一人の人間の人物像を浮かび上がらせていく。だけどそれは明確な答えではないから、どこかぼんやりとしている。

    最も印象的だったのは、村川融の息子の中学時代からその後について描かれた「予言」でした。
    胸が苦しくなり、先が気になってどんどん読み進め、胸が熱くなり、そして温かいところに着地する。
    すっきり爽やかとは言えない後味の短編が続く中、唯一笑顔になれるような。
    でも後味が悪いお話も変な余韻があってそれはそれで良かった。

    人間の内面にある打算とか醜さが、何かのきっかけで露呈する瞬間。そして一波過ぎた後、かき乱されたそこは一体どうなるのか。
    逃げる人、修復しようと努力する人、見て見ぬふりをする人、そもそも気づかない人、きっと様々だ。
    こんなに恐ろしくてある意味壮絶な小説を20代の時に書いていたなんて、一体どんな人生を歩んできたらそうなれるのだろう、としばし考えてしまうような小説でした。

  • 私は、彼の何を知っているというのか? 彼は私に何を求めていたのだろう? 大学教授・村川融をめぐる、女、男、妻、息子、娘――それぞれに闇をかかえた「私」は、何かを強く求め続けていた。だが、それは愛というようなものだったのか……。「私」は、彼の中に何を見ていたのか。迷える男女の人恋しい孤独をみつめて、恋愛関係、家族関係の危うさをあぶりだす、著者会心の連作長編。
    Amazon より

    不思議な距離感の話.最後まで読んで「彼」について少しでも何かが分かったかと言えば、そうとも言えるし、そうとも言えないように思う.ゆるゆると真綿で首をしめられるような息苦しさが残る.事実は一つでも、真実は人の数だけあるのだ.

  • 最後に田村隆一の『腐刻画』が来て、鳥肌ばばばときた。
    もー、なんつーすごいもの書いてんだ、しをんさん!

    腐刻画とはエッチングと言って、浮き出したいところを防食処理し、そぎ落としたいところを腐食処理するといった手法だったように思うが、最後にそれ提示させられて、もうど真ん中撃ちぬかれた。

    ひとつひとつの話がとても素晴らしいし、何より構成がいい。
    しをんさんの文章が上手いのはもう分かりすぎるほど分かっているのに、やっぱり上手い。もうそうとしかいえない。
    それをさらさら書くように描くから、揺さぶられる。たまらん。

    さて、語られている「彼」には防食処理が施され、「彼」を浮き出そうと語り部たちは6章をふんだんに使って語るのに、「彼」はいつまで経ってもなかなか見えてこない。
    どういう人物なのか、どうしてそんなに女に求められるのか、あるいは求めるのか、どこかどう魅力的なのか、もうそういうことが全然分からない。
    それなのにどんどん惹きこまれていく。
    しをんさんはそうした距離感を描くのが本当に上手い。
    何だろう、この感じは。
    昔、あるところで生きていた人の話を、本当に聞かされているみたいになる。

    登場人物たちが、皆それぞれ少なからず「彼」に奪われたり、影響を受けたり、齎されたりして、前に進もうともがき苦しみ、自分だけの道を見つけていく姿にとにかくやられた。

    それぞれのエピソードは別物に見えるが、切り離されたものでなく、最後まで読むと、一つの物語として完成させるにあたり、なくてはならないものになっている。

    しかし最後まで読んだってやっぱり見えたようで見えていない。
    だけどこれ以上はどうしたって無理なのだということは、読了後、明白になる。
    彼らは確かに「彼」を語る。
    だが彼らは本当の意味で「彼」を語ることが出来ない。
    なぞかけみたいだな。

    彼らは人生の旅の中で「彼」と間接的、あるいは直接的に関わるが、結局彼らは彼らの目を通してしか「彼」を語れないのだ。
    当然なんだけど。
    だが彼らがそうして「彼」と重なったからこそ見ることが出来たひとつの光はどれも美しい。
    それを読者である私も味わったとき、私も少しだけ「彼」という人を見る。
    もっと知りたい語って欲しいと思うけれど、やはりそれは駄目なのだ。
    それ以上語らせてしまうことは、登場人物を離れ、作者の介入になってしまうからだ。
    その辺の駆け引きが、すごいんだよしをんさん!

    ああもう上手くいえない。(あんたこんだけ長々書いといて)
    とりあえず読んでもらうしかない。
    読めば分かる、さあ、みんな読むがいいよ。(偉そう)


    全てのアプローチが好きで、どれも印象に残った。
    少し大袈裟に感じるかも知れないが、1ページごとに心に残る言葉がある。
    ……と書いてから解説を読んだら、解説の金原さんも同じようなことを言ってらした。
    わかってるなあ、金原さん!(偉そう)

    三崎の生き方には特に揺さぶられて、最後の「家路」を読んだ後に、もう一度始まりの「結晶」を読んでしまった。


    ……いかんよいかん、深みに嵌ってしまった。
    これは抜けるまで相当の時間が掛かりそうだ。
    少し引用文を載せすぎたか……?
    でも一番好きな言葉は、最後の4行なのだ。
    これは書かないでおく。

  • 読み終わった後にどっと疲れを感じそうなじっとりとした内容だけど、言葉遣いが巧みで文章自体は軽やかだからそうはならなかった。面白かった。

  • 大変面白かった。interestingの意味でもamusingの意味でも。関係者の視点で次々と語られていく連作形式の小説はよくあるが、こういう展開になるとは予想だにしなかった。私のような一読者が言うのもおこがましいが、実に上手い作家さんだと思う。『舟を編む』でもそう感じたけど、これを書いた時点で既にベテランの貫禄だったとは。個人的に『まほろ駅前…』より人間の闇に焦点を当てたこちらが好みなので、この小説で直木賞を取って欲しかった。

    p42
     そんな私の惑乱を感じ取ったかのように、彼女は、
    「村上はいい加減ですが不真面目ではないのです」
     とつぶやいた。「責任を負うことはしないけれど、義務は己れに課します。エゴイストですがロマンティストでもあります」
     それは先生を評すると同時に、おぞましい愛の本質について語った言葉に思えた。

  • 一人の大学教授の妻、娘、息子、教え子、再婚相手の娘、などの話。

    略奪愛の末に再婚したけど、その家庭のぎこちなさに耐えられずに自殺する娘の話、など重く暗い話が満載。
    略奪される事に怯えるお母さんと一緒に暮らしてたら、そりゃ楽しい家庭にはならないよねぇ。
    奪っておいて幸せに暮らしてないって、何がしたいんだろうなぁと思ってしまう。

    内容はひどく暗いけれど、語り口が上手くて最後まで読み切ることができました。
    恋愛の不確かさ、家庭・家族の闇について掘り下げた感じです。
    風が強く吹いている、や神去なあなあ日常のような熱い話や家族の話も書いている人なので、恋愛全否定では無いのだろうけど、こんな風にも書けるんだなぁ〜と幅の広さに感心してしまいます。。

  • 三浦しをんさんは本当に色んな雰囲気のお話を書けるのだなぁと思いました。

    この物語で語られる「彼」とは、大学教授である村川融。村川融の妻・不倫相手・娘などの女性と関わりのある男性達が語り手となる、ひねりのある構造です。

    物語として、結局最後まで読んでも結論めいたものは描かれていないのですが、それこそが人生なんだ。この人たちはこれからももやもやしながら生きて行くんだなぁと感じられて、そこがとても良かったです。

  • 友人の出産祝いパーティーに参加する行きの電車の中で読む。電車を乗り替え、少ししてから友人にあげるはずだったプレゼントは消え、この本しか持っていないことに気付く。

    前の電車に置き忘れた。

    忘れ物相談口に電話し探してもらうが、折り返しの電話がかかってくるまで、本の内容が全然頭に入ってこ無い。

    不倫、浮気、この著者でもこのようなドロドロしたのを書くのだと戸惑う。大学の教授が前妻と分かれ再婚。彼の周辺の人物を視点を変えて書いた物語。不倫とは周りの色々な人をこんなにも不幸にするのだなあと思う。

    文中の「たった二人で、支えあったりけなしあったりして結婚していくのは、難しい。子供の教育、家のローン。緩衝材や刺激物を混入させることで、夫婦は夫婦として機能しやすくなるのだ。一対一の人間関係は厳しい。緊張に疲れはてるか、惰性に流されるか、たいていはどちらかに行き着いてしまう。」という一文に考えさせられてしまう。

    私は独りが好きで、子供が嫌いだと思っていたので、そんな風に考えたことが無かったが、自分に子供が居なかったらを仮定してみた。二人の時はよくケンカしたし、子供がいなかったら駄目になっていたのでは?
    或いは、子供を作るという選択肢を早々と決め、授かった事で、自分達自信の事をもっと考え、やるべきことがあるのに、育児を理由に考えるのを放棄しているのでは?と。

    「冷血」の章は文を読んでいて、空虚な風景を見ているようで、好きだなと思った。本著者の本は好きだが、こんな風に好きになったことはなく、面白さ再認識。また、後で再読しても面白いと思えた(前半頭に入ってこなかったのもあるかな。。。)

  • 三浦しをんの私が語りはじめた彼はを読みました。
    古代史を専門とする大学教授村川融は妻の他に愛人を持ち、その後妻と離婚して愛人と生活していきます。

    彼に関わる人物たちの視点から物語が語られます。
    それぞれの人物たちが心の中に暗い情念を抱えて生きていく様子が描かれていきます。

    三浦しをんの著作は若者が主人公の青春の物語と腐女子の明るいエッセイしか読んだことがなかったので、こんな物語も書く人なんだなあと再認識したのでした。

  • ここ最近自分が読んでいた三浦作品が陽なら、これは陰、という感じ。やるせない哀しさ。
    一人の恋多き男性を核に、取り巻く人々のオムニバス的な短編集。

    三浦さんの作品たちを、ワタシはまだそれほど数多く読んでいるわけではないのですが、「そっかー、こういうお話も書ける人なのね」と懐の深さに感心してしまいました。

    話自体はやや暗く、スッキリとしたエンディングでもないし、読了後、心に少し苦味が残るのですが、人と人との愛情ってもしかしたらこの話のように割り切れないし、周りを取り巻く人達がすべてハッピーでもない、もしかしたら憎悪や嫌悪されているのかもしれない、その上にそれぞれの愛憎が成り立っているのだ、という部分がすごくリアルに感じました。

    それぞれの章の語り部達が語る「彼」、村川は幸せだったのでしょうか。案外彼はある意味幸せな生涯だったのかもしれません。
    「彼」を取り巻く語り部達の愛は、それぞれ仄暗い薄闇の中で終わりが見えなくても。

  • 一人の男性を中心に・・・ってありがちなパターンだったけど
    とても面白かった。他の作品とはまた違っていて。こんな小説も書かれるんですね~。

  • 私のように、三浦しをんといったら「多田便利軒」と「格闘する者に○」とエッセイしか読んでいない人だったら、びっくりするのではないのでしょうか。
    しをんさん、こんな作品も書けるんだねぇ…。
    きっとこんな私はまだ、しをんさんの真骨頂を目にしてないのでしょう。
    だって、漫画と男の胸毛を今宵無く愛するしをんさんしか知らないもの…。(笑)
    「彼」張本人の視点の話がなかったのが、またいい。

  • 「愛」がわからず手探りでそれを求めた人たちが描かれてます。愛することの前に理解することが欠落してしまったから、愛は凶器に変わってしまう。愛を先に先にと求めるあまり、こじれてしまう。
    この本には周りから理解されず、また理解されていると思わないことで孤独を感じる人がたくさん出てきます。周りからじぶんのことは理解されないし受け入れられないと思いながら、その人の心の中ではひとつのポリシー(?)が芽生えてくる。それは自分の真実は自分だけのもの、自分の物語を有するのは自分だけ、というものなのだと思います。
    この本は冒頭から病的でありつつも美しい繊細な描写が満載で、三浦しをんさんの実力を思い知りました。

  • ある一人の男の周りの人達が、男の事を語る。男本人の語りはない。男は大して動かないのに周りの人間は大勢翻弄されている。
    三浦しをんの文章はとても上手く魅力的で、物語の世界にぐっと引き込まれる。私は三浦しをんのエッセイが大好きなのだが、同じ人とは思えない。素晴らしい才能だと思う。

  • 誰かを語るということは、つまりは自分を語るということなのだ。
    直接は登場しない村川融という人物をめぐる、さまざまな立場の人達が、自分の物語を語る。
    村川の妻が語る「男が浮気する理由」がすごい。女は自分以外の女の存在に敏感だから、男を引き止めるためになんでもする。男はそれを無邪気に享受するが、その快楽に麻痺して次々と別の女を渡り歩くようになるのだ、という。
    そんなもんなんだろうか。自分以外の存在を匂わせる男に、そこまでムキになる女心の方が私には理解しがたい。つまりはこの妻がそういう人であるということなのだ。
    夫としての顔だけでなく、父親としての顔ももつ村川だが、こちらのほうはたいして魅力がない。でもこういう男を父親に持った子どもがどんなふうに感じるかという意味ではとても影響力が大きいのだ。
    村川自身はさほど魅力のある存在ではない。でも、彼に関わることになってしまった人たちの物語はとても陰影に富んだものである。登場人物の誰にも好感を持てなかったし、彼らのあり方も好きではないんだけど、比喩が大変見事で、そこに人間や人生の真理を見たような気がした。
    ちょろちょろと切れ目なく浮気する男というのは、表面的なわかりやすいよさがある。なんであんな男が、と思われるものだが、渡り歩くためには真の魅力などは邪魔なのである。
    浅い水たまりでも溺れることはあるのだ。

  • 初、三浦しをん。

    最初はどんどんひきこまれたんだけど
    結局真相分からず・・・
    いや、それでいいんだな。
    そういうものなんだ。
    誰かから見た誰かなんて
    その誰かが作った「誰か像」でしかないんだし。


    「愛ではなく、理解してくれ」

  • 同じ話を様々な角度から見ているだけなのに、
    なぜだか何冊分も読みきった気分。

    1対1は難しい。
    本当にその通りだと思う。

    愛と理解はそう言えば違うものなのか。
    そうしたら、愛されるよりも理解されることを
    選ぶだろう、私は。
    10人から愛されるより(まずないけれど、そんな状況)
    たった1人でいいから自分を理解してほしい。
    その方が、生きていける気がしませんか。

  • 大学教授・村川融をめぐり、彼に関わる周辺の人々を描いた連作長編。
    「ロマンス小説の七日間」を読んだ後だったので、ギャップに戸惑った。
    いろんな顔を持ってはりますね。スゴイ。

  • 「きみと話がしたい。きみの話を聞かせてほしい」

    決して読んでいておもしろい話ではない一人の男を巡る愛憎の物語というところ。だけど、無性に引き込まれてしまう。読まなければいられない焦燥感がある。こういった面はさすが三浦しをんを称賛したい。

    読後はどこかすっきりとしなかった。ただ、村上という男。そしてその男を“何度も何度も思い出す”人々のことを考えずにはいられなかった。

  •  ひとりの男性を中心に描かれる、愛の物語。


     愛、とひとくちに言ってもさまざまなものがある。夫婦愛、家族愛、師弟愛、一方的な愛、報われた愛、報われない愛。
     これは村川融というひとりの男性についての愛の物語である。"彼"について、時系列を追い、さまざまな"私"が語るのだ。しかし、村川自身は何も語らない。村川がセリフを発するシーンは本当にごくわずか。
     物語は、村川に(おそらく)女性から告発文が届くことから始まる。それは村川の不貞を糾弾するものだった。彼の元で働く三崎は、村川に頼まれ差出人を探ることになる。
     たとえばこれを、ただ差出人を探す旅としての小説にすることも考えられたんじゃないかと思う。しかし、本書はそこには言及しない。ただひたすら章が変わるごとに語り手が代わり、それぞれが口々に村川のことを語るだけなのだ。

     本当に、三浦さんは独特の手法で描くひとだと思う。周りを深く深く掘り下げる。そうすることで語りたいことが浮き彫りになっていく。
     本作では村川は一度も語り手にならない。しかし間違いなくこの本の主人公は村川融だ。

  • 浮気病の男と取り憑かれた愛人、
    失われた妻に、耐えた娘、無知な息子に、
    激しい恋を奪われた婚約者。
    愛人の病んだ娘とそれを調査する者。

    なかなかいろんな関係があっておもしろかった。

    ほたるの婚約者の先生が、
    昔の激愛を思い出してもの凄くのたうちまわって、
    マスターベーションする下りが凄く好き。

    激愛の渦の人々をえがいてるのに、
    なぜか凄く淡々としたイメージがあって、
    くどくない。
    悪い言えば、ちょっと淡泊。

    もう一度読んでもクドくなさそう。





    再読に再読を重ねる。
    一度読んだだけでレヴューを書いた自分の浅はかさを嘲笑。

    立て続けに読みまくれ。

    愛という冷酷で残酷で暖かい物体をむさぼれ。

  • 比喩がすばらしく美しい。読んでいて恍惚のため息が出るほどであった。
    個人的想像だが、しをんさんではないひとがこういった物語を書いたら読後の気分は地を這うのだろうとおもうが、彼女が書く文章の繊細さと美しさに不思議なほど清々しい気分で読み終えることができた。
    ひととひとのつながりは不確かで曖昧、しかしそれゆえに雰囲気や思い込みでどうとでも変化すると思え、ぞっとしながらもとてもおもしろいと感じた。
    http://beautifulone.jugem.jp/?eid=268/

  • 女性関係に問題のある大学教授、村川に間接的にあるいは直接に関わってしまった人たち、翻弄される「私」たちのそれぞれの物語。
    「結晶」、「残骸」、「予言」、「水葬」、「冷血」、「家路」と題うたれた六つの話。
    女性って恐ろしい生き物だ。しかしどの話も男の一人称で語られる。それがどれも驚くほど自然で、リアル。堪えたし、楽しかった。
    あとは結婚できないと思った。できてもしたくないと思った。

    それぞれの人がそれぞれの物語を記している。けれども村川を含めどの物語もどこかで繋がっていて、話は進んでいく。
    残骸が一番すきな話だったかな。救われないのに救われるような、その逆のような。

    これはすごいよ。本当に。

  • 人間の孤独を救うのは、愛する事よりも理解される事の方が真実なのかもしれないと感じてしまった。様々な立場の孤独や喪失感。通り越して救われる者もあれば、取り憑かれたままの者もいる。
    この人の小説は、言葉選びがとても綺麗だ。好きな小説だった。

  • 『秘密の花園』読了後に、矢も盾もたまらず本書を読む。大学教授の妻と、その教授の弟子との、濃くも非日常な会話から始まる各編は、どうしようもなく堕落しながら物語と時を紡いでいく。最後に教授が骨となっても、彼らが生きる世界には暗澹たる時間が過ぎていくようだ。『秘密の花園』と比べると、本書は、著者は「男なのでは疑惑」を想起させるような文体だった。

全339件中 1 - 25件を表示

私が語りはじめた彼は (新潮文庫)に関連するまとめ

私が語りはじめた彼は (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

私が語りはじめた彼は (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする