私が語りはじめた彼は (新潮文庫)

  • 2677人登録
  • 3.33評価
    • (119)
    • (299)
    • (507)
    • (123)
    • (27)
  • 336レビュー
著者 : 三浦しをん
  • 新潮社 (2007年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101167558

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有川 浩
三浦 しをん
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

私が語りはじめた彼は (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 好きな作家さんなのでそこそこ読んでいるつもりでしたが、初期の作品である本作は未読でした。読んでびっくり、著者のこんなに暗い作品は初めて。私にとっては「若干乾いた桜木紫乃」といったイメージです。

    お世辞にも色男とはいえない、見た目はまるで肝臓を悪くした狸なのに、なぜか女を惹きつける力が半端ではないらしい大学教授・村川透。彼を告発する手紙が大学とマスコミに送りつけられたことで、人生が一転した人々を主人公にした連作。連作というのは巷にもあふれていて珍しくはありませんが、主人公の選び方が面白い。6編の最初の語り手は村川の助手で、村川が辞職に追い込まれれば自分の将来にも暗雲がもたらされると危惧しています。そんな彼が告発状の主を突き止めようと、村川の妻を訪ねるところから本作はスタート。2編以降の語り手は、自分の妻が村川と不倫関係にあると知ってしまった男、村川に捨てられた本妻の息子、村川の再婚相手の娘の動向を調査することになった若者、村川の実の娘の婚約者、そして最後にもう一度、最初の助手が語り手となります。光が感じられる話は少なく、こんな三浦しをんもいるんだと新鮮でした。

    村川のよさについては理解できないのが残念。彼には信じられない数の女がいて、そのうち再婚相手に選ぶのは「こんな女性にならばトチ狂っても仕方ない」と思えるような相手ではありません。ただただ情念に駆られた女性で怖いだけ。いろいろと理解できないことだらけなのが余計にありそうだからより重く心に刺さります。この三浦しをんも好みです。

  • 『舟を編む』が面白かったので、三浦しをんさんの本をもっと読んでみたくなり。
    んーーー期待したような胸キュン本ではなかったので残念でしたが(内容はよく調べてから本を買わないとだな…)、
    随所に散りばめられている、即妙で美しい表現はさすがでした。
    以下、印象的だったところ。

    ・「妻の不貞を責めるとき、その刃はすべて私自身に返るだろう。」(p.81)
    ・「私はベッドに座って、手の爪を切っていた。あぐらをかいた足元にティッシュペーパーを広げ、パチンパチンと乾いた三日月を作りだす。」(p.102)
    ・「椿の言葉は予言のようだった。世界が滅ぶとか、みんな死ぬとか、そんな不吉なもんじゃない。雨が降る前には雨のにおいがするように、朝の光より早く鳥が囀るように、だれのことも脅かさない予言。」(p.145)
    ・「私は結婚してみてようやく実感した。世の夫婦の多くが、どうして子どもを作り、家を手に入れたがるのかを。」(p.245)

    途中サスペンスのようで、自分が普段あまりサスペンスやミステリーを読まないので、背筋が薄ら寒くなり、気味が悪くなったところもありましたが、
    終盤は、荒れ模様の暗い不吉な海に、朝が来て徐々に波が凪いで行くような静かな収束で、良かったです。

  • 再読。好きかと問われると即答するのがためらわれるが、すごいかと問われるとすごいと即答できる。「彼」をめぐる人々の設定や描写や抱える闇が多種多様で重なりあうところがないのに、「彼」を中心につながっていてバラバラではない。救いのない話のようでいて、不思議と読後感が悪くない。一口では語れない複雑な物語。

  • たくさんの男女が出て来るけれど幸せな人がいない…

  • 学者としては一流だけれども、男・特に夫としては最低の部類に属する「村川融」について、彼を取り巻く「彼女」たちや村川の身近な人々が語っていくという連作短編集。

    連作短編というわりには、それぞれの繋がりが薄い。核心的な部分にも触れられることなく進み、そして終わる。ただ言葉のチョイスは絶妙で、表現として美しいなと思うものやハッとさせられる一文は多い。

    ストーリー構成としては、ただ「この人から見た村川とは、こういう人物なのか」とぼんやり思いながら読み進めるだけ。特に感じ入る話があるわけではなかったのが残念。私がちょっと、「連作」というあたりに期待を重く置きすぎたのかもしれない。淡々と、いろんな登場人物がそれぞれの目から見た「彼(村川)」についての話を聞くだけの本、と思って読めば、まだよかったかも。

  • 連作短編集。
    いくつかの短編に共通するテーマは「思い出を胸の奥にしまって生きていく」ということなのかなと感じた。言葉にするとなんだかありきたりだけど。大切なものを喪っても、喪ったというその事実までもを自分の一部として飲みこんで生きていく。

    そのテーマ(?)が如実に描かれている「結晶」「予言」の2編が大変良かった。
    特に「予言」は、この短編だけなら評価5!と思えるほど心に響いた。主人公が傷ついた時の、誰にもわからない悔しい気持ち、むなしさ、疎外感、無力感みたいなものがリアルに伝わって、主人公と一緒に泣いてしまった。
    全編通してドロドロした人間関係が目立つなか、この一編のさわやかな友情が救いだと思った。

  • とても魅力的な連作。
    ちょっと驚くほどの完成度。
    適度な影と愛情が居心地良く、ついつい長居したくなる物語でした。

  • 3
    大学教授の村川融をめぐる家族、不倫先の家族、研究室の助手などの話。いろんな人から見た彼を描きつつ、人間関係の難しさが見えてくる。村川先生の視点がないのが若干分かりづらい。ここまでの影響力があって変わった人はなかなかいなそう。

  • ゴメンなさい三浦しをんさん、いままでに読んだすべての作品は?大好きでしたが、このお話は全然解りませんでした。もう何がなんだかちんぷんかんぷんで、一つひとつの単元は理解できますがワタシの中でぜんぜん繋がらず、なんだか繋がりのある単元たちなのだと気付いたのはようやく最後の単元を読んでいるときです。記憶力と言おうか理解力と言おうかそういうものが少しずつ失われているような気がします。
    「風が吹いている」は、作品も映画もだ~い好きです。

  • 愛を信じられない/疑い続けてしまう人たちばかりが出てくる話。息苦しくて、重苦しくて、でもぐいぐいと読んでしまった。
    でも、愛を信じるって物凄く愚直なことなのかもしれない。ロマンチックで、夢見がちで。それか、ただの思考停止?疑い続けて、じりじりと生きているほうが人間らしいのかも。

    そして、人間なんて結局そこにある事象に過ぎないんだな、見ている人によってその人は変わるから、結局そこに本当のその人はいない。逆に、その人と関わる人数分、その人はいる。面白い。
    面白いけど、好きな人のことは理解したいとおもってしまうから、さみしい。

    三浦しをんさんの作品を読んだのは初めてだったけれど、シャープで魅力的な文章を書く人だなとおもった。他の作品も読んでみたい。

  • 読み始め…12.4.11
    読み終わり…12.4.15

    三浦しをんさん2冊目です。
    箱根を舞台にした大学駅伝の物語「風が強く吹いている」以来また何か読んでみようと気にかけてはいながら早6年。

    なんかね。全然違う...。

    ここでの私が語りはじめた「彼」とは中年の、浮気を重ねていく大学教授。対して以前に読んだ「風が強く吹いている」では駅伝に汗する大学生たちが主人公の青春ものだったから ? ...なのでしょうか。だからあたりまえの事なのかもしれませんがいえ..、、やっぱり違う。三浦しをんさんはこんな文章を書く方だったのですね !

    すっかりのめりこんでしまったのはもちろんですが、文章の書き方にすっかり酔わされてしまいました。

  • 読んでびっくり、全然面白くなかった。面白さが分からなかったと言うべきか。「彼」について、立場の違う複数の人間が深く語っていく内容かと思っていたが、たいした事件もなく淡々と語られていくだけ。最後まで「彼」という人間の魅力も何も分からないままで終わった。それで、何が言いたい?というのが率直な感想。ただ、この文体は今まで読んだしをん作品と趣が変わっていて良かったと思う。

  • 思い悩む生き物だということかな


    いつだって、まわりからみたのじゃ、なにもわからないのに
    すこしずつからまって、こじれるのかな

  • 大学教授・村川融について、妻、娘、息子、弟子etcがそれぞれ語る連作。
    興味深いのは、何人もの人が語る村川融という人間の人物像が、最後まで読んでもぼんやりとしていてよく分からないということ。
    大学教授で、けして容姿端麗ではないけれどなぜか妙に女にもてて、研究熱心で、薄情なところがある男。という特徴は浮かび上がってくるものの、本人はほぼ登場しないから、実のところどんな人なのか分からない。
    ただ、登場人物全員がそれぞれの形で村川融に翻弄され、それぞれの形で強く惹かれていたということだけは分かった。

    読んでいて、実際の人間というのもそういうものなのかもしれない、と思ったりした。
    一人の人間について、Aから見たら優しくて善い人でも、Bから見ると冷酷な人物に映る可能性があって、そこに実体なんていうものは存在しないのかもしれない。
    それぞれの主観を通した評価が、一人の人間の人物像を浮かび上がらせていく。だけどそれは明確な答えではないから、どこかぼんやりとしている。

    最も印象的だったのは、村川融の息子の中学時代からその後について描かれた「予言」でした。
    胸が苦しくなり、先が気になってどんどん読み進め、胸が熱くなり、そして温かいところに着地する。
    すっきり爽やかとは言えない後味の短編が続く中、唯一笑顔になれるような。
    でも後味が悪いお話も変な余韻があってそれはそれで良かった。

    人間の内面にある打算とか醜さが、何かのきっかけで露呈する瞬間。そして一波過ぎた後、かき乱されたそこは一体どうなるのか。
    逃げる人、修復しようと努力する人、見て見ぬふりをする人、そもそも気づかない人、きっと様々だ。
    こんなに恐ろしくてある意味壮絶な小説を20代の時に書いていたなんて、一体どんな人生を歩んできたらそうなれるのだろう、としばし考えてしまうような小説でした。

  • 私は好きな雰囲気の話だったけど、読み始めてすぐ、え、誰の本だった?って思うくらい三浦さんぽくない感じでびっくり。濃厚だった。

  • 三浦しをん氏の作品は、「神去なあなあ日常」「舟を編む」「木暮荘物語」位しか、読んでいなかったので、こうゆう作品描かれるのだと、思った。
    篠田節子氏風の三角関係の憎悪だけでなく、内に秘めた嫉妬が、描かれているようにも感じられた。

    最初の寵姫の密通の仕置きに、おどろおどろしい物を感じながら、読み進んだ。

    しかし、内容としては、大学教授の村川融をめぐる不倫での、周りの家族が、振り回される短編連作小説であった。

    複数の女性と不倫を犯した、村川融は、この小説の中では、余り、感情の流れが、出てこない。
    周りの者たち、教え子、妻、再婚相手、娘、息子と、、、、が、抱く問題を心理的に追い込んでみて、各自が、解決していくなり、解決しないまま妥協してみたり、解決したと受け止めながら、進んで行く。

    ただの不倫関係、離婚関係、家族関係だけでなく、「風に乗った途端に花びらは重さを忘れ、痙攣にも似た震える奇跡を描きながら地面を目指す」、、、等の描写の仕方には、素晴らしさを感じる。

    人間関係もそんな感じで、剥離されるのだろう。

    著者会心の作と、書かれてあったが、もう少し、連作として、読みやすい方が、良いように思える。

  • 読み終わった後にどっと疲れを感じそうなじっとりとした内容だけど、言葉遣いが巧みで文章自体は軽やかだからそうはならなかった。面白かった。

  • 小説新潮2002年10月号、2003年4月号、6月号、10月号、12月号の5編に書下ろし1編を加えて2004年5月に刊行。2007年7月文庫化。暗くて気の滅入るお話で、共感もできず、興味も持てませんでした。

  • しかし凄いな三浦さん。
    好きか嫌いかと聞かれれば、私の嫌いなタイプの作品です。
    男女の愛を中心にしたドロドロとした物語。
    それでも最後まできっちり読ませてくれる。
    この物語はどこか不思議な、ちょっと薄暗く、粘度の高さを感じさせる独自の世界。そうした世界をきっちり生み出す力には感心させられます。
    軽いものから、こういう本格的なものまで、いろいろ書ける上手い作家さんだと思います。

  • 面白かった。いない人を中心にその周りの人について書かれた物語。愛を欲しがる虚しさは尽きず、それでも無駄と知りつつ求めてしまう。手に入らないものが欲しくて屈折してる人たち。家路のカタルシス。

  • 2005年本屋大賞9位

    大学教授・村川融を助手、妻、息子、娘、浮気相手側のストーリーから表現されるお話。

    人の「負」の感情(「愛」という名の「独占欲」かな?)の陰鬱な話だが、表現がとても豊かなのでサラッとした感じで読みやすくなっている。
    が、
    登場人物は皆陰湿タイプw
    若い人から中年を見たときの偏見が前面に出ている感じがして中年の何たるかをちっともわかってない気がするなぁ(それが狙いかも知れんが)。
    なので、若い人には受けが良いと思うけど…う~ん。

全336件中 1 - 25件を表示

私が語りはじめた彼は (新潮文庫)に関連するまとめ

私が語りはじめた彼は (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

私が語りはじめた彼は (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする